プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

リンクトイン・ジャパン株式会社
会社概要

LinkedIn、キャリアに関する意識調査を実施 2024年、日本では、5割の人が転職を検討 採用トレンドは、AIの普及によりソフトスキルがより重要に

リンクトイン・ジャパン株式会社

ビジネスに特化した世界最大のプロフェッショナルネットワークであるLinkedIn(リンクトイン、日本法人所在地:東京都千代田区、日本代表:田中 若菜)は、キャリアに関する意識調査を実施しました。調査の結果、日本では調査対象になった就労者の5割が、2024年に転職を考えていることが分かりました。また、AIが普及する時代に採用担当者が、重要と考えるものは、ソフトスキルと成長意欲を示す人材であることが分かりました。

<就労者調査>

■2024年転職動向:2人に1人が検討

2024年転職動向に関して調査したところ、日本では調査対象になった就労者の5割(※1)が考えていると回答しました。

転職を検討している理由は、「もっとお金を稼ぎたい」(38%)、「ワークライフバランスを改善したい」(23%)、「成長の機会がないように感じる」(19%)、「上司や会社に対して個人的な愛着が感じられない」(18%)、「会社の文化/価値観が好きではない」(13%)が上位となりました。

■リスキリングの重要性を感じる一方で、実際行動に移せていない人が半数も

「転職の際、リスキリングは必要ですか?」という質問に対して、「必要」と回答した人は54%(※2)で、「必要でない」と回答した16%(※3)を上回りました。

キャリアアップのためにリスキリングに一日で費やしている時間については、「0時間」(55%)、「1時間未満」(4%)、「1~2時間未満」(32%)、「2~3時間未満」(9%)、「3時間以上」(1%)と回答しました。約半数の人が、キャリアアップのためにリスキリングが必要だと思っている一方で、実際に行動に移せていないことが分かりました。

<企業調査>

■業界別の採用や労働力拡大の計画

採用担当者が、2024年の採用や労働力拡大に関して調査したところ、6割(※4)が計画していることが明らかになり、市場が活発化するであろうことが示されました。また、日本を含むアジア地域における業界別の動向は、特にIT・通信セクターが最も高い需要であることが明らかになりました。

● 金融(89%)

● HR(90%)

● 建築、エンジニアリング、建設(90%)

● ヘルスケア(88%)

● セールスメディア&マーケティング(86%)

● 製造業・公益事業(88%)

● 教育(82%)

● 小売、飲食、レジャー(82%)

● その他(66%)

■2024年採用トレンド:ソフトスキルと成長意欲

AIが普及する時代に採用担当者が、最も重要と考えるスキルは、コミュニケーションスキル(34%)、問題解決能力(32%)、批判的思考(28%)、計画立案と提案書作成(16%)、リーダーシップとタレントマネジメント(13%)と分かりました。また、採用マネージャーが内部および外部の候補者を探す際に最も重要な要素は、成長の可能性と学習能力(38%)、以前の職務経験(24%)、ソフトスキル(12%)、ハードスキル(9%)、教育的資格(4%)、その他(12%)と分かり、採用担当者はソフトスキルを重視すると共に、学習意欲が強い候補者を優先することが明らかになりました。

■ビジネススキルを習得できるLinkedInラーニングの無料公開10コース

LinkedInではeラーニングのプラットフォーム「LinkedInラーニング」を通じて、オリジナル学習コースを会員向けに提供しており、多くの日本の企業でも従業員のアップスキリング、リスキリングのために導入されています。今回の調査に合わせ、日本のプロフェッショナルの皆さまのスキルアップに役立ててもらうべく、ビジネスに役立つハードスキル、ソフトスキルのコースそれぞれ10コースを、3月末まで無料で公開しています。

<ハードスキル>

1. 英語で学ぶビジネス英語:英文メールを作成する

2. ビジネス英語の基礎:メールを作成する

3. 幸せなキャリアを築く

4. 予期せぬ変化を受け入れるには

5. データサイエンス入門:データをもとに語る

<ソフトスキル>

1. 信頼される相談相手になる

2. ビジネス英語の基礎:会議を行う

3. 人々が聞きたくなるような話し方

4. デジタルトランスフォーメーションにおけるリーダーの役割

5. 自信を持って効果的に話す

LinkedInは、以下の機能で、プロフェッショナルが付きたい仕事に就けるように支援します。

■Job Collection

求人検索を拡大して、さまざまな興味のあるスキルや経験に一致する求人を見つけるのに役立つ求人コレクション機能。さまざまな業界、専門分野、企業の中で、パーソナライズされた、ユーザーに該当する求人コレクションを提示します。たとえばプロスポーツの仕事、リモートの仕事、スタートアップでの仕事など、所在地から雇用形態に至るまで、ユーザーが共有する好みに合わせマッチすることが可能です。

https://www.linkedin.com/help/linkedin/answer/a1652837

■New Preferences Features

新しいコンテンツを見つけてフィードの設定をカスタマイズすることで LinkedIn フィードを改善します。デスクトップエクスペリエンスと LinkedIn から関心のあるトピックのフォロー、フォロー解除、ミュートを行うことができます。

https://www.linkedin.com/help/linkedin/answer/a528074

■Top Choice機能

LinkedIn Premiumのプレミアムメンバーは求人投稿を最優先志望としてマークし、リクルーターが投稿した職種に対し強い関心を示すことができます。

Top Choiceを使用すると、リクルーターからメッセージの返信を受け取る可能性が43%高くなります。

登録者はまた、自分のネットワーク内外で積極的に採用している人々を見るために「People」検索を絞り込み、自身が応募者として対象となる仕事をフィルタリングすることによって、検索の質を高め、時間を節約することができます。

https://www.linkedin.com/help/linkedin/answer/a1527148?lang=ja-JP

<調査概要>

●就労者調査:

本調査は、全世界で行われ、日本では、2023年11月24日から2023年12月13日にかけて16歳以上の就労者1,001人を対象にオンラインアンケート調査(第三者調査機関Censuswideに委託。Censuswideは、ESOMAR の原則を遵守しており Market Research Societyの会員を雇用しています)を実施。

●企業調査:

2023年12月15日から2024年1月4日にかけて調査実施国(アメリカ、イギリス、アイルランド、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、オランダ、スウェーデン、ブラジル、インド、オーストラリア、シンガポール、インドネシア、日本) 18歳以上の採用担当者4,500人を対象にオンラインアンケート調査(第三者調査機関Censuswideに委託。Censuswide は、ESOMAR の原則を遵守しており Market Research Societyの会員を雇用しています)を実施。

※小数点第一位を四捨五入しているため、合計が 100%にならない場合があります。

※本調査結果や分析をご掲載の際は『LinkedIn調べ』と明記ください。

※1:「積極的に新しい仕事を探している」、「2024 年に新しい仕事を探すつもり」、「まだわからない/2024 年に

新しい仕事を探すことを考えるかもしれない」の合計

※2:「絶対に必要」、「やや必要」の合計 

※3:「それほど必要ではない」、「まったく必要ではない」の合計

※4:「2024年には大幅に採用/労働力を増やす予定」、「2024年にはわずかに採用/労働力を増やす予定」の合計

● LinkedInについて

LinkedInは、世界200以上の国と地域に10億人以上のメンバーを有する世界最大のプロフェッショナルネットワークです。世界中のプロフェッショナルをつなげることで個人と組織の生産性を高め、さらなる成功に結びつけると同時に、企業における採用、マーケティング、営業などの分野に変革をもたらします。LinkedInは、世界中で働くすべての人々に経済的なチャンスを作り出すことを目指しています。

https://www.linkedin.com/

● LinkedInラーニングについて

LinkedInラーニングは、各分野のエキスパートを講師に迎えたLinkedInオリジナルの学習プログラムを提供する世界最大級のオンライン学習サービスです。13か国語で2万を超えるコースがあり、このうち日本人講師による1,200コース以上のコースに加え、すべての英語コースに機械翻訳による字幕が導入されていることから、1万を超えるコースを日本語で視聴することができます。受講者が身につけたいスキルを登録することでAIが受講者一人ひとりに最適なコンテンツを推奨する機能など、最新のテクノロジーによって受講者一人ひとりの学習をサポートします。

https://learning.linkedin.com/ja-jp

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
調査レポート
関連リンク
https://www.linkedin.com/
ダウンロード
プレスリリース添付資料.pdf
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

リンクトイン・ジャパン株式会社

11フォロワー

RSS
URL
https://www.linkedin.com
業種
サービス業
本社所在地
東京都千代田区丸の内 丸の内ビルディング34階
電話番号
-
代表者名
田中 若菜
上場
未上場
資本金
-
設立
2011年10月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード