マイクロMaaS第一弾、長崎市にて実証実験を開始

観光情報Webサイト「STLOCAL(ストローカル)」を公開 「ながさきICTフェア2021」にてスマートフォンアプリのプロトタイプを初公開!

 株式会社ゼンリン(本社:福岡県北九州市、代表取締役社長:髙山善司、以下ゼンリン)は、2021年12月22日(水)より、当社のマイクロMaaSの取り組みの第一弾として、長崎市の観光型MaaSの実証実験を開始しました。実証実験では、旅マエの観光客に対して、長崎市の観光の魅力である街歩きを楽しむための情報を、観光情報Webサイト「STLOCAL(ストローカル)※」、及びInstagramで発信します。さらに、旅ナカで長崎市を楽しむためのスマートフォンアプリを2022年春(予定)に公開し、公共交通・観光施設・体験アクティビティ等のデジタルチケットの販売を開始します。これらの実証を通じ、「人の行動」を喚起することによる地域活性化につなげ、Webサイトとアプリとの連携で、長崎市の観光の体験価値の向上に寄与することを目指します。
 なお、2021年12月25日(土)、26日(日)の期間、長崎市にて開催される「ながさきICTフェア2021」にて、Webサイト及び、スマートフォンアプリのプロトタイプを初公開します。

※「STLOCAL(ストローカル)」という名称について:「地域(Local)を、道(Street)や駅(Station)から散歩(Stroll)し、滞在(Stay)することであなただけの物語(Story)につなげたい」という想いを込めています。

■実証実験の概要

■観光情報Webサイト「STLOCAL」の概要
 「STLOCAL」のコンセプトは、“旅するあなたに、その街でのとっておきの過ごし方をご提案する”サービスです。Webサイトでは、王道観光ルートから、再訪したくなる路地裏のスポット情報まで、おすすめの観光情報を記事形式で紹介し、地域の魅力を発見しながら、旅マエの情報収集に役立てることができます。

【関連リンク】観光情報Webサイト「STLOCAL」:https://stlocal.net/

■Instagramの概要
 Instagramでは、旅に行きたくなる、ぶらぶらと街歩きをしたくなるような写真や新情報などをお届けします。

【関連リンク】Instagram:https://www.instagram.com/stlocal_official/

■今後の展開
 2022年春(予定)には、Webサイトの情報と連携し、観光や移動をスムーズにし、長崎市を“過ごす”ように楽しむためのスマートフォンアプリの提供を開始します。
 地域が持つ地形・歴史・文化をストーリーとしてつないだ周遊ルートを整備し、街歩きのために公共交通を便利に利用できるツールを提供します。その地域の魅力を再発見し、移動の楽しさ、便利さを定着させることで、滞在型観光、及びリピーターの増加を目指します。
 また、長崎市における本実証実験を皮切りに、地域創生の一翼を担うMaaSビジネスとして、全国への展開を目指します。

【参考資料】
■イベント概要


■関連リンク
・ゼンリンのMaaSの取り組みについて
https://www.zenrin.co.jp/product/category/iot/maas/index.html

・ニュースリリース:長崎市にて観光型MaaSの実証実験を開始!(2021年3月23日)
https://www.zenrin.co.jp/information/product/210323.html

・YouTuber品川正之介氏のYouTubeチャンネル「長崎暮らし」
https://www.youtube.com/channel/UC-XscCbopcZwFclCcU_isKg

・ながさきプレスの公式HP
https://www.nagasaki-press.com/

・映画「長崎の郵便配達」の公式HP
https://nagasaki.essay.tokyo/
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ゼンリン >
  3. マイクロMaaS第一弾、長崎市にて実証実験を開始