神戸市、コロナ禍長期化に伴う「家賃サポート緊急一時金」の再拡充

 神戸市は、令和3年4月28日より申請受付を開始している「家賃サポート緊急一時金」について、度重なる緊急事態宣言の発令・まん延防止等重点措置の適用などにより、市内中小事業者への影響が長期化していることを踏まえ、補助対象者の拡大および交付額の増額を行います。

 

  • (1)対象者
以下のいずれかの要件を満たす中小企業及び個人事業主
飲食店の休業・時短営業又は外出自粛等の影響を受けており、1~月の売上げについて
・1か月で前年(前々年)同月比50%以上減少している(一時支援金・月次支援金の受給者)
・連続する3か月の合計で前年(前々年)の同期比30%以上減少している
「都道府県等が実施する協力金」を受給し、1~月の売上げと協力金の合計について
・1か月で前年(前々年)同月比50%以上減少している
・連続する3か月の合計で前年(前々年)の同期比30%以上減少している
  • (2)対象物件
市内で事業のために、令和3年1月から月に賃借している建物 
(店舗、事務所、工場、作業場、倉庫など)
  • (3)交付額
家賃か月分の1/2(最大150万円上限)※2
※2 支給額の増加に伴い、既に受給済みの方には差額を追加で支給します。
(4)制度拡充分の申請開始日
   令和3年11月頃予定(申請方法等の詳細については、決まり次第ご案内します)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 神戸市 >
  3. 神戸市、コロナ禍長期化に伴う「家賃サポート緊急一時金」の再拡充