VR/AR/MRコンテンツの受託および共同サービス開発事業を開始

VR/AR/MRをはじめとするXRサービス開発を、事業プランニングから開発、導入までワンストップで提供

VR/AR/MRを用いたエンターテインメントの企画・開発・施設運営事業を手掛けるティフォン株式会社(所在地:東京都品川区西品川1丁目1−1、代表取締役:深澤研)は、VR/AR/MRコンテンツの受託/共同サービス開発事業を2020年08月04日(火)より開始いたします。
【製品・サービスの概要】
VR/AR/MRをはじめとするXRサービス開発を、事業プランニングから開発、導入までワンストップで提供いたします。
XR(Extended Reality)とは:VR(Virtual Reality:仮想現実)、AR(Augmented Reality:拡張現実)、MR(Mixed Reality:複合現実)といった現実と仮想空間を融合・拡張させる技術の総称です。エンターテインメント分野はもちろん、医療や教育など幅広いフィールドでの活用が期待されます。

【背景】
ポストコロナ社会へと向かう今、仮想オフィスやアバターを用いた仮想空間でのコミュニケーションの活性化など、XR分野への注目度は日々高まっています。
ティフォン株式会社では、XR分野におけるコンテンツ制作のパイオニアとして培ってきたノウハウを駆使し、細やかなニーズに対応したXRサービス・コンテンツづくりをトータルでサポートいたします。

【VR/AR/MRコンテンツの受託および共同サービス開発事業の特色】
  • 着座型VRアプリケーション

着座型VRアプリケーションでは、椅子に座ったスタイルで没入感の高い仮想空間体験が叶います。
ティフォンでは、これまでの開発ノウハウによりVRコンテンツの課題であった「VR酔い」の低減を実現。快適なVR体験を提供します。また、アプリケーションにプラスオンすることでより体験価値が高められる「振動椅子システム」もご用意しております。
 
  • ウォークスルー型MRアプリケーション

ウォークスルー型MRアプリケーションでは、ヘッドマウントディスプレイを装着し、仮想空間を実際に歩くことができます。ティフォン独自の技術により、体験者を仮想空間にリアルタイム合成することで、体験者のアクションをヴァーチャルに反映させることが可能となりました。この技術により、まるでそこにいるかのような高次元の没入感をお楽しみいただけます。
 
  • ARアプリケーション

さまざまな分野で活用される可能性を秘めたAR開発にも注力しております。
iOS/Android向けネイティブARアプリケーションでは、マーカーのマスキングでAR演出がシームレスに変更できる独自の技術を特許出願中。よりリッチでインタラクティブなAR演出が実現します。
 
  • WEB AR

WEBブラウザを使ったARコンテンツの開発にも対応しております。
例えば玩具や文具、菓子類など、さまざまな商材に対してAR演出を付加することができます。ネイティブアプリに比べて対応端末も広いため、より多くのお客様にARコンテンツを楽しんでいただくことが可能です。


■「ティフォン株式会社」とは
xR(VR/AR/MR)にフォーカスした新しいエンターテインメントの創出を目指し、ロケーションベースのMRコンテンツ制作や、魔法じかけのテーマパーク「ティフォニウム」の施設運営を展開。過去には、顔認識技術を使用したゾンビ変身ARアプリ「ゾンビブース」シリーズの開発も行い、シリーズ累計4,000万DLを突破。ディズニーアクセラレータにアジアから唯一採択された後に米ディズニーより出資を受け、2019年春にはTBSより大型出資を受ける。
※ティフォン株式会社 公式サイト:https://www.tyffon.com/ja/

本社:〒141-0033 東京都品川区西品川1丁目1−1
代表者:代表取締役 深澤研
設立:2011年11月11日
URL:https://www.tyffon.com/
事業内容:VR/AR/MRを用いたエンターテインメントの企画・開発・施設運営事業

【問い合わせ先】
ティフォン株式会社 担当:神谷、梅澤(email: pr@tyffon.com)
  1. プレスリリース >
  2. ティフォン株式会社 >
  3. VR/AR/MRコンテンツの受託および共同サービス開発事業を開始