日本初の子ども向けグラノラ「フロスティ 成長応援グラノラ」発売

89%※1の子どもが「おいしくて好き!」と評価!子ども向けにこだわった素材で、成長期に必要な栄養バランスも満点

シリアル食品の世界シェアトップブランド「ケロッグ」を日本国内で展開する日本ケロッグ合同会社(本社:東京都港区、代表職務執行者社長:井上ゆかり)は、子ども向けのグラノラとして日本初※2、また世界各国のケロッグでも初となる「フロスティ 成長応援グラノラ」を、3月下旬より全国のスーパー、ドラッグストア等において発売いたします。

 

成長期の子どものことを徹底的に考えて作られた日本初の「子ども向け」グラノラ


「フロスティ 成長応援グラノラ」は、日本初の「子ども向け」グラノラです。


オーツ麦、小麦、米、大豆、とうもろこしの5種類の穀物、子どもに人気のいちご、りんご、ももの3種のフルーツを使用しており、成長期の子どもに必要な9種のビタミンや鉄分に加え、特に大事な栄養素であるたんぱく質も摂れ、栄養バランスが満点です<栄養機能食品(ビタミンB1)>

 

子どもがおいしく食べられるようこだわった「フロスティ 成長応援グラノラ」の秘密


これまでのグラノラは大人向けの味・食感となっていたため、子どもにとっては「酸っぱいのはちょっと苦手」「歯にくっつくのはいや」「硬いと食べづらい」といった課題がありました。そこで、子どもの味覚に合わせ、各素材を厳選し、特別な加工を実施することでその課題を解決しています。


例えば、子どもが食べやすいよう、穀物はパフに加工し、すべてサクサクの食感に統一したほか、オーツ麦は特別にやわらかく加工しました。また、フルーツは、子どもが食べやすいサイズにカットし、いちごとりんごはフリーズドライ加工を、ももは特別なドライフルーツ加工を行い、酸味を抑えた自然な甘さと、歯につきにくい食感に仕上げています。朝食として成長期の子どもが食べたくなるような味と、見た目の楽しさにもこだわり、「朝から元気」をサポートします。

また、実際に製品を召し上がった89%※1の子どもが「おいしくて好き」と評価、85%※1 のお母さんが「子どもに与えたい」と評価しており、成長期の子どもにぴったりのグラノラとなりました。

※1 「フロスティ 成長応援グラノラ」消費者調査 自社調べ(2015年10月実施)
※2 ㈱日本能率協会総合研究所調べ(2015年11月実施)

【製品概要】
製品名:フロスティ 成長応援グラノラ
内容量:260g
参考小売価格:448円(税抜)
発売日:2016年3月下旬出荷開始

新CMが2016年4月19日(火)より、オンエア開始

「フロスティ 成長応援グラノラ」の新CMが、2016年4月19日(火)からオンエアされます。オードリーのお二人による子どもへの成長応援のエールが印象的なCMとなっています。オードリーと子どもの元気な表情とアクションにぜひご注目ください。


<TVCM放映予定エリア:関東・東海・関西>


 

世界シェアNo.1のシリアルメーカー “ケロッグ” について
ケロッグ社(Kellogg Company)は、人々にとって大切な食品とブランドを通じて、世界に豊かさと楽しさを提供することを使命としています。
1894年にケロッグ社の創設者であるW.K.ケロッグが米国ミシガン州バトルクリークにおいて、保養所の人々のために食物繊維が豊富な穀物を材料に、食べやすく栄養が豊富な食品としてシリアルの原形となる「グラノーズ」を発明してから1世紀以上を経た現在では、180カ国以上で事業を展開する世界的な食品メーカーとなっています。2015年の売上高は135億ドルで、シリアルのメーカーとしては世界第1位、クッキー、クラッカー、スナックのメーカーとしては世界第2位の規模を誇ります。1906年の会社設立以来、ケロッグのシリアルは世界各国においてご支持をいただき、今年2月19日をもちまして設立110周年を迎えました。

日本ケロッグと製品ラインナップについて
日本ケロッグは、100年以上にわたって「朝食を通じた心とからだの健康」を研究し続けてきた朝食の専門家「ケロッグ」の基本精神を受け継ぎ、1962年に米国ケロッグ社100%出資の日本法人として設立されました。以来半世紀以上にわたって、太陽と大地の恵みを受けて育った、玄米、小麦、大麦、とうもろこしなどの穀物のエネルギーと、バランスのよい栄養がたっぷり詰まったシリアルを日本の朝の食卓にお届けすることを通じて、お客様の気持ち良い一日のスタートを応援しています。「太陽の恵みで、いい一日をスタート。」というキーメッセージのもと、大人向けには「フルーツグラノラ」「オールブラン」「玄米フレーク」、子ども向けには「フロスティ」「ココくん」など、大人から子ども向けまで、あらゆるターゲットのニーズに応えられるバラエティ豊富な製品ラインナップをご提供しています。

ケロッグの朝食提供支援プログラム”Breakfasts for Better Days™“について
ケロッグは、グローバルで展開するCSR活動の一環として、2013年3月より、「Breakfasts for Better Days™」という朝食提供支援プログラムを開始しました。当プログラムを通じて、世界中で食料を必要としている子どもたちやそのご家族にシリアルやスナックをお届けしており、活動初年度の2013年度から2015年末までに各国のケロッグから寄贈した自社製品は、合計で14億食分に達しました。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本ケロッグ合同会社 >
  3. 日本初の子ども向けグラノラ「フロスティ 成長応援グラノラ」発売