大相撲五月場所に「スカイライン懸賞幕」が登場!「スカイライン」歴代13モデルが浮世絵となって葛飾北斎と共演

「スカイライン」生誕60周年を記念して、「冨嶽三十六景」をモチーフとした浮世絵仕様の懸賞幕を掲出

 日本を代表する浮世絵画家、葛飾北斎が描いた「冨嶽三十六景」をモチーフに、歴代全13モデルの「スカイライン」が浮世絵仕様の懸賞幕になって「大相撲五月場所」(5月14日〜5月28日)に掲出されることが決定しました。

これは「スカイライン」が先月に生誕60周年を迎えたことを記念して制作されたものです。

この懸賞幕は、先場所で劇的な逆転優勝を飾った横綱・稀勢の里関や、新入幕ながら先場所を見事勝ち越した
宇良関の取組みなどで掲出される予定です。



■大相撲懸賞幕 掲出概要     

【掲出期間】   大相撲五月場所(5月14日~5月28日)、各日

【掲出取組】  各日の横綱・稀勢の里関、宇良関の取組みなど

【掲出方法】  大相撲懸賞幕として、所定の取組み前に土俵上にて掲出  ※各懸賞幕の掲出順序は未定。




【スカイライン大相撲懸賞幕について】

今回「スカイライン 60周年」を記念して制作された懸賞幕は全14パターンで、そのうち「スカイライン」の歴代モデルが入った13パターンは、日本を代表する浮世絵画家、葛飾北斎が描いた「冨嶽三十六景」がモチーフとなっています。名画家、葛飾北斎が描いた日本最高峰「富士山」の連作と、常に時代の先端を駆け抜けてきた「スカイライン」の生誕60周年を重ねあわせた懸賞幕に仕上がりました。

見どころは、浮世絵として描かれている歴代の「スカイライン」で、その一台一台が存在感を放ちつつ、「冨嶽三十六景」と共演しています。幕の絵柄は、これまでにも数々の作品を世に打ち出している、浮世絵イラストレーター大管雅晴さんにより、丹精込めて制作されました。

日産自動車の歴史を語る上でも欠かせない名車「スカイライン」の60周年を記念した、同社としても初の試みとなる「大相撲懸賞幕」掲出に、是非ご注目ください。


■懸賞幕 全14パターンの絵柄



SKYLINE60周年記念イベントページ:http://www.nissan.co.jp/SKYLINE/60TH/EVENT/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日産自動車株式会社 日本マーケティング本部 >
  3. 大相撲五月場所に「スカイライン懸賞幕」が登場!「スカイライン」歴代13モデルが浮世絵となって葛飾北斎と共演