「DEALWATCH AWARDS 2018 IPO of the Year」を受賞

 

 ラクスル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長CEO:松本恭攝)は、リフィニティブ・ジャパン株式会社が主催する「DEALWATCH AWARDS 2018(ディールウォッチ・アワード2018)」の株式部門における「IPO of the Year」を受賞いたしました。投資家の皆さまから、印刷業界や物流業界での業務効率化を足がかりに、顧客基盤の拡大による将来の成長性も加味したバリュエーションが支持された点などを高く評価いただきました。


■「 DEALWATCH AWARDS 」とは
1955年に設立され、国内資本市場における債券や株式を発行した優秀な発行体、海外でオファリングを行った本邦発行体および案件を運営した引受証券会社を称える賞です。発行市場における適正なプライシング、流通市場に移行した後の価格形成、資本市場の発展への貢献や創意・工夫などを考慮し、選定されています。

■評価コメント抜粋
「シェアリングエコノミー」の筆頭として同案件は投資家からの脚光を浴びた。印刷業界や物流業界での業務効率化を足がかりに、顧客基盤の拡大による将来の成長性も加味したバリュエーションが支持された。海外投資家からの極めて旺盛な需要を喚起して株価も堅調に推移した。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ラクスル株式会社 >
  3. 「DEALWATCH AWARDS 2018 IPO of the Year」を受賞