丸の内からラグビーの新たな魅力を届ける「丸の内15丁目PROJECT.」 ラグビーを愛する全ての人々の幸せを祈願する「丸の内ラグビー神社」が丸ビルに登場!

ラグビー交流拠点「Kominkan(公民館)」開設/有名アスリートやキャラクターによる「ラグビーベンチアート」が全て完成

 三菱地所株式会社は、「ラグビーワールドカップ2019™日本大会」(以下、「大会」)のオフィシャルスポンサーとして、より一層大会を盛り上げていくため、様々な活動を繰り広げています。
 三菱地所では、大会開幕1ヵ月前となる8月20日、丸ビル外構部に「丸の内ラグビー神社」を建立しました。本神社は、ラグビーを愛する全ての人々の幸せを祈願する神社で、京都市鎮座の世界遺産「下鴨神社」の境内にあり、ラグビーとゆかりの深い「雑太社(さわたしゃ)」の神様をお祀りし、ラグビーを通じて生まれる人と人とのつながり、そして新たな出会いを祈願します。

 また、当社が展開する「丸の内15丁目PROJECT.」における仮想の街「丸の内15丁目」の住民をはじめ、ラグビーに関わる様々な人が交流できる場として、「Kominkan(公民館)」を新東京ビル1階にオープンいたしました。「Kominkan」では、ラグビーを通して出会った人々が“つながる場”をコンセプトに、各種イベントやトークセッション等を随時実施するほか、にわかラグビーファン観戦Tシャツ・バッグやアートスクラム関連グッズ等の販売や、ラグビーをテーマにした書籍の貸し出し等を行っています。

 さらに、今年1月より丸の内エリアに設置を進めてきた「ラグビーベンチアート」が全て揃いました。「ラグビーベンチアート」は有名アスリートや人気キャラクターとラグビーボールを掛け合わせたベンチアートです。今年6月に栃ノ心剛史、チコちゃん、羽生結弦選手のベンチアートが加わり、丸の内エリアを盛り上げています。


 

■丸の内ラグビー神社
 2019年8月20日(火)にラグビーを愛する全ての人々の幸せを祈願するべくこの度丸ビル外構部に「丸の内ラグビー神社」を建立しました。当神社は、京都市鎮座の世界遺産「下鴨神社」の境内にあり、ラグビーとゆかりの深い「雑太社(さわたしゃ)」の神様をお祀りし、ラグビーを通じて生まれる人と人とのつながり、そして新たな出会いを祈願し、ラグビーボールの形に因んで「楕円のご縁」を結びます。また、ラグビーボールの型をした絵馬(300円)をMarunouchi Happ. Stand & Gallery(丸ビルから徒歩2分)にて販売いたします。2019年8月20日(火)には下鴨神社より神職の方にお越しいただき、建立式典を開催しました。

*世界遺産「下鴨神社」の境内には、ラグビーとゆかりの深い「雑太社(さわたしゃ)」がお祀りされています。「雑太社」の御祭神「神魂命(かんたまのみこと)」の「魂」が「玉」に通じることから球技上達の御利益があると伝えられています。また、明治43年には、同境内で旧制三高(現・京大)と慶應義塾の学生が関西で初めてラグビーを行ったことから、雑太社(さわたしゃ)の横には「第一蹴の地」の石碑が建てられ、ラグビーの聖地となっています。

設置期間:2019年8月20日(火)~11月(予定) ※終日設置          
場  所:丸ビル 外構部(丸の内仲通り側)
特  徴:ラグビー場をイメージした芝生の上に建立した神社には、ゴールポスト型の鳥居、
     ラグビーボール型の鈴を設置しています。お社の脇には絵馬掛けを設置しており、
     楕円型の絵馬(有料)に願掛けができます。
 

■Komikan(公民館)
 現在約5,000名に及ぶ丸の内15丁目住民等、ラグビーに関わる様々な人が交流できる新たな拠点として、新国際ビル1階にオープンしました。にわかラグビーファン観戦Tシャツ・バッグやアートスクラム(※下記参照)関連グッズ等の販売や、ラグビーをテーマにした書籍の貸し出し等を行っています。
 ラグビーがもたらす「新たな出会い」「新たな価値」の場として、また、にわかラグビーファンの憩いの場として活用してまいります。

場  所:東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル1階(丸の内仲通り側)
営業時間:11時~20時

■イベント情報
タイトル:「チャレンジJ9 & スクラムユニゾン」ラグビーを歌って、語ろう!丸の内15丁目編第2弾
日  時:2019年9月5日(木)19時~
内  容:
難病ALSの患者支援と治療研究への寄付を呼び掛ける「チャレンジJ9」と、世界の様々な国・地域の人たちと日本中のあちこちで肩を組んで国歌斉唱することを目的とした「スクラムユニゾン」がタッグを組んで、ラグビーを語って歌うイベントです。ラグビー日本代表対南アフリカ代表戦前夜に、村上晃一さんの解説を聞き、南アフリカ代表国歌を一緒に歌います。

タイトル:ノーサイド・ダイアログ
内  容:
ノーサイド・ダイアログは、様々なテーマとラグビーを掛け合わせる対話イベント。
対話のテーマは、「家族」×「ラグビー」、「料理」×「ラグビー」、「働く」×「ラグビー」等、多岐に亘ります。イベントでは、各テーマの専門家やラグビー選手等の関係者をお招きし、イベント参加者と共に、それぞれの魅力や課題について語り合います。対話により生まれる新たな発想や気付きを参加者自身のビジネスや生活にどうつなげられるか、また、社会に還元できるかを追及します。
8月30日(金)にキックオフイベントを行い、9月3日(火)には、ラグビートップリーグ選手会代表理事・畠山健介選手に参加いただき、「メンタルヘルス」×「ラグビー」をテーマに開催しました。次回は、9月下旬を目処に、金正奎選手(NTTコミュニケーションズ)に参加いただき、「茶道」×「ラグビー」 をテーマに語り合います。

■RUGBY BENCH ART
 ラグビーを身近に感じてほしいという想いで、活躍中のアスリートや人気キャラクターとラグビーボールを掛け合わせたベンチアートを大手町・丸の内・有楽町エリアの各所に設置しています。

設置期間:~2019年12月末(予定)
設置場所:大手町・丸の内・有楽町エリア外構
設置作品:・中川家(剛・礼二)<漫才コンビ>
     ・くまモン<熊本県PRマスコットキャラクター>
     ・リーチマイケル<ラグビー日本代表キャプテン>
     ・忍者<忍者>
     ・栃ノ心剛史<ジョージア(ラグビーワールドカップ2019日本大会出場国)出身の大相撲力士>
     ・羽生結弦<フィギュアスケート選手>
     ・チコちゃん<『チコちゃんに叱られる!』のメインキャラクター>

■9月以降の取り組み
■「ボーダーうぇい」プロジェクト
 ラグビーのジャージ柄といえば“ボーダー”。そのボーダーに因んだオリジナルウェブ動画を9月5日より配信しています。ラグビーのコアファンはもちろん、にわかファンも楽しめる内容になっています。国内トップリーガー数名も出演しています。https://marunouchi15-border.com/
 また、大会が開幕する9月20日からは、丸の内エリア内の飲食店舗とコラボした「ボーダーグルメ」や、丸の内エリア内の施設等をボーダー柄にするシティドレッシングを展開予定です。


■シティドレッシング
 大会開幕期間中等に丸の内仲通りや行幸通りを中心にラグビー関連の装飾を行い、街を華やかにすると共に、大会を盛り上げます。また、例年11月頃より実施する丸の内仲通りのイルミネーションを今年は9月20日から一部エリアで点灯開始します。


■ラグビー×映画「BY THE RUGBY」
 ラグビーワールドカップの過去の名シーンや世界のトップラガーマンが残した珠玉の言葉、各開催都市の熱狂の様子など、ラグビーワールドカップの魅力を存分に味わることができる映画「BY THE RUGBY」を昨年9月より順次公開してまいりましたが、今年9月以降にも新作を発表予定です。

■オリジナル・アートプログラム「ART SCRUM」
 オリジナル・アートプログラム「ART SCRUM(アート・スクラム)」は、「ラグビーは、アートだ。」をコンセプトに、ラグビー経験があり現在も変わらずラグビーへの熱い想いを持つ、日本を代表する、美術家、音楽家、建築家、デザイナー15名がラグビーボール等をテーマにした作品を制作、展示するものです。今年6月の丸の内での展示を皮切りに、横浜、大阪、大分、箱根へと巡回展示しており、9月20日より再度、丸の内にて展示を行う予定です。URL:https://artscrum.com/



■「丸の内15丁目PROJECT.」について
 「丸の内15丁目PROJECT.」とは、ラグビーの多様な魅力に着目し、アート、ビジネス、映画等の様々な切り口から、今までにない新たなラグビーの魅力を発信するプロジェクトです。本イベントでは大人から子供まで幅広い方にラグビーを 知り、好きになるきっかけとして様々なコンテンツを展開します。「丸の内15丁目PROJECT.」の公式WEBサイトやSNSでは、本プロジェクトに関する情報発信を行うと同時に、プロジェクトにご賛同していただき、架空の街“丸の内15丁目”の住民として本プロジェクトを一緒に盛り上げていただける方を募集しております。

■ステートメント
ラグビーは、迫力だけじゃない。

それも確かな魅力のひとつ。
でもすべてじゃない。

緻密な頭脳戦。人種を超えた多様性。
紳士たるフェアプレー。鍛え抜かれた人間性。

「好き」になれる入り口は、いくつもある。
みんなが想像するよりもずっと、

ここは、そんなラグビーの新たな魅力に出会える場所。
ラグビーを通して、みんながリアルに、バーチャルに、ひとつになれる街。

ラグビーが好きな人も。今はまだそうでない人も。
すべてのあなたといっしょに。この街から

丸の内15丁目PROJECT.

■ロゴマーク

 

15の図形の集合からなる、ラグビーボール。
同時に、1人ひとりの個人がつながる「街」も表現している。
「15」はラグビーの選手数であり、1つのチームの集合体。
絆を強くし、挑み続ける。その精神は街づくりとラグビーに通じている。 

 


■「丸の内15丁目PROJECT.」WEB・公式SNS
 「丸の内15丁目PROJECT.」のWEBにて、「丸の内15丁目」の住民を募集中。さらに、公式Facebook、Twitterでも、プロジェクト内容を随時、公開しています。

・丸の内15丁目 WEBサイト
 https://marunouchi15.com/
・公式Facebook
 ページ名   :丸の内15丁目
 ユーザーネーム:@marunouchi15  
 URL     :https://www.facebook.com/marunouchi15/
・公式Twitter
 アカウント名 :丸の内15丁目
 ユーザーネーム:@marunouchi15
 URL     :https://twitter.com/marunouchi15


<丸の内に関する一般の方のお問合せ先>
丸の内コールセンター TEL:03-5218-5100 (11:00~21:00)
※日曜・祝日は、20:00まで (連休の場合は、最終日のみ20:00まで)



 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 三菱地所株式会社 >
  3. 丸の内からラグビーの新たな魅力を届ける「丸の内15丁目PROJECT.」 ラグビーを愛する全ての人々の幸せを祈願する「丸の内ラグビー神社」が丸ビルに登場!