新製品「山の上ニューイ」長野・山梨のセブン-イレブンで先行発売

日本初!エッセンシャルホッピング製法 甲信発祥ホップ一部使用

株式会社ヤッホーブルーイングは新製品「山の上ニューイ」を12月9日(木)に長野県・山梨県のセブン-イレブン約667店(2021年11月末現在)で先行発売します(※)。流通缶ビールでは日本で初めてエッセンシャルホッピング(水蒸気蒸留)製法を用いた製品です(自社調べ)。原材料の一部に長野県発祥のホップ「信州早生」と山梨県発祥のホップ「かいこがね」を使用しています。よなよなエール公式通販サイト「よなよなの里」では1月下旬から、よなよなエール公式ビアレストラン「YONA YONA BEER WORKS」では12月9日(木)より全店で販売を開始します。
※一部店舗では取り扱いのない場合があります。



クラフトビールを長野県民・山梨県民が誇る文化のひとつに加えたい
「山の上ニューイ」のコンセプトは「甲信モダナイズ」。「ヤッホーブルーイングの地元であり、かつクラフトビール普及の素地がある長野県と山梨県で、クラフトビールを県民が誇る文化のひとつに加えたい」という想いで開発したクラフトビールです。長野県民と山梨県民にとっての心のシンボル「壮大な山々」と、新しい=New から発想し「山の上ニューイ」と命名しました。パッケージには山の上から見守る存在である「ニューイ」を描いています。

ハーブや森林を思わせる爽やかな香り 地元発祥ホップを一部使用
「山の上ニューイ」はレモングラスなどのハーブや森林を思わせる爽やかな香りが特長のクラフトビールです。ホップの一部に長野県発祥のホップ「信州早生」と山梨県発祥のホップ「かいこがね」を使用しています。初回生産分では山梨県でホップを栽培している株式会社北杜ホップスの国産ホップを一部使用しています。今後も希少な国産ホップ栽培を応援すべく、地元生産者と連携してホップの生産量や使用量を増やしていきます。


流通缶ビールで日本初「エッセンシャルホッピング製法」
良質なアロマホップを抽出 ビールロスを減らすサステナブルな製法

エッセンシャルホッピング製法とは、ホップに水蒸気を送り込んで蒸留することで良質なホップアロマを抽出する製法です。流通している缶ビールでこの製法を取り入れたのは国内では初めてです(自社調べ)。抽出した「ホップアロマ芳香水」は「ドライホップ」という工程(発酵中のビールにホップを添加する工程)で添加します。良質なホップアロマを直接ビールに与えることができるため、雑味がなくホップ本来の香りが引き立つクリーンな味わいに仕上がります。通常のドライホップではホップをそのままビール内に投入するため、ホップ除去の際にビールのロスが発生してしまうデメリットがあります。しかし、エッセンシャルホッピング製法によって得られたホップアロマ芳香水はそのままビールに添加でき、ホップ除去の必要がないためビールのロスが少ないサステナブルな製法です。


山の上ニューイのために書き下ろされたウチダゴウ氏による詩を記載
缶の裏面には、長野県在住の詩人ウチダゴウ氏が書き下ろした自筆の詩が印刷されています。新たな文化やライフスタイルを生み出そうとする「ひと」と「かみがみ(自然)」の関係性を描くことで甲信モダナイズを表現しています。書き下ろしの詩のフルバージョンは公式ブランドサイトにてご覧いただけます。

ウチダゴウ プロフィール
1983年生まれ。立教大学法学部卒。詩とデザインのアトリエ「してきなしごと」代表。詩人としての活動と並行して、ブランディングを兼ね備えたディレクション・グラフィックデザインを手がける。全国各地で個展・朗読会を開催、出演。また近年では英国・スコットランドを度々訪ね、現地での執筆・朗読・個展活動を行っている。詩集に『空き地の勝手』『原野の返事』(してきなしごと)、『鬼は逃げる』(三輪舎)などがある。
 

【山の上ニューイ 製品概要】
原材料    :大麦麦芽・小麦麦芽・ホップ
内容量    :350ml
ビアスタイル :甲信ノーブルホップエール(Ko-Shin Noble Hop Ale)
アルコール分 :4.5%
小売価格   :293.70円(消費税込み)
賞味期限   :製造から5ヶ月
ブランドサイト:https://yohobrewing.com/newee/

 


セブン-イレブンで3缶買うと「オリジナル経木」をプレゼント
「経木(きょうぎ)」は木を紙のように薄く削った日本伝統の包装材で、環境にやさしい素材として近年注目されています。今回、経木に新たな価値を見出し日常生活に取り入れてもらいたいという思いから、「山の上ニューイ」と一緒に楽しむおつまみ用に「オリジナル経木」を株式会社やまとわ(長野県伊那市)と共同製作。「山の上ニューイ」を3缶購入で各店舗先着30名様にプレゼントします。経木で家飲みを豊かに演出する、甲信モダナイズな楽しみ方を提案します。





株式会社北杜ホップス
八ヶ岳南麓の山梨県北杜市で日本・アメリカ・ドイツ品種など約20種類のホップを栽培しているホップ農家です。ホップの質にとことんこだわっているため、農園施設内において収穫から加工、出荷までの一連の作業をすべて管理しています。多くの方にホップの魅力を知ってもらいたいことから独占契約などを行わず、自由にホップの販売を行っています。山梨県北杜市で数少ないホップ農家となった現在、ホップ栽培の継承と発展に務めています。

株式会社やまとわ
社名の漢字は「山(やま)・杜(と)・環(わ)」。自然と人の暮らしが循環していくような未来の創造を目指し、長野県伊那市に2016年に設立されました。「森と木の利用を入り口から出口までデザインすることで、暮らしと森を近づける」のビジョンをえがき、森に入って木を切り出す所からものづくり、提案、販売まで全てを行っています。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ヤッホーブルーイング >
  3. 新製品「山の上ニューイ」長野・山梨のセブン-イレブンで先行発売