F1グッズオンラインストアの日本語版が開設

~F1全チームの公式グッズを幅広く取り扱うオンラインストア~

世界最大級のオフィシャルスポーツライセンスマーチャンダイズ企業であるFanatics Inc.(本社:米国)の日本法人、ファナティクス・ジャパン合同会社(以下、ファナティクス)は、F1の公式ストアの日本語サイトを開設いたしました。

【F1公式オンラインストアサイト】  https://f1store4.formula1.com/ja/

公式オンラインストアでは、世界最高峰のモーターレースの一つであるF1 グランプリに参加する全てのチームのグッズをアパレルから雑貨まで幅広く取り揃え、メンズ・レディース・キッズと幅広いF1ファンの皆様に楽しんでいただける商品展開をしています。

日本からは、ホンダ(レッドブル・レーシング)だけでなく、今年から日本人ドライバーとしては7年ぶりの参戦となる角田裕毅のグッズ、角田の所属するアルファタウリの公式グッズも販売しています。 

なお、メルマガ登録で初回注文10%OFFなど、割引キャンペーンなども随時実施しています。ぜひF1公式オンラインストアをお楽しみください。

 
■ファナティクス、および、ファナティクス・ジャパンについて
【Fanatics Inc.】
本社: アメリカ合衆国フロリダ州ジャクソンビル
Executive Chairman: Michael Rubin(マイケル・ルービン)
CEO: Doug Mack(ダグ・マック)
事業内容: オフィシャルスポーツライセンスのアパレル商品・グッズの製造および流通、メジャースポーツリーグ、プロチーム、大学チームなどのオンラインストアおよびリテールショップの運営など
https://fanaticsinc.com/

【ファナティクス・ジャパン合同会社(英文表記:Fanatics Japan G.K.)】
本社:東京都港区虎ノ門3-8-21 虎ノ門33森ビル8F
代表(マネジング・ディレクター):川名 正憲
事業内容:
ファナティクスのアジア全体での事業展開を進める拠点として設立され、現在プロ野球3球団並びにBリーグ2クラブのオフィシャルサプライヤーとして、選手ユニフォームやファン向けのアパレルグッズを傘下の「Majestic」並びに「Fanatics」ブランドで展開。ファングッズの企画、製造、販売までを垂直統合的に行う「V-commerce」というビジネスモデルを強みとしている。日本では2019年からソフトバンクホークス、2020年には日本ハムファイターズ並びに清水エスパルスとの戦略的パートナーシップを発表するなど、国内での事業を拡大中。「ファン至上主義」を掲げ、1人でも多くのファンの皆様にご満足頂けるサービスを実現していきます。
https://fanaticsinc.com/japan/ 
 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Fanatics Japan >
  3. F1グッズオンラインストアの日本語版が開設