Carstayの『バンシェア』開始半年で車両登録100台突破、国内最大級のキャピングカー予約プラットフォームへ

~3密を避けられる“動くホテル”や“動くオフィス”としての利活用で需要増、一車両オーナーの利益月10万円、一車中泊スポットオーナーの売上前年比約6倍に〜

車中泊スペースとキャンピングカーを含む車中泊仕様の車のシェアサービスなど「バンライフ※」のプラットフォーム事業を展開するCarstay株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:宮下晃樹)が提供する「バンシェア」の登録車両台数は、サービス開始から約6か月で100台を突破し、国内最大のキャンピングカーを含む、バンライフ仕様の車に特化したカーシェアサービスになりました。また、車中泊スポットのスペースシェアサービス「カーステイ」の登録拠点数は、全国で約230箇所に拡大しました。

  • 「バンシェア」登録車両は100台超
「バンシェア」は、車中泊仕様の車のオーナー(ホルダー)と個人が車を共用することができるカーシェアサービスで、仲介するプラットフォームをCarstayが運営しています。国内のキャンピングカーレンタル事業者で、100台以上を運用する事業者はごく僅かで、レンタル事業者含めても国内最大級の車両登録数の予約サービスとなりました。「バンシェア」はキャピングカーの所有者が使わないときに、使いたい利用者に共用するため、料金はレンタル事業者から借りるよりも低廉で、車所有者と利用者双方にとって、利点のあるサービスです。人気車種の個人オーナーの利益は月額で約10万円に上るなどの例もあります。
・ホルダー/車両登録URL:https://carstay.jp/ja/holder
 
  • 「カーステイ」登録施設は230拠点超
また、空き駐車場や空き地のオーナー(ホスト)と、車旅人をマッチングするシェアサービス「カーステイ」は約2年間で、全国230ヶ所まで拡大しました。「カーステイ」は従来の車中泊スポットとは異なり、温泉旅館・古民家・商店/スーパー・寺社仏閣など、2~3台の空き駐車場で、静かに車中泊することができ、場所によってはバーベキューなども楽しめることから、従来の車中泊スポットよりも、プライベート感あるスペースで伸び伸びと、くつろぎながら車旅を楽しむことができます。一車中泊スポットのオーナーの利益は月最大で約10万円、売上で前年比5~6倍まで伸びているスポットもあります。
・ホスト/施設登録URL:https://carstay.jp/ja/host
 
  • 「バンシェア」利用実態

「バンシェア」には、キャピングカーの施工業者が製作したキャピングカーや、車中泊仕様のバンだけでなく、内装自作の車中泊仕様のバンや軽ワゴン、箱型で“小屋”のような車中泊スペースを木材で自作し軽トラックの荷台に載せた“軽トラハウス”など、独特な車種も揃えていることから、様々な用途の利用者が増えています。車所有全国各地に点在するバンライフ仕様の車を、最安4,000円(税込)、平均17,500円で利用することが可能です。
・人気キャンピングカー:https://carstay.jp/ja/cars

車両の多くの内装にはデスクや蓄電池を装備、一部“バンライフ”仕様車は、ソーラーを搭載しているため、電気の心配が不要で、書斎のように“動くオフィス”として利活用、会社や自宅のオフィスなど、日々同じ風景ではなく、自然風景など、自身が好む駐車可能な場所に停めて、創造力と発想力などを高めながら仕事に集中することができます。そのため、“ワーケーション”目的で「バンシェア」を利用するユーザーも増えています。

ホルダーは、遊休状態にある車を有効活用し、「バンシェア」の収入を車の維持管理費用に充てることができ、さらに日本初のカーシェア保険の加入により、これまでのカーシェアでは対応していなかった車両の盗難・詐欺・横領損害、対人や対物、車内装備の破損などを包括的に補償、安心・安全面に配慮した点が「バンシェア」の主な登録動機となっています。
 
  • コロナ禍における「バンシェア」

新型コロナウイルス感染の緊急事態宣言解除を受けて、Carstayは「バンシェア」のサービスを6月末から開始。これまで週末期間の利用者が多かった「バンシェア」ですが、昨今の「Go Toトラベル」の一時中止、海外旅行の自粛により、年末年始、「バンシェア」を介して、最長10日間の予約が入るなど、“バンライフ”仕様の車で、国内旅行をこれまでとは異なるタイプの車で3密を避け、旅行を楽しもうとする人々が増加しています。


家族・カップル・一人旅行者などは、密になりがちな公共交通機関や、宿泊施設を避けて、自宅と同様の快適な寝床を備えた、秘密基地のようなプライベート感あるバンライフ仕様の車は、“旅の足”としてだけでなく、“動くホテル”として利活用しています。

また、今年は、新型コロナウイルス感染症の影響で、緊急事態宣言が発令され、旅行業界の事業は自粛状態でした。しかし、Carstayでは、多くの企業や個人と連携、支援を受けて「バンシェア」を活用し、「バンシェルター」を展開、一医療機関に無償で2台、合計53台のキャピングカーを提供しました。休憩や診療スペースとしてキャピングカーを活用する一方、その他あらゆる分野で、キャピングカーが利用可能なことを証明しました。

2021年中には、「バンシェア」の登録台数を300台に、「カーステイ」車中泊スポット数を400箇所まで拡大することを目指します。そして、引き続き、旅・仕事・暮らしなどあらゆる分野で、バンライフ仕様の車が応用可能なことを社会に提案し続けます。
 
  • Carstay株式会社について
Carstay株式会社は「誰もが好きな時に、好きな場所で、好きな人と過ごせる世界をつくる」というミッションを掲げ、移動を基盤にあらゆるサービスを提供する概念「MaaS(Mobility as a Service)」領域で新しい旅と暮らしのライフスタイル「バンライフ」をテーマに事業を展開するスタートアップ企業です。(https://carstay.jp/

※バンライフ:車を通じた旅や暮らしにより、“人生を豊かにする”ことを目的として、荷台スペースが広い車“バン”を家やオフィスのように作り変え、車を働く・遊ぶ・暮らしの拠点とする新たな“ライフ”スタイルです。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Carstay株式会社 >
  3. Carstayの『バンシェア』開始半年で車両登録100台突破、国内最大級のキャピングカー予約プラットフォームへ