地区計画で美しく整備された草加市新栄エリア『マインドスクェア草加・新栄』(全14邸)敷地面積130m2以上、庭とカースペース2台分の開放的な街並み

販売開始のお知らせ

このたび、株式会社中央住宅(本社:埼玉県越谷市南越谷1丁目21番地2、代表取締役社長:品川 典久、以下:中央住宅)は、新築一戸建て分譲住宅『マインドスクェア草加・新栄』(埼玉県草加市、全14邸)の販売を開始いたしましたので、お知らせいたします。

http://www.polus-mind.jp/kodate-ms/shinei49/?waad=5zKF1Igz

開放感あふれる草加市新栄エリア

『マインドスクェア草加・新栄(全14邸)』は、東武スカイツリーライン「新田」駅と、埼玉高速鉄道「戸塚安行」駅の2駅2路線が利用可能。地区計画により最低敷地面積が130m2以上に定められ、敷地の狭小化を防ぎ、住み心地の良い住環境を形成するエリアに誕生します。美しく整えられた環境に加え、緑や水など自然の潤いにも恵まれ、歩道も多く整い、子ども連れでも安心・快適に外出できる環境です。小学校と中学校は徒歩10分以内、毎日のお買い物に便利な商業施設も徒歩圏内に揃います。

当分譲地は各邸、陽光がたっぷりと注ぐ南西面に庭を配置し、車を2台所有する世帯や来客用など、ライフスタイルに合わせて様々な用途で使える2台分のカースペースを標準で設置しています。家そのもののゆとりはもちろん、庭園にも伸びやかさを持たせ、開放感のある街並みを形成しました。

大切な家族が、快適で安心に過ごせる住まいづくりとして、ウィルスや雑菌などの有害物質を光触媒で分解する「エアー・ウォッシュ・フローリング」や、キッチンと洗面台には水栓レバーに触らず手洗いができるタッチレス水栓を標準装備しました。併せて、玄関には抗アレルゲン壁紙と抗ウィルス塗装コーティングの手すりなど、家族の健康に配慮した素材や設備を採用し、ウィルス対策仕様を施しました。先進IoTを取り入れたスマートアイテム等、暮らしをより良くする設備・仕様が備わっています。

自由に使えて楽しめる、家族のための3スタイルプラン

それぞれの家族のライフスタイルに合わせて自由に活用できる3つの空間スタイルをご用意しました。

【土間リビング】

自転車やアウトドア用品を、汚れを気にせず置け、リビングと繋がることで開放感があり、自然と家族の会話が生まれます。

【続き間スタイル】
ハイドアを採用し、扉を開けた時にリビングとの繋がりでより開放感を感じられます。扉を閉めれば個室として、仕事やゲストのおもてなしにも活躍します。

【DEN】
リビング全体を見渡せる、小上がりの空間。子どもの様子を見ながら趣味を楽しんだり、隣に座って子どもの勉強を見守れます。

テレワークにも対応したプラスワン空間

家族や大切な人と心地よい時間を共有できるよう、LDKには開放的な空間づくりをした一方、家族と程よく距離を置きながら、それぞれの時間を過ごせる空間を各邸にご用意しました。リビングの一角に設けたスタディカウンターや、コンセント付きカウンターでPCが気軽に使えるスキップDEN、カウンターとPudi(吊書棚)を設けた2階ホールの書斎コーナーやヌックなど、テレワークやリモート学習など、多様化する現代の暮らしに最適な空間を提案します。

■『マインドスクェア草加・新栄』の詳しい物件概要は公式ホームページにて
http://www.polus-mind.jp/kodate-ms/shinei49/?waad=5zKF1Igz

■資料請求はこちら
https://www.polus-mind.jp/kodate-ms/inquiry/bk/mind.php?fmid=zNz0bgw2vna5636741MRd942T45RHi&waad=N1BZ5uJU

■来場予約はこちら
https://www.polus-mind.jp/kodate-ms/inquiry/various/g_default.php?k=5271&waad=ckPSG3Xa
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社中央住宅 マインドスクェア事業部 >
  3. 地区計画で美しく整備された草加市新栄エリア『マインドスクェア草加・新栄』(全14邸)敷地面積130m2以上、庭とカースペース2台分の開放的な街並み