プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社インターパーク
会社概要

【インサイドセールスに関する調査】インサイドセールスを導入した営業職のうち、83.3%はコロナウイルス収束後もインサイドセールスを継続意向。

75%以上顧客アプローチ履歴を残せている営業職のうち、77.4%が受注につなげられていると回答。情報共有状況が「インサイドセールスから受注につなげられるか」の要に。

株式会社インターパーク

「クラウドサービスサスケ」「SUBLINE」「サスケWorks」の開発・販売を手掛ける株式会社インターパーク(所在地:北海道札幌市、代表取締役:舩越 裕勝)は、インターネット上で全国の営業職500名を対象に「テレワーク実施状況と今後のテレワーク実施意向に関する実態調査」を実施いたしました。
【調査結果Topics
フィールドセールスの年間コストは昨年より減少した。
・インサイドセールス※で「オンライン商談まで実施している」と回答した営業職が51.2%(昨年比▲8,8%)
2020年3月以降にインサイドセールスを導入した企業営業職のうち、83.3%がコロナウイルス収束後もインサイドセールス継続意向。また、その90%以上がフィールドセールスを組み合わせた営業活動を希望。
※インサイドセールス:電話・メール・オンライン商談などを用い、対面せずに顧客へアプローチする営業スタイル。

■フィールドセールスの年間コスト
営業に伴う移動時間(出張含む):フィールドセールスの67.8%が、年間360時間以上と回答。(昨年比▲2.2%)
営業経費(交通費・宿泊費など):フィールドセールスの57.7%が、年間12万円以上と回答。(昨年比▲4.3%)

□営業に伴う移動時間(出張含む)
フィールドセールスの67.8%が、年間360時間以上の移動時間。(昨年比▲2.2%)
そのうち20.1%は、年間1,200時間以上を移動に費やしている。(昨年比▲5.9%)

□営業経費(交通費・宿泊費等)
フィールドセールスの57.7%が、年間12万円以上と回答。(昨年比▲4.3%)
そのうち20.3%が、年間60万円以上を交通費・宿泊費等に使用しているという結果に。(昨年比▲9.7%)


■インサイドセールス活用企業の51.2%が、商談までをインサイドセールスにて実施。(昨年比▲8.8%)
インサイドセールスにて商談まで行っている企業の割合が、全体の51.2%を占めた。
<内訳>
商談もすべてオンラインで行い、インサイドセールスのみで受注まで完結させている   :28.7%
インサイドセールスでオンライン商談まで行い、その後フィールドセールスにパスしている:22.5%

昨年に比べ「商談までをインサイドセールスにて実施する」企業は減少したものの、依然として過半数が実施している結果に。コロナ前は「インサイドセールス=アポ取り」の印象が強かったが、コロナ禍でオンライン商談が急速に普及。それに伴い、インサイドセールスにて商談を実施する企業が増加。ただ1年経ち、今は少し落ち着いたと考えられる。

■顧客へのアプローチ履歴を、社内で75%以上共有できている営業職/50%未満しか共有できていない営業職では、インサイドセールスから受注につながる割合に1.8倍以上の差があることが判明。

「インサイドセールスで集めたデータを活かし、受注につなげられているか」について、75%以上履歴を残せている営業職のうち、7.4%が受注につなげられていると回答。昨年とほぼ横ばいだった。一方、50%未満しか履歴を残せていない営業職は42.5%のみ受注につなげられていると回答。(昨年比▲8.5%)両者に1.8倍以上の開きがでる結果となった。
ここからも、インサイドセールスを成功させるための要は、「顧客へのアプローチ履歴を残し、その履歴を社内で情報共有していくこと」と考えられる。


2020年3月以降にインサイドセールスを導入した企業営業職のうち、83.3%がコロナウイルス収束後もインサイドセールスを継続意向。そのうち90%以上がフィールドセールスを組み合わせた営業活動を希望。
テレワークと相性の良いインサイドセールス。「今後もインサイドセールス【中心に】営業を行っていきたいと思っている」と回答した営業職からは、テレワークに対して前向きな回答が数多く寄せられた。

<回答者コメント>
・テレワークで集中して行う方が効率の良い業務もあるため。
・通勤時間を短縮できるため、仕事とプライベートを両立できるようになった。
・実際テレワークを実施してみたが、何の滞りもなく業務を進めることができた。

一方で「今後は、インサイドセールスとフィールドセールスを組み合わせて営業を行っていきたいと思っている」と回答した営業職からは、以下意見が出る結果となった。

<回答者コメント>
・お客様先に訪問しなければならないケースもまだまだ多い
・たまには対面でコミュニケーションを図ることは必要だと思う。
・オンラインで全てを完結させるのは難しく、対面の方がスムーズに物事が進む。

インサイドセールスの継続意向は強いものの「どのように実施するか」については、今後も各企業で課題となりそうだ。


■調査概要
【対象者】全国における、現在営業職に就いている社会人
【雇用形態】正社員・パート・アルバイト・派遣社員
【調査方法】ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査
(ネットリサーチ会社保有のデータベースを元に実施、弊社サービスの利用状況については不問)
【実施期間】2021年5月6日~5月9日の4日間
【有効回答数】500件

■クラウドサービスサスケとは

ナショナルブランドの大手企業様をはじめ、国内1,000社以上に導入されている「見込み客を増やすマーケティングツール」です。「商談前の見込み客の導入意欲を高める」ことに特化したクラウドサービスのため、インサイドセールス導入企業様を中心に、マーケティング・営業部門にて広くご利用いただいております。
11年間改善を続け、インサイドセールスに役立つ90以上の機能を組み込みました。かつ、CRM・MAツールの中で国内唯一CTI機能(PC上で電話の受発信が可能)も搭載。1クリックで見込み客に発信し、自動で録音記録が可能です。
<クラウドサービスサスケ サイト> https://www.saaske.com/

■株式会社インターパークについて
便利のカケラを技術でカタチに。「北海道生まれ、北海道育ち」の、オリジナルクラウドサービスをゼロから開発するメーカーです。自社内で全て製品化。セールスからカスタマーサポートまでを一貫して提供しております。

【ご提供サービス】
・あなたの「働く」を変える クラウドサービスサスケ https://www.saaske.com/
・仕事で使う050電話アプリ SUBLINE(サブライン)https://www.subline.jp/
・ノーコード業務効率化アプリ開発ツール サスケWorks https://works.saaske.com/

■会社概要
商号 : 株式会社インターパーク
代表者: 代表取締役社長 舩越 裕勝
所在地:▼札幌本社
    〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西10丁目4南大通ビル2F
    ▼東京オフィス
    〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目16番8号 ビジネスヴィップ渋谷・道玄坂坂本ビル8F
設立 : 2001年7月
URL : http://www.interpark.co.jp/
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
調査レポート
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社インターパーク

10フォロワー

RSS
URL
http://www.interpark.co.jp/
業種
情報通信
本社所在地
北海道札幌市中央区大通西10丁目4-14 南大通ビル2F
電話番号
011-219-4000
代表者名
舩越裕勝
上場
未上場
資本金
2000万円
設立
2001年07月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード