EcoFlow初のプロダクトローンチイベント「Gia(re)Nova」開催レポート

~2022年6月25日(土)-26日(日) 、君津市の廃校キャンプ場にて新商品をフル体験できる1泊2日キャンプイベントを実施~

EcoFlow Technology Japan 株式会社(所在地:東京都江東区、以下EcoFlow)は、次世代のRV及び理想のオフグリッド生活に最適な新商品パワーシステムの7月12日正式リリースに先立ち、6月25日~26日に千葉県君津市の廃校キャンプ場CAMPiece君津にて1泊2日のイベントを開催しました。
​報道関係者10名、インフルエンサー15名、ビジネスパートナー様30名、自治体関係者様5名、エンドユーザー様30名、アーティスト並びにゲスト10名、総勢100名以上の方にご参加いただきました。


本イベントでは、新商品の体験だけではなく、1泊2日でのキャンプ体験、トークセッション、プロジェクションマッピング、音楽ライブを通して、EcoFlowの主要製品全てをフルパッケージでご体感いただきました。

【本イベントコンテンツ】
  1. パワーシステムの商品展示並びにデモ
  2. ゲストのみなさんとのトークセッション(音響の必要電力には弊社ソーラーパネル、ポータブル電源使用)
  3. 石川紅奈さん、岸淑香さんによる音楽ライブ(音響の必要電力には弊社ソーラーパネル、ポータブル電源使用)
  4. プロジェクションマッピング(音響、映像の必要電力には弊社ソーラーパネル、ポータブル電源使用)
  5. キッチンカーによりフード提供(料理に必要な電力には弊社ソーラーパネル、ポータブル電源使用)
  6. 指定避難所兼指定緊急避難場所である廃校内体育館での停電デモ実施

【1. パワーシステムの商品展示並びにデモ】


【2. トークセッションVol.1 】テーマ:人間とエネルギーとの程良い関係性

長野の蓼科でもりぐらしプロジェクトを行われている徳田さんに人間とエネルギーとの程よい関係についてお話しいただきました。
https://morigurashi.com/

 

【2. トークセッションVol.2 】テーマ: エンターテイメントとエネルギー

東京パラリンピックの閉会式のクリエイティブディレクションされた演出家潤間様、ハイエンドプロジェクターを手掛けるパナソニックコネクトの坂西様、Xgimi Sales DirectorのAlexと弊社の中井により、世の中をもっと明るくするためのエンターテインメント、未来の演出の可能性について語りました。


【2. トークセッションVol.3 】テーマ: いままでの音楽とこれからの音楽
アーティストのお二人に影響を受けたアーティストや好きな音楽、今後の活動について語っていただきました。


【2. トークセッションVol.4 】テーマ: 時間にとらわれない過ごし方
実業家の田端信太郎さんにご自身のライフタイルや時間に対する考え方について語ってもらいました。

 

【3. 石川紅奈さん、岸淑香さんによる音楽ライブ】

弊社の弊社ソーラーパネル、ポータブル電源をトライアングル様の本格的フェス仕様のPAシステム音響の動力に使用し、スピーカーを16台、ケーブルレスにするためワイヤレスで送受信するなどのアイデアに溢れたサウンドシステムで屋外ライブを行いました。通常の屋外のイベントでは、発電機によるノイズが入ってしまうケースが多いですが、今回のイベントでは、静寂時に、葉音や風の音が聴こえるほどノイズがなく、会場全体に石川さんの美しい歌声やウッドベース、岸さん演奏の音色がクリアに大迫力で森全体に響き渡りました。


【4. プロジェクションマッピン〜レーザー〜ライティング〜bar WONDER】
VJ OKD様のPanasonic製プロジェクターを、弊社のポータブル電源に接続し、屋外でプロジェクションとライティングを行いました。弊社のポータブル電源は高出力に対応しているため、安定した出力で高ルーメンを維持しながら森に「オーロラ」、校舎に「月」が美しくプロジェクションされ、Real Rock Design様により、スモークとレーザーで「EFロゴ」、森に「未来的なシェイプ」、広い場内、樹木に感動的な彩りを施していただきました。また、屋外にポータブル電源による冷蔵庫を持ち出し、冷えた氷やドリンクでたくさんの交流を産んだ「bar WONDER」も、来場者のみなさまの喉を潤していただき話がふくらみました。


【5. キッチンカーによりフード提供】
TheStandさんに美味しいキューバサンドのご提供をいただきました。ポータブルクーラーで快適な調理が実現しました。

 

【6. 廃校内体育館での停電デモ実施】
指定避難所兼指定緊急避難場所である廃校内体育館での停電デモを実施しました。
弊社のスマートホームパネルを使用すれば、電力会社からの給電から弊社のポータブル電源への給電に自動切換え可能です。停電の際は、0.02秒で自動的に切り替えをし、停電がなかったかのような生活が可能です。
また、節電意識が高まる中で、昼はソーラーパネルから充電、ポータブル電源使用、夜の電気代の安い時間帯に電力会社からの給電に切り替えるといった節電対策にも役立ち商品です。
https://jp.ecoflow.com/products/smart-home-panel?variant=42043159806113

 


【「本イベントGia[re]Nova(以下、ジャリノバ)」とは?】
EcoFlow初の主催イベントとなる今回のイベントは、題して「ジャリノバ」。「ジャリノバ」は、新商品の体験だけではなく、各分野の専門家をお招きしたトークセッション、アートや音楽ライブを通して、EcoFlowの主要製品すべてをフルパッケージで体感いただく1泊2日のキャンプイベントです。
細(さざれ)石という砂利(じゃり)は、一目に入る石と岩とも違う、独特な解釈ができる非常に個性的な集合体といえるのではないかと考え、そんな細(さざれ)のような気づきから、この世界を雄大に巡っていくインスピレーション創造の場になっていけるように「惹(じゃ)=招く、惹きつける」+「renovation」+「Nova(ノヴァ)=新しい星」と名付けました。

【イベント開催の背景】
2019年に発生したコロナ後の日本では、空前のアウトドアブームが到来しただけでなく、2拠点生活がトレンドとなり、オフグリッド生活へのさらなる需要が高まっています。また、昨今のエネルギー価格の高騰や度重なる停電や災害を受けて、全国各地でエネルギー問題への関心も高まっています。下記を目的としています。
  1. 地域活性化
  2. 新しいエネルギー活用による創造性への対話
  3. 関係人口増による日本魅力促進
  4. 文化芸術創造の開発支援
  5. 防災時のオペレーション・避難時の知識共有
  6. クリーンエネルギーによる地方ナイトタイムエコノミー
  7. ナイトタイムエコノミー推進施策への対話

【今回の所感と今後のGia[re]Nova(以下、ジャリノバ)」について】
今回は、第1回目のジャリノバということもあり、広大なキャンプ場を使用した壮大な社会実験となりました。
電力不足が叫ばれる今夏、音楽やプロジェクター含めたエンターテインメント、都内からやや離れた廃校での地方活性、またあらゆるビジネスパートナー様との社会、お客様、そして環境にとって企業としてどのように日々の活動に取り組むべきかという対話の場、防災停電対策デモ、といった様々な角度から収穫の多い貴重な機会となりました。今後も定期的に開催予定のため、ぜひ次回以降ご参加いただけますと幸いです。
- 弊社マーケティングディレクター 中井 拓

【協力会社一覧】(順不同)
●David Watts inc.
●Real Rock Design
●Triangle
●東急リゾーツ&ステイ株式会社
●パナソニックコネクト株式会社
●Xgimi
●株式会社 美菜屋(Minayainc)
●THE STAND
●石井食品
●APIX
●CAMPiece君津
●ondo

【ご来場団体・企業様一覧】(順不同)
●セガサミー
●フジテレビ
●Sony PCL
●G&Eco
●君津市
●RV Land
●Lenovo
●飯館村地域おこし協力隊
 
  • EcoFlowについて​
 


EcoFlow Technology(エコフローテクノロジー)社は、独自の研究開発による技術革新でポータブル電源の新しい可能性を切り開く最先端テクノロジー企業です。ドローン(無人航空機)分野で世界シェア7割以上と言われる中国企業DJI出身のメンバーが集まり、「クリーンな電力へ、誰でも簡単にアクセス出来る社会」を実現するべく、2017年に設立されました。中国・深センに研究開発および事業拠点を置き、現在900名以上の社員と共に世界90ヶ国以上で事業を展開しています。2019年には、日本法人であるEcoFlow Technology Japan株式会社が設立されました。

EcoFlowは、人々の生活をより良いものにするクリーンな電力技術を開発することを目的とし、安全性と利便性に焦点を当て、次世代に向けた最先端のポータブル電源を開発しています。アウトドアやDIYなどの趣味活動だけでなく、あらゆる産業、災害対策といった幅広い場面で人々の活動に不可欠な電力エネルギーを提供し、新たな生活環境や業務活動の機会を生み出します。

詳細は下記公式ウェブサイトをご覧ください。
https://jp.ecoflow.com/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. EcoFlow Technology Japan株式会社 >
  3. EcoFlow初のプロダクトローンチイベント「Gia(re)Nova」開催レポート