プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES

【Agnavi】シード調達を完了し、累計調達額が1.2億円に。日本酒缶ブランドとその国内外への販売で成長中。

Completed Seed-round Financing, reached to JPY 120 million in total cumulative amounts.

株式会社Agnavi

日本酒缶ブランド「ICHI-GO-CANⓇ」「CanpaiⓇ」を展開する株式会社Agnavi(本社:神奈川県茅ケ崎市、代表取締役 玄成秀)は、第三者割当増資による資本性調達とともに、日本政策金融公庫および商工中金からの負債性調達と併せて、累計1億2千万円の資金調達を行いました。次回調達としては、2024年年初にシリーズAとしての資本性調達を数億円規模で実施することを検討中。


  • ​【資⾦調達について】

弊社では、“軽量・オシャレ・持ち運びベンリ”を実現させた1合180mLの日本酒缶ブランド「ICHI-GO-CAN®」と「Canpai🄬」を展開中です。全国の地酒を取りまとめて販売し、蔵の大小に依存しない地方の酒蔵の魅力を発信することで、グローバル市場での日本酒の消費拡大を目指しております。現在、全国100種類近くの日本酒を取り扱っております。
本調達を通じて、地方の歴史ある酒蔵が安定して存続できるようにするためのゲームチェンジャーとなり、様々な日本酒をワンストップで入手できるサプライチェーンを構築することにより、ライフスタイルを革新する新たな市場創出のための挑戦を続けて参ります。


  • 《English》In a growth stage, through its canned Sake brands representing Japan’s symbolic “SAKE”, as distributing locally and internationally.

  • Agnavi Inc. (Chigasaki, Japan, President: Seishu Gen), which is promoting its original Sake brands, "ICHI-GO-CANⓇ" and "CanpaiⓇ", has completed total JPY 120 million via its equity financing through a third-party share allocation, as well as debt financing from the Japan Finance Corporation and Shoko Chukin Bank. As the next financing, several hundred million yen via Series A equity are to be considered at the beginning of 2024.

Agnavi Inc. is promoting its original Japanese SAKE brand, ICHI-GO-CAN® as well as Canpai🄬, both of which are all 180mL (=1 go) canned SAKE for consumers to enjoy 'smaller size,' 'stylish,' and 'handy' alcoholic beverages. Agnavi intends to increase grobal SAKE consumption, as spreading attractions of local SAKE breweries no matter what production sizes, as all brands nationwide put together into ICHI-GO-CAN. Currently, almost 100 brands all over Japan are available. Through this financing, Agnavi is accelerating to achieve our goals, to become a game-changer for all local and traditional SAKE breweries enable to achieve their business stable and sustainable, to construct SAKE's supply-chain providing various Sakes at one-stop distribution channel. Also, Agnavi shall continue challenging to create new markets, where to innovate SAKE lovers' lifestyle.


  • 《Simplified Chinese/簡体字》完成种子轮融资,累计融资额达到1.2亿日元。国酒“日本酒”的罐装品牌销售于海内外市场不断增长中。

Agnavi正在推广"轻便、时尚、便携"的180mL(一合)罐装原创清酒品牌"ICHI-GO-CAN®",并即将推出全新品牌"Canpai🄬"。无论酒厂规模大小都可集中实现罐装销售,Agnavi 的目标在于通过传播各地酒窖的魅力而增加日本酒的消费量。目前提供来自日本各地的 70 多种清酒。 通过此轮融资,Agnavi 将改变现有的日本酒供应链规则,以确保当地历史悠久的清酒酿酒厂能够实现稳定和可持续的业务。Agnavi 表示将继续接受挑战,通过创新生活方式的各种罐装清酒及构建其一站式分销渠道开拓新市场。


  • 《Traditional Chinese/繁体字》完成種子輪融資,累計融資額達到1.2億日元。國酒「日本酒」的罐裝品牌銷售於海內外市場不斷增長中。
     

Agnavi正在推廣"輕便、時尚、便攜"的180mL(一合)罐裝原創清酒品牌"ICHI-GO-CAN®",並即將推出全新品牌"Canpai🄬"。無論酒廠規模大小都可集中實現罐裝銷售,Agnavi 的目標在於通過傳播各地酒窖的魅力,增加日本酒的消費量。目前提供來自日本各地的 70 多種清酒。 通過此輪融資,Agnavi 將改變現有的日本酒供應鏈規則,以確保當地歷史悠久的清酒釀酒廠能夠實現穩定和可持續發展的業務。Agnavi 表示將繼續接受挑戰,通過創新生活方式的各種罐裝清酒及構建其一站式分銷渠道開拓新市場。


  • 【会社概要】

◆ 社名:株式会社Agnavi
◆ 本社: 神奈川県茅ヶ崎市本村2丁目2番地18号
◆ 設立:2020年2月27日
◆ 代表:代表取締役 玄成秀
◆ URL:www.agnavi.co.jp
◆ 株主:取締役、東洋製罐グループホールディングス株式会社、三菱UFJキャピタル株式会社、JR東日本スタートアップ株式会社

【Issuer】
◆ Name: Agnavi Inc.
◆ Address: 2-2-18 Honson, Chigasaki-shi, Kanagawa
◆ Establishment: February 27, 2023
◆ Founder/CEO: Seishu Gen
◆ URL: https://agnavi.co.jp
◆ Shareholders: directors, Toyo Seikan Group Holdings Co., Ltd, Mitsubishi UFJ Capital Co., Ltd., JR East Start UP Co,, Ltd.

【发行人】
◆ 公司名称:Agnavi Inc.
◆ 总部:日本神奈川县茅崎市本村2-2-18
◆ 成立时间:2020年2月27日
◆ 创始人/CEO:玄成秀
◆ 网址:www.agnavi.co.jp
◆ 股东:董事,Toyo Seikan Group Holdings Co., Ltd,Mitsubishi UFJ Capital Co., Ltd., JR East Start UP Co,, Ltd.

【發行人】
◆ 公司名稱:Agnavi Inc.
◆ 總部:日本神奈川縣茅崎市本村2-2-18
◆ 成立時間:2020 年2月27日
◆ 創始人/CEO:玄成秀
◆ 網址:www.agnavi.co.jp
◆ 股東:董事,Toyo Seikan Group Holdings Co., Ltd,Mitsubishi UFJ Capital Co., Ltd., JR East Start UP Co,, Ltd.


種類
経営情報
ビジネスカテゴリ

このプレスリリースをシェアする

プレスリリース素材ダウンロード

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます。

プレスリリース画像一覧

株式会社Agnaviのプレスリリース

もっと見る

PR TIMESのご利用についてはこちら

資料ダウンロードする