グローバル核酸分離および精製市場ーCOVID-19影響によるサイズ調査、製品別、方法別、タイプ別(ゲノムDNAの分離と精製、メッセンジャーRNAの分離と精製)、地域別予測2020-2027年

Kenneth Researchは、2019-2027年の期間のグローバルな核酸分離および精製市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチに基づてレポートを2020年7月02日に発刊しました。レポートで提供される主要な産業洞察は、市場の既存のシナリオに関して読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。
核酸の単離と精製は、シーケンシング、ポリメラーゼ連鎖反応、クローニングなどの分子生物学の手法です。核酸の単離と精製は、生命科学研究、遺伝子工学、分子診断、科学捜査などのさまざまなアプリケーションで使用されています。核酸の分離と精製は感染症の研究に使用されているため、最近のCOVID-19のパンデミック危機に非常に要求されます。研究開発活動の増加、技術の進歩と自動化の増加により、核酸の分離および精製市場の成長が促進されます。インドの科学技術省によると、インドのR&Dへの総支出は長年にわたって一貫して増加しています。

グローバルな核酸の分離および精製市場は、2019年に約29億米ドルと評価されており、2020〜2027年の予測期間で8.9%以上の成長率で成長すると予想されています。さらに、市場のキープレーヤーによる高まる進歩と他の戦略的提携は、この市場に有利な需要を生み出します。2019年1月7日、ドイツを拠点とするQiagen N.V.がQIAcubeをリリースしました。これは、研究室でのサンプル処理のための核酸抽出および精製の完全な自動化で次世代を接続します。ただし、自動化された機器の高コストは、予測期間中にグローバルな核酸の分離および精製市場の成長を抑制する主要な要因です。

グローバルな核酸分離および精製市場は2020年から2027年の予測期間中に大幅なCAGRを登録すると予測されます。グローバルな核酸分離および精製市場はに製品別(キット、試薬、および機器)、方法別(カラムベースの分離と精製、磁気ビーズベースの分離と精製、試薬ベースの分離と精製など)、タイプ別(プラスミドDNAの分離と精製、トータルRNAの分離と精製、循環する核酸の分離と精製、ゲノムDNAの分離と精製、メッセンジャーRNAの分離と精製)および地域別よって分割されます。また、各セグメントのY-o-Y成長率、BPS分析、および市場の魅力とともに、値および量別によって市場規模の詳細な予測も含まれます。


このレポートは、2020-2028年の予測期間中に市場の成長を促進すると予測されるいくつかの要因とともに、成長ドライバー、市場機会、課題、脅威などの市場ダイナミクスを強調しています。さらに、このレポートは、SWOT分析、PORTERの五つの力の分析、PESTEL分析など、いくつかの分析ツールを利用して予測評価を提供します。

地域に基づいて成長ハイライト
グローバルな核酸分離および精製市場はさらに、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、中東、アフリカに地域によって分割されます。北米は、バイオテクノロジーおよび製薬会社における研究開発への多額の投資、技術の進歩、および政府の支援により、市場シェアの点で世界の重要な地域です。一方、アジア太平洋地域は2020〜2027年の予測期間で最高の成長率/ CAGRを示すと予想されています。

グローバルな核酸分離および精製市場は地域に基づいてさらに区分されます。
  • 北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • 中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
主要企業
 このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来のグローバルな核酸分離および精製市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。グローバルな核酸分離および精製市場における業界のリーダーはQiagen N.V.、Thermo Fisher Scientific、F. Hoffman-La Roche AG、Promega Corporation、Agilent Technologies、Bio-Rad Laboratories、Danaher Corporation、GE Healthcare、Illumina, Inc.、Merck KGAAなどです。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10325212

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.kennethresearch.com/report-details/global-nucleic-acid-isolation-purification-market-/10325212
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. グローバル核酸分離および精製市場ーCOVID-19影響によるサイズ調査、製品別、方法別、タイプ別(ゲノムDNAの分離と精製、メッセンジャーRNAの分離と精製)、地域別予測2020-2027年