『日米がん撲滅サミット2020・漢方セッション』配信決定!

 2020年11月15日(日)東京ビッグサイト会議棟7F 国際会議場で開催された『日米がん撲滅サミット2020』(https://cancer-zero.com)。


 この度、今大会の開催を記念して『日米がん撲滅サミット2020・漢方セッション』の動画配信が決定した。
 これは公開セカンドオピニオンでも好評を博した上園保仁氏(東京慈恵会医科大学 疼痛制御研究講座 特任

東京慈恵会医科大学疼痛制御研究講座特任教授 上園保仁氏東京慈恵会医科大学疼痛制御研究講座特任教授 上園保仁氏

教授)が講師として実施するもので、日本の漢方を世界に広めたいという亡き北島政樹永世大会長の悲願でもある。

 上園氏は漢方の科学的解明と共に、様々な病気に対してどの種類の漢方が有効かを前述の北島政樹氏と共に研究してきた日本の第一人者である。

 日本の医療界ではまだまだ漢方が使いこなされていないが、このセッションを参照することで漢方の歴史からがん医療への応用などが手に取るようにわかってくるという。

 上園氏は「『日米がん撲滅サミット2020』開催記念として漢方にスポットを当てていただくということは大変ありがたく、光栄です。皆さんと共に漢方を活かした闘病について考えてみたいと思います。ぜひご視聴ください」と抱負を語っている。

 なお動画配信は2020年12月24日(木)スタート予定だという。大会HP(https://cancer-zero.com)にて視聴可能。
 このような形でがんと漢方を連携させる講座というものは日本でも珍しく、今から楽しみである。
 皆さんもぜひ、ご視聴いただきたい。
  1. プレスリリース >
  2. 日米がん撲滅サミット2020実行委員会 >
  3. 『日米がん撲滅サミット2020・漢方セッション』配信決定!