奄美を元気にしたい!!豪華アーティストによるスペシャルライブイベント

一般社団法人しま・ひと・たから(鹿児島県奄美市笠利町里21番地、代表 山下保博)は、「コロナ禍で弱っている奄美を、音楽の力で元気にしたい!」 という思いから、世界で活躍する女性ジャズピアニスト・木住野佳子さんと奄美大島出身のアーティストである元ちとせさん、森山ユリ子さん、コウスケ(カサリンチュ)さんによるスペシャルライブイベントを地域交流拠点である[まーぐん広場]にて開催いたしました。
当日は、3密を避ける椅子の配置、消毒・マスクの着用の徹底、席数制限などの新型コロナウイルス対策を万全に整えて(全ての出演者及び関係者は抗原検査を受けて参加)、島内在住者限定でお客様をお迎えして開催いたしました。2日間で約100名の方々が朗らかな雰囲気の中、音楽と特別な時間を楽しみました。

木住野さんは「HOPE」(曲名)などを披露し、「早く世界中の皆様の故郷が元気になって欲しい」とのエピソードも交えながら、エールを送ってくださいました。また、奄美ご出身の元さんは「ワダツミの木」(曲名)などの数曲を、森山ユリ子さんには奄美の伝統的な島唄を、コウスケ(カサリンチュ)さんには「Sunny Days」などを披露していただきました。

来場者の感想として下記お言葉を頂きました。
・「コロナ禍で島のイベントや行事はほとんど中止のなか、こうしたイベントが開催されたことを嬉しく思います。コロナが出たらどうしようと思いますが、感染症対策が徹底されているので、安心しながら観ることができました。」
・「島で木住野佳子さんにお会いできるなんて思わなかった!最高でした」
・「元ちとせや他の奄美のアーティストの方々のパワフルさに感動しました」

また本件に関して、主催者の山下保博(一般社団法人しま・ひと・たから 代表理事)は以下の通りコメントしております。「新型コロナウイルスの影響を受けて、何度もイベントを中止しようかと考えました。しかし、島の方に安心してご参加いただけるようスタッフ一同対策に尽力し、開催を行うことができました。今回開催できて本当に良かったと思っております。このような世の中ではありますが、今後もコロナ禍によって一新された観光需要に対して、奄美の方々に喜んでいただけるようなマイクロツーリズムに焦点を当てた取り組みも企画・展開してまいります。」

<イベント実施の背景>
コロナ禍の終息が見えない中、奄美の観光産業を守るべく、感染防止に配慮し奄美の魅力を多面的に伝えることを目指して誘客に繋がる様なさまざまなイベントの開催を目指し準備を進めてまいりましたが、実現にはまだ時間を必要としています。この時期に、まずは奄美の魅力の大きな要素である地元の方々に元気になってもらいたいという想いから今回のイベントを開催することとなりました。マイクロツーリズムという観点から、もっと地元の人に親しんでいただける場を提供できる企業として今後もこうしたイベントや体験の企画と運営を行ってまいります。

なお、本事業は観光庁「あたらしいツーリズム」の一環で実施しています。

■「あたらしいツーリズム」とは
新型コロナウイルス感染症の影響により、従来の生活様式からの変化が急速に進んでいます。
これからは、国内外の観光客が安心して観光を楽しむことができるよう、新たな安全・安心な旅のスタイルを普及・定着させることが重要です。
観光庁では、地方公共団体や観光地域づくり法人(DMO)など地域の関係者が一丸となって、自然、歴史・文化、食などの観光資源を、感染拡大予防ガイドラインの遵守や新しい生活様式の実践を徹底しながら、より安心で、誘客力の高いものに磨き上げる取組に対して、支援を実施しています。
これらの支援を通じて、「旅行需要の回復」や「地域経済の活性化」などを進めて参ります。

◆イベント概要

< 木住野 佳子 JAZZコンサート 概要 >
日時:2021年2月6日(土)開場 15:00 / 開演 15:30 / 終演 17:00
場所:伝泊まーぐん広場・赤木名(住所:奄美市笠利町大字里50-2)
出演者:木住野 佳子(piano) / 早川 哲也(bass) /  柴田 亮(drums)
料金:大人2500円/高校生以下1000円(島内在住者限定)

(出演者プロフィール) ■ 木住野佳子(ピアニスト、コンポーザー&アレンジャー) Yoshiko Kishino   東京生まれ。桐朋学園大学卒業。 1995年名門レーベルGRPよりアルバム 『フェアリー・テイル』で日本人初のインターナショナル・アーチストとして衝撃的に世界デビューを飾り、以降、毎年アルバムをリリースしている。2015年8月にはCDデビュー20周年を迎え、2018年12月には通算20枚目のアルバム「nuage 〜ニュアージュ〜」を発売。自身のアルバムでは、過去スイングジャーナル誌ゴールド・ディスクを4回受賞している。 近年海外での活動も多く、2016年にはスエーデンでビッグバンドとの共演やアメリカ西海岸クルーズ船で、 2017年はパリやミラノの「ミラノピアノシティ」、2018年には上海で演奏。自身のグループの他、藤原道山、千住真理子、noon、akiko、青木カレン、鈴木重子、ウィリアムス浩子、白鳥英美子、上松美香とのコラボレーションやGReeeeN、八神純子、近藤真彦などのアルバムに演奏、編曲などで参加。 *Official site: http://www.kishino.net

 <元ちとせライブイベント 概要>
日時:2021年2月7日(日)開場 15:00 / 開演 15:30 / 終演 17:00
場所:伝泊まーぐん広場・赤木名(住所:奄美市笠利町大字里50-2)
出演者:元 ちとせ / コウスケ(カサリンチュ) / 森山 ユリ子
料金:大人2500円/高校生以下1000円(島内在住者限定)

(出演者プロフィール) ■元 ちとせ
生年月日:1979年1月5日 出身地:鹿児島県奄美大島 高校3年で「奄美民謡大賞」の「民謡大賞」を史上最年少で受賞。 2002年2月6日にEPICレコードからリリースされたメジャーデビューシングル『ワダツミの木』がリリース後2ヶ月を経てシングル・チャートで1位を記録。社会現象的な大ヒット曲となる。 2012年2月6日デビュー10周年を迎え、10周年記念企画ととしてデビュー曲「ワダツミの木」を ジャマイカが世界に誇るプロデュースチーム「SLY&ROBBIE」がリプロダクトし配信リリースした。 10月24日には初のベストアルバム「語り継ぐこと」をリリースした。日本を代表する女性シンガーの一人である。

  
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. あたらしいツーリズム広報事務局 >
  3. 奄美を元気にしたい!!豪華アーティストによるスペシャルライブイベント