伊予銀行がOracle Databaseソフトウェアのサポートをリミニストリートに切り替え

データベース保守サービス費用の削減分を、顧客サービス向上のためのデジタル化に投資

エンタープライズソフトウェア製品を対象としたサポートサービスを世界的に提供する、OracleおよびSAPソフトウェアの第三者保守サポートの業界リーダーで、Salesforceのパートナーであるリミニストリート(Nasdaq:RMNI)は、株式会社伊予銀行が、Oracle Databaseのサポートをリミニストリートに切り替えたことを発表しました。
東京、2020年6月11日-エンタープライズソフトウェア製品を対象としたサポートサービスを世界的に提供する、OracleおよびSAPソフトウェアの第三者保守サポートの業界リーダーで、Salesforceのパートナーであるリミニストリート(Nasdaq:RMNI)は、株式会社伊予銀行が、Oracle Databaseのサポートをリミニストリートに切り替えたことを発表しました。伊予銀行は、リミニストリートへの切り替えにより、これまでデータベースの保守に使っていた時間、人員、ならびに費用というリソースを削減でき、その削減分を、顧客サービス向上のための新たなプロジェクトの開発などに振り向けていく計画です。

愛媛県を中心に国内外で152拠点を展開する伊予銀行は、15年以上に渡り、融資支援システムをはじめとするさまざまなシステムでOracle Databaseを使用してきました。全社的なIT経費の見直しを行った結果、IT部門は、Oracle Databaseの保守費用が大きな負担となっており、これを削減する必要があると判断しました。伊予銀行が、これらの増加するコストの解決策を模索する中で、リミニストリートという第三者保守サービスを採用することで、現在使用しているOracle Databaseシステムを大幅に低い費用で維持でき、高価なシステムアップグレードは不要となるため、費用と社内リソースの節約になることに気づきました。


競争の激しい業界では、高可用性サポートとROIの両方が必要
銀行業界では、コアシステムとミッションクリティカルなデータベースに対する継続的かつ高品質なサポートが求められます。また、地方銀行における収益環境は急速に変化しており、伊予銀行では、IT部門の「システム構築を請け負う」部門から「ICT技術を活用したイノベーションを提案する」部門への変革に取り組んでいます。伊予銀行では、データベースシステム維持のためのコスト削減を進めながら、新たな付加価値や利便性を顧客に提供することで、競争力を高め、新たな顧客獲得や、既存の顧客の満足度向上につなげていくことを目指しています。これには、データベースソフトウェアベンダーが提示するアップグレードのスケジュールに基づくロードマップに従うのではなく、伊予銀行の事業方針に即した自社ビジネス主導型ロードマップの策定と遂行が不可欠となります。リミニストリートの第三者保守サービスに切り替えた結果、伊予銀行は現在の安定したOracle Databaseに対する高品質かつ迅速なサポートを、契約成立後少なくとも15年間継続して受けることができ、削減分の保守コストをデジタル化促進のために活用することができます。

伊予銀行 システム部 課長 矢野 祥太氏は、次のように述べています。
「現在のOracle Databaseに基づくシステムは、業務の根幹をなすため、信頼性の高いOracle Databaseの利用をやめるわけにはいきません。しかし、当行のような企業規模の銀行にとって、保守とその関連費用は非常に大きな負担となります。リミニストリートの第三者保守サービスは、アップグレードの必要なく、今後何年にもわたって現行データベースシステムを使い続けることができ、特に費用対効果に秀でていました。つまり、データベースへの投資回収(ROI)が早期に実現することになります。」


専任サポートエンジニアによる高品質なサービス
伊予銀行は、シニアレベルの専任サポートエンジニア(PSE)によってサポートされます。PSEは、クライアントのソフトウェアで平均15年の経験があり、技術エンジニアチームにサポートされ、24時間365日対応します。全てのクライアントは、優先度1のお問い合わせケースには15分、および優先度2のケースには30分の応答時間という、業界をリードするリミニストリートのサービスレベル契約(SLA)を結んでいます。

「まず融資支援システムで、リミニストリートのサービスを使用し始めました。複雑な問題が発生したこともありましたが、同社のすばやく的確な対応には満足しており、今後はさらに適用範囲を広げていきたいと考えています。」と矢野氏は続けました。

日本リミニストリート株式会社 代表取締役社長の脇坂順雄は次のように述べています。
「リミニストリートを利用することで、高い信頼性が要求され、複雑で規制の厳しい銀行業界においても、コスト削減効果と様々な恩恵が得られます。『最適のサービスで信頼に応える』を経営姿勢にされている伊予銀行様の新しい取り組みに、当社の質の高いサポートとサービスで寄与できることを楽しみにしております。」
 

リミニストリートについて
リミニストリート(Nasdaq: RMNI)は、エンタープライズソフトウェア製品とサービスのグローバルプロバイダーであり、OracleおよびSAPのソフトウェア製品に対する第三者保守サポートにおいて業界をリードしており、またSalesforceのパートナー企業でもあります。リミニストリートは、エンタープライズソフトウェアライセンシーにおいて、大幅にコストを削減し、イノベーションのために資源を自由にし、より良好な業績結果を達成することが可能となる、プレミアムで、非常に応答性が高い、統合型のアプリケーション管理およびサポートサービスを提供しています。業界を問わず、フォーチュン500のグローバル企業、中堅企業、公共セクター組織等を含む約2,100社の顧客が、信頼できるアプリケーションエンタープライズソフトウェア製品とサービスのプロバイダーとして、リミニストリートにサポートを委託しています。詳細は、http://www.riministreet.comをご覧ください。またTwitter(@riministreet jp)、 Facebook、LinkedIn でリミニストリートをフォローしてください。(C-RMNI)

将来見通しに関する記述
本プレスリリースには、過去に関する事実ではなく、1995年米国民事証券訴訟改革法のセーフハーバー規定に定義する将来見通しに関する記述が含まれています。通常、将来見通しに関する記述には、「かもしれない」、「はずだ」、「だろう」、「計画する」、「意図する」、「予知する」、「考える」、「推定する」、「予測する」、「可能性」、「思われる」、「求める」、「継続する」、「将来」、「~する」、「期待する」、「見通し」などの単語や、その他類似の語句や表現が使用されます。これらの将来見通しに関する記述は、将来的な事象、将来的な機会、グローバルでの拡大およびその他成長に関する取り組み、およびそれら取り組みへの当社の投資についての期待に関する記述を含みますが、それらに限定されません。これらの記述は、さまざまな仮定および経営陣の現時点の期待に基づいており、実際の業績を予測するものではなく、過去に関する事実に基づく記述でもありません。これらの記述は、リミニストリートのビジネスに関連する多くのリスクおよび不確実性に左右されるものであり、実際の結果は大きく異なる可能性があります。これらのリスクおよび不確実性としては次のもの(ただしこれらには限定されない)が挙げられます。COVID-19のパンデミックの期間と当社の事業に与える経済的、業務的、財務的影響が不明であることおよびCOVID-19のパンデミックに対する政府当局、顧客または他者の対策。当社の事業、または当社の現在および将来の顧客の事業を混乱させる破局的な出来事、リミニストリートが活動するビジネス環境における変化(リミニストリートが活動する業界に影響を与えるインフレや金利、一般的な財務、経済、規制、および政治的な状況などを含む)。既存訴訟、政府当局による調査、又は新規訴訟における不利な展開。好条件で追加のエクイティ又はデットファイナンスによる資金調達の必要性および可能性と当社が成長するための取り組みとして、投資の増加に資金を提供するために、事業からキャッシュフローを生み出す能力。当社の流動性の基準を満たす現金および現金同等物の充足性。シリーズA優先株(13.00%)の条件および影響。税金、法律、および規制の改正。競合製品と価格設定。増益管理の困難性。近い将来に展開することが期待されている製品およびサービスに追加して、直近に発表した製品およびサービス(Application Management Service(AMS)、Rimini Street Advanced Database SecurityおよびSalesforce Sales Cloud並びにService Cloud製品に関するサービス等を含む)の顧客の採用。リミニストリートの経営陣の終任。リミニストリートの株式の長期的な価値の不確実性。リミニストリートが2020年5月7日に証券取引委員会に提出したリミニストリートのForm 10-Qによる四半期報告書の「Risk Factors」に記載している事項、および適宜それら事項について将来的なForm 10-Kによる年次報告書で更新される内容、およびそれらの事項が将来的なForm 10-Qによる四半期報告書、Form 8-Kによる最新の報告書およびリミニストリートがSECに提出するその他書面に更新される事項。さらに、将来見通しに関する記述には、本プレスリリースの発表時点でのリミニストリートの将来の事象に関する期待、計画、または予測、および考えが示されています。リミニストリートは、後発事象や今後の進展がリミニストリートの評価を変える原因になると予想しています。ただし、リミニストリートは、これらの将来見通しに関する記述を将来のある時点で更新することを選択する可能性がある一方で、法律で要求されていない限り、そのような義務を明示的に否認いたします。これらの将来見通しに関する記述は、本プレスリリース発行日後の時点におけるリミニストリートの評価を表すものとして依拠されるべきではありません。

# # #

© 2020 Rimini Street, Inc. All rights reserved. Rimini Streetは、米国およびその他の国におけるRimini Street, Inc.の登録商標です。Rimini Street、Rimini Streetロゴ、およびその組み合わせ、その他TMの付いたマークは、リミニストリート・インクの商標です。その他のすべての商標は、それぞれの所有者の財産権を構成するものであり、別段の記載がない限り、リミニストリートは、これらの商標保有者またはここに記載されているその他の企業と提携や協力関係にあるものでも、またそれらを支持するものでもありません。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本リミニストリート株式会社 >
  3. 伊予銀行がOracle Databaseソフトウェアのサポートをリミニストリートに切り替え