ダイナム企業CM「街と生きるパチンコ。」新CM放映開始

株式会社ダイナム(本社:東京都荒川区⻄日暮⾥ 代表取締役:森 治彦)は、「パチンコを誰もが安心して楽しめる日常の娯楽とする」というビジョンを掲げ、「街と生きるパチンコ。」と称した企業CMに、「⺟への⼿紙」篇に続く第2シリーズ「ダイナムのある街で」篇を制作しました。

本CMは、2017年1月30日(月)から順次全国放映されます。
公開先 : ダイナムホームページ「CMライブラリー」よりご視聴いただけます。
http://www.dynam.jp/amusement/fun/cm_library.html

 

 

 


■「街と生きるパチンコ。」新CMシリーズ概要
(1)シリーズ名 : 「ダイナムのある街で」
(2)制作本数  : 2本
(3)新CM名     : ①「ダイナムのある街で(スーパーマーケット)」篇
    新CM名     : ②「ダイナムのある街で(床屋)」篇
(4)企画意図  :「従業員とお客様とのコミュニケーションをダイナムらしさのひとつ」として捉え、
          従業員とお客様との外(街)でのコミュニケーションに注目し、
          店内だけではなく、店外(街)でもコミュニケーションが
          成⽴する「ダイナムらしさ」を本CMのコンセプトとして制作しました。

■CM制作スタッフリスト
広告会社      :株式会社 電通
制作プロダクション :株式会社 フィックス
監督        :有馬研吾

■CMストーリー
タイトル :「ダイナムのある街で(スーパーマーケット)」篇
ダイナムの⼥性社員が休日に街のスーパーへ買い物に⾏くと、
「ダイナムさん」と声を掛けられ
顔なじみの常連のお客様が、スーパーの店員として働いていたのでした。
全国展開しているダイナムでの、実際にあった話をもとにしたストーリーです。
その街にとけこみ、その街に愛される存在であることを願う、
「街と生きるパチンコ。」としてのダイナムの想いを表現しました。
 

 

 

タイトル :「ダイナムのある街で(床屋)」篇
ダイナムの男性社員がいつもの床屋に⾏くと、
ご主⼈からも、隣席のお客様からも「ダイナムさん」と声を掛けられ、
髪型をめぐって和気あいあい。
地元に密着したダイナムでは、実際に街なかでも
お客様とのコミュニケーションがよく生まれています。
その街とふれあい、その街の一員であることを願う、
「街と生きるパチンコ。」としてのダイナムの想いを表現したシリーズです。
 

 


 


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ダイナム >
  3. ダイナム企業CM「街と生きるパチンコ。」新CM放映開始