スマートアプリ『nanakusa』、AML対策としてEllipticのウォレットスクリーニング機能を国内NFTマーケットプレイスとして初導入

マネーロンダリング(マネロン)対策を講じた健全なNFTプラットフォームを推進

NFT発行・販売・二次流通などを備えた統合型NFTマーケットプレイス『nanakusa』を運営する株式会社スマートアプリ(本社:東京都港区、代表取締役:高長徳、以下スマートアプリ)は、マネーロンダリング(以下、マネロン)対策ソリューションを提供するElliptic Enterprises Limited.(本社:英国ロンドン、CEO:Simone Maini、以下Elliptic)が提供する、ウォレットスクリーニングLens(レンズ)を導入することを発表いたします。
英国のロンドンを拠点として世界で初めて、ブロックチェーン分析を通じたアドレスのリスク評価を行ってきたEllipticは、これまでマネロン対策ソリューションを事業者に提供することで、健全な暗号資産及びブロックチェーン業界の発展を目指し貢献してまいりました。

NFT市場が急速な成長を見せる中、暗号資産と同様にNFTの領域においても匿名性の高い取引が不正利用につながる可能性が懸念されています。
 


スマートアプリとして市場のさらなる拡大には、マネロン対策を講じた健全なNFTプラットフォームの運営が必須であると考え、今回Ellipticのウォレットスクリーニングサービス「Lens」を導入致しました。Lensを導入することにより、『nanakusa』に接続されるユーザー及びアーティストのウォレットアドレスは、事前にイーサリアム(ETH)とポリゴン(Polygon)の入出庫履歴に基づきリスク評価が行われる予定です。

この取り組みが、NFT購入者そして販売者であるクリエイターや大手コンテンツ事業者のNFTプラットフォームに対する安心感をさらに高め、利用が促進されることを期待しております。スマートアプリとしては、業界をリードするEllipticと共に健全なNFT業界の発展を目指して参ります。

 
  • Elliptic社について

Ellipticは「暗号資産の信用基盤を構築する」というミッションのもと、金融機関や暗号資産交換業者様へブロックチェーン解析を通じた暗号資産のアドレス評価等を行うAML対策ソリューションを提供しています。Ellipticが保有するデータや技術は世界中から高い評価を受け、新しいテクノロジーやイノベーションを通じてビジネスや社会に大きな影響を与えると認められたスタートアップ企業が対象となる、世界経済フォーラムのテクノロジー・パイオニア2020に選出されています。

会社名 : Elliptic Japan 株式会社
代表取締役CEO : シモーネ・マイニ
事業:ブロックチェーン分析による暗号資産マネーロンダリング対策
         金融機関向け暗号資産による金融犯罪防止ソフトウェアの提供
URL:https://www.elliptic.co/


 
  • NFTマーケットプレイス『nanakusa』について

■NFTマーケットプレイス『nanakusa』
https://nanakusa.io
 



NFTマーケットプレイス『nanakusa』とは、公認されたコンテンツホルダーやNFT販売事業者、個人活動するクリプトアーティストが制作したNFTの販売(一次販売)及び、利用者同士が保持しているNFTを売買(二次販売)できるNFT売買プラットフォームサービスです。

会社名 : 株式会社スマートアプリ
所在地 : 東京都文京区本郷3–38–1 本郷信徳ビル7階 HashHub内
代表取締役 : 高長徳
一般社団法人日本ブロックチェーン協会 正会員
ブロックチェーンコンテンツ協会 理事
WEB : https://www.smartapp.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スマートアプリ >
  3. スマートアプリ『nanakusa』、AML対策としてEllipticのウォレットスクリーニング機能を国内NFTマーケットプレイスとして初導入