日本で初めてとなるRightsIDサービス導入のお知らせ

〜YouTubeにおける収益化向上に向けて〜

 株式会社NexTone(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:阿南雅浩、以下「当社」)は、Vobile Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大藤 健、以下「Vobile Japan」)が提供する、YouTube上で無断使用されているコンテンツを、独自のAI技術で発見・特定して広告費の還元(マネタイズ)を行うRightsIDサービスを、日本で初めて採用することを決定いたしました。
1.本施策の背景と目的
 当社は、基幹事業である著作権管理業務に加えて、デジタルコンテンツディストリビューション業務やキャスティング事業等の事業を展開しており、数多くのコンテンツホルダーとのネットワークを保有しています。また、デジタルコンテンツディストリビューション業務で展開するContent ID運用についても注力しており、YouTubeで発生する広告費等を権利者に還元しています。
 一方、Vobile Japanは、Vobile Groupが独自に保有するAI技術を活用した、YouTubeからの広告費の一部を還元・実行するサービス(サービス名:RightsIDサービス)の展開を日本国内で開始しました。RightsIDサービスは、YouTubeが提供するContent IDサービスと連携して機能し、Content IDサービスで検知することができなかったコンテンツの2次利用を発見し、さらなる収益化を実現します。
 今回RightsIDサービスの実績や運用等について詳細の確認及び検討を行った結果、当社にとって非常に有益なサービスであると判断いたしました。本施策によって、Content IDによる権利者への収益還元を最大化していきたいと考えております。

■当社コメント
 この度、RightsIDサービスの日本国内初のパートナーとなることにたいへん大きな喜びを感じております。音楽業界にとってYouTubeは、もはやプロモーションの場に留まらず、ビジネス面でも非常に重要なサービスの1つとなっています。米国において高度なノウハウと高い実績を誇るRightsIDサービスの導入によってより精度の高い管理を実現し、日本国内のコンテンツホルダーの皆様へ、より多くの対価を還元して参ります。

■Vobile Japanコメント
 今回日本で初めてNexTone様に採用いただくことで合意したRightsIDサービスは、米国では長年にわたりYouTubeの理解のもとに、多くの映画会社、テレビネットワーク、音楽レーベルなどに採用いただいており、累計では150億円を超える還元額を達成しております。その米国でのサービスを通じて蓄積した技術、ノウハウを最大限活用し、NexTone様が得る還元額の最大化に向けて誠心誠意努めて参ります。

2.今後の見通し
 本契約が、当社グループの2021年3月期の損益状況に及ぼす影響は軽微です。

以上


■株式会社NexTone 会社概要
名称   :株式会社NexTone
URL   :https://www.nex-tone.co.jp
設立   :2000年9月
代表者  :代表取締役CEO 阿南 雅浩 代表取締役COO 荒川 祐二
所在地  :東京都渋谷区広尾一丁目1番39号 恵比寿プライムスクエアタワー20階
事業内容 :著作権管理業務、デジタルコンテンツディストリビューション業務、キャスティング・コンサルティング事業 等

■Vobile Japan株式会社 会社概要
名称   :Vobile Japan株式会社
URL   :https://vobile.co.jp/
設立   :2010年12月
代表者     :代表取締役  大藤 健
所在地  :東京都渋谷区渋谷1丁目12-2 クロスオフィス渋谷303
事業内容 :海賊版防止サービス、コンテンツ活用サービス
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社NexTone >
  3. 日本で初めてとなるRightsIDサービス導入のお知らせ