PriceTechカンパニーの株式会社空、「PriceTech業界カオスマップ」を公開


■PriceTechとは
当社が「Price(価格)」と「Technology(技術)」を組み合わせて作った造語です。「ダイナミックプライシング」をはじめとして、Technology(技術)を使ってPrice(価格)を決める手法やサービス全般を表しています。

■カオスマップ作成の背景
近年、日本においてもテーマパークやスポーツ観戦のチケットを中心に、需給に合わせて価格を変動させる手法「ダイナミックプライシング」の導入が、企業側から進みつつあります。当社が提供しているホテル向け料金設定サービス『MagicPrice』もその一つで、数々の大手ホテルチェーンによる導入が進んでいます。
また、CtoCマーケットプレイスやエンタメ領域を中心としたチップ式サービスの普及により、消費者が自分で価格を決める行為も一般化しつつあり、消費者の「プライシング(値付け)」に対する価値観も大きく変化しようとしています。
このように、プライシングは企業側・消費者側の双方から注目を集めています。プライシングに関わるサービスや企業をまとめることで、「PriceTech」に対する適切な認知と理解の形成が促進されればと考え、公開に至りました。
※本カオスマップはBtoCサービスにおける決済基盤を中心に幅広くサービスを展開されているネットプロテクションズと共同で制作いたしました。新サービス「あと値決め」の開始にお祝い申し上げるとともに、制作に多大なご協力を賜りましたこと、お礼申し上げます。

■カオスマップの解説
[ダイナミックプライシング:需給や競合の価格等を元に価格を動的に変動]
  • 需給や競合に関するデータを元に価格を導出する仕組みを持っているサービスと、価格はサービス利用者側で検討し価格を反映させる仕組みを持っているサービスに分類される
  • 前者はEC、ホテル、チケット、駐車場を中心に展開が進む
  • 後者はECが中心に展開が進む
  • 宿泊、航空、テーマパーク、運送、小売の業界大手は、豊富なデータを元に自社でシステムを開発・運用
[プレプライシング:定価がなく、購入前に価格が決定]
  • ECを中心に自社開発、運用が主流
  • メルカリやヤフオク!といったCtoCマーケットプレイスにおける活用がすでに普及
[ポストプライシング:購入/利用後に価格が決定]
  • 他のプライシング領域と比較すると立ち上がり始めたばかりの領域
  • 特にエンタメ領域においてチップ式の活用が進む
  • プロモーション、PRを目的として、新商品リリースの際に活用される事例も

■カオスマップのダウンロード
こちらより高画質データとしてカオスマップをダウンロードいただけます。
https://drive.google.com/drive/folders/1JovQl8wsRlYQONC4kV7z7dGGDjLnsM6Q?usp=sharing


■株式会社空
https://www.sora.flights/
設立:2015年
代表取締役:松村 大貴
所在地:東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル11階  PORTAL POINT YURAKUCHO
事業内容:Price(価格)とTechnology(技術)を組み合わせたPriceTech(プライステック)企業として、データ分析を元にした価格最適化サービスを行う。ホテル向けにレベニューマネジメントサービス、『MagicPrice』を提供中。

■プレスキット
掲載画像よりも高解像度の写真・画像をお求めの場合、こちらよりダウンロードしてご活用ください。
https://drive.google.com/drive/folders/1v2gyYBzMb1nmWdd9i9vJciJC82lLlpuz?usp=sharing

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
株式会社空
東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル11階  PORTAL POINT YURAKUCHO
広報担当 村田
メール info@sora.flights
※マップへの抜け漏れや訂正、ロゴの利用等に関するご指摘がございましたら上記のメールアドレス宛にご連絡ください。順次確認いたします。
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社空 >
  3. PriceTechカンパニーの株式会社空、「PriceTech業界カオスマップ」を公開