統合型インテリジェンスが特長のAgilent 8697 ヘッドスペース サンプラを発表

統合技術により、真のシステムアプローチをガスクロマトグラフに提供

<お知らせ>                                                      2021年3月16日

アジレント・テクノロジー株式会社(社長:合田 豊治、本社:東京都八王子市高倉町9番1号)は、アジレントのヘッドスペースサンプラで初めてGC(ガスクロマトグラフ)と通信機能が統合された「Agilent 8697 ヘッドスペースサンプラ」を発表します。この製品は2016年のAgilent Intuvo 9000 GCシステム、2019年のAgilent 8890および8860 GCシステムの発表時のコンセプトだったインテリジェントな機能を拡張するものとなります。

当社のガスフェーズソリューション事業本部 バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーであるMike Zhangは次のように語っています。
「当社は、製薬分野のお客様を中心に、リモートアクセスとインテリジェンな装置に対するニーズが高まっていることを把握しております。4年前にIntuvoを、さらに2年前に8890および8860 GCを投入し、当社はGCプラットフォームのインテリジェント機能、診断機能、トラブルシューティング機能を拡充してまいりました。」

8697には複数の利点があります。マイクロチャネルベースのEPCモジュールと大気圧補正およびサンプルループ方式のサンプリング機能などの最先端のハードウェア機能を備えているため、精度と性能が非常に優れています。お客様は、より充実したトラブルシューティング機能、ヘッドスペースとGCシステムの接続堅牢性向上、ヘッドスペース ガスクロマトグラフ (HS-GC) システムのインテリジェンス向上による統合装置接続などの利点を得られます。

さらに、取り外し可能なサンプルラックはヘッドスペースサンプラの稼働中でも交換できるため、シーケンス(連続測定)中にサンプルを追加できます。独立式のキャリア流路を採用しており、代替キャリアガスの使用が可能で、バイアルを安全にベントできます。また、ヘッドスペースサンプラからのステータス情報を GC インタフェースに直接表示でき、お客様はラボのネットワークが許す限りどこでも簡単にシステムにアクセス可能です。

当社のガスフェーズソリューション事業本部 マーケティング担当アソシエイト・バイスプレジデントであるEric Denoyerは次のように語っています。
「8697は、お客様が分析したい数多くのサンプルの分析にも最適です。当社は今後もスマートコネクテッドGCを継続的に投入し、GCプラットフォームの枠を超えてまいります。」

アジレント・テクノロジーについて
 アジレント・テクノロジー (NYSE:A)は、ライフサイエンス、診断、応用化学市場におけるグローバルリーダーで、生活の質を向上させるインサイトやイノベーションを提供しています。当社の機器、ソフトウェア、サービス、ソリューション、人材は、お客様が抱えるきわめて困難な課題に信頼できる答えをお届けします。2020 年度の売上高は 53 億4000万米ドルでした。従業員は全世界で 16,400 人となります。アジレント・テクノロジーの情報は、http://www.agilent.com でご覧ください。アジレントの最新の情報を得るには、Newsroomを購読してください(英語)。Linked In、Twitter 、Facebook でアジレントをフォローしてください(英語)。
※このプレスリリース中の「アジレント・テクノロジー」、「アジレント」、「当社」は、文脈により、「アジレント・テクノロジーズ・インク」、その日本法人や各国の法人、グループ全体を指すことがあります。

お客様からのお問い合わせ先
カストマコンタクトセンタ
電話:0120-477-111
電子メール:email_japan@agilent.com


※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アジレント・テクノロジー株式会社 >
  3. 統合型インテリジェンスが特長のAgilent 8697 ヘッドスペース サンプラを発表