フォントワークス、テレビ朝日オリジナルフォント『テレ朝UD』を開発

フォントワークス株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長CEO原田 愛)は、株式会社テレビ朝日の報道情報番組に向けたオリジナルフォント『テレ朝UD』を共同開発・提供いたしました。

 


テレビ朝日のオリジナルフォント『テレ朝UD』は、テレビ朝日の長年の経験に基づくテレビテロップの知見と強いこだわりを、フォントワークスのフォント制作の技術で実現したオリジナルフォントです。
多様化が進む“デジタル映像メディア”の時代に合わせて、テレビ放送だけでなく、スマートフォン・タブレット端末など様々な画面サイズで文字の視認性を実現しました。

フォントワークスの「UD角ゴ_ラージ」をベースに、UD=ユニバーサルデザインの特性を活かしてテレビ朝日がデザインしたプロトタイプからフォントデータを作成。デバイスを選ばない視認性の高さを追求した結果、様々なデジタルシーンにも適したフォントが完成しました。

 

書体の特徴

1.クセのないシンプルな文字
 

報道情報番組のフォントとして、視認性の向上にそぐわないと判断した“表現”を徹底的に排除し、文字の“見分けやすさ”を最優先に、ひらがな・カタカナ・数字・アルファベット・記号のいずれにおいても、シンプルで見やすい文字を追求しました。
 


2.文字の画数による濃淡を低減

 

 

日本語表現には、画数の多い漢字と形がシンプルで画数の少ない英数字が混在するため、濃淡の問題があります。漢字と英数字のサイズを“対等”にすることで、濃淡の見え方の差を解消し、オリジナルフォントでしか実現し得ないデジタルシーンに最適な“バラつきのない視認性”を実現しました。


3.デジタル時代の明瞭な「数字」
 

報道分野でとりわけ重要な情報となる「数字」については、とくに可読性の高さを追求し、詳細に検討を重ねました。単体の数字でも桁数の多い数字でも、フラットかつ均一な読みやすさで、瞬時に数値を認識できるデザインを実現しています。

株式会社テレビ朝日 技術局コーポレートデザインセンター 福田隆之氏コメント
 

テレビ朝日のオリジナルフォント作成を含む、番組デザインへの取り組みは、デジタルメディアへの広がりを意識したもののひとつです。アドバタイザーと共に番組ブランド価値の維持向上と、変化し続ける視聴環境に対応していきます。


『テレ朝UD』は10⽉より以下8番組で使用されます。

 



 









フォントワークス株式会社について

「もじと もっと じゆうに」。私たちは進化し続けるコミュニケーションを常に予見し、時代と環境に適した機能・サービスを提供しています。
フォントをより身近に、より多くご活用頂ける、業界初の年間定額制フォントサービス「LETS(Leading Edge Type Solution)」を2002年に開始し、世界中の人と人、人と情報、人と作品の距離を縮めることに貢献してまいりました。オリジナルフォント制作やデジタル家電や⾞載機器・医療機器といった各種デバイスへの組込み⽤フォントとシステムも提供しています。  URL:https://fontworks.co.jp/

【お客様からのお問い合わせ先】
フォントワークス株式会社 サポートセンター e-mail:info@fontworks.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. フォントワークス株式会社 >
  3. フォントワークス、テレビ朝日オリジナルフォント『テレ朝UD』を開発