マーサージャパン、新型コロナウィルスに対する企業対応のスナップショットサーベイ結果を発表

世界最大級の組織・人事コンサルティング会社マーサーの日本法人であるマーサージャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役・島田圭子)は、世界的に拡大を続ける新型コロナウィルス感染症に対する各企業対応状況や取組み、今後の施策などに関するスナップショットサーベイを実施した。

日本国内においても、2月25日に新型コロナウィルス感染症対策の基本方針が公表されて間もなく安倍首相による小中高の3月2日からの一斉休校要請の他、様々なイベント・集会の中止・延期要請などがなされている。適切な感染拡大防止策や従業員支援策の検討、業務運営の基準作りの一助となるべく行われた本調査には計579社の企業が参加した(募集期間:2月27日~3月4日)。

対策方針の意思決定については、経営陣による意思決定が過半を占め(54%)、次いで人事(20%)、BCP統括部門(17%)となり、事業部門に委ねるケースは極めて少数(1%)だった。全社共通の対応としては、総じて不要・不急な出張の中止・延期やテレワークへの切替など、感染拡大防止にあたり必要な施策を実行する一方、ビジネス面の影響や4月以降の業務計画の見直しについては慎重に見極める姿勢が大半であり、悲観的なトーンが比較的強いメディア報道に比べ、企業の現場では比較的冷静な対応が多く見受けられる。一方で、感染拡大防止に向けた対応・施策が十分に整備されていない企業も散見され、個別企業毎の危機管理や業務・ITインフラ、リーダーシップのあり方の違いが浮き彫りになった。

在宅勤務・テレワークについては、全体の約8割(82%)の企業が何らかの形で全社、または一部の部門で実施をしており、働き方改革の中で近年徐々に整備してきた仕組み・インフラを活用し、今回の危機に対処している状況がみられる。一方で全体の約2割(18%)の企業では、実施のインフラが整っていない(78%)、関連規程・ルールが整備されていない(66%)、業務特性がテレワークに適していない(62%)ことがテレワーク導入にあたってのネックになっている。

新型コロナウィルスがもたらす今後のビジネスへの影響については、全体の約3割の企業がネガティブな影響を与える可能性が高い(29%)と懸念する一方、多くの企業では現時点での具体的な影響は不明(61%)と回答。すでに2020年度の予算や業務計画の見直しに着手している企業は1割(10%)、今後予算や計画見直しの可能性が高い企業(16%)と、現時点で計画見直しの可能性が高い企業は1/4にとどまり、現状では影響を見通しきれない企業が多い様子がうかがえる。各企業内においては、より感染拡大防止・従業員支援に資する人事管理ルール、業務運営ルールやガイドラインを早急に整備していくことが求められている。

新型コロナウィルスに対する企業対応のスナップショットサーベイのサマリレポート(ダイジェスト版)はこちら(https://www.mercer.co.jp/our-thinking/career/managing-novel-coronavirus-risk-precautionary-measures.html)をご覧ください。


マーサーについて
マーサー(https://www.mercer.co.jp/) はより輝かしい未来は築くことができるものと信じています。私たちはクライアントと共に、仕事そのものを再定義し必要な改革に導き、退職制度や年金の投資成果を再構築します。そして、真の健康とウェルビーイングへと導くビジョンを掲げています。全世界約25,000名のスタッフが44ヵ国をベースに、130ヵ国以上でクライアント企業と共に多様な課題に取り組み、最適なソリューションを総合的に提供しています。マーシュ&マクレナン(NYSE:MMC)グループの一員として、日本においては 40年以上の豊富な実績とグローバル・ネットワークを活かし、あらゆる業種の企業・公共団体に対するサービス支援を行って います。

マーシュ&マクレナンについて
マーシュ&マクレナン(ニューヨーク証券取引所コード: MMC)は、グローバルプロフェッショナルサービスを提供する企業グループとして、顧客企業にリスク、戦略、人材分野の助言とソリューションを提供しています。マーシュ(保険仲介とリスクマネジメント/https://www.marsh.com/jp/)、ガイ・カーペンター(再保険仲介・コンサルティング/http://www.guycarp.com/)、マーサー (組織・人事マネジメント・コンサルティング/https://www.mercer.co.jp/)、そしてオリバー・ワイマン(戦略コンサルティング/https://www.oliverwyman.jp/)から構成されており、年間総収入170億米ドル、全世界に76,000名の従業員を擁し、世界各地の顧客に分析・アドバイスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. マーサージャパン株式会社 >
  3. マーサージャパン、新型コロナウィルスに対する企業対応のスナップショットサーベイ結果を発表