SDGsへの取り組みについて~S-PULSE SDGs ACTION 地域とともに未来につなぐ~

清水エスパルスはクラブ創設以来、社会貢献活動を推進してきました。この度、エスパルスとしてSDGsにも積極的に取り組んでいく姿勢の表明として、優先的に取り組むSDGs目標ならびにロゴ・キャッチフレーズを策定致しましたのでお知らせ致します。

【社会貢献活動方針】
サッカーを愛し、地域スポーツ文化の発展に寄与するクラブとして、次世代にサッカーを快適に楽しめる環境を残すのはクラブの義務だと考えています。一流のサッカークラブを目指すのみならず、社会貢献活動(サステナビリティ)においてもグローバルスタンダードをクラブの標準としていきます。

【SDGsとは】
SDGsとは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成されます。Sustainable Development Goalsの略。

【優先SDGs目標選定プロセス】
エスパルスとして優先的に取り組むSDGs目標をマテリアリティ分析を経て、7つに絞り込みました。
①指標の設定→②ステークホルダーからの期待の評価→③事業活動との関連性の評価→④重要課題の特定→⑤優先SDGs目標の決定

【優先SDGs目標】
7つの目標とは、【3】"すべての人に健康と福祉を"、【4】"質の高い教育をみんなに"、【5】"ジェンダー平等を実現しよう"、【11】“住み続けられるまちづくりを”、【13】"気候変動に具体的な対策を"、【16】“平和と公正をすべての人に”、【17】“パートナーシップで目標を達成しよう”です。これらの優先SDGs目標は、Jリーグ理念及びJリーグ社会連携本部シャレン!の活動、エスパルス基本理念及び事業活動との関連性、ホームタウン静岡市を取り巻く環境及びステークホルダーからの期待を判断の根拠として社内及び外部識者との議論を通じて選定致しました。なお、優先的に取り組むSDGs目標を表明することはJリーグクラブ初のこととなります。


■ロゴ、キャッチフレーズ
優先SDGs目標とともにキャッチフレーズ、ロゴを選定致しました。キャッチフレーズは、『S-PULSE SDGs ACTION 地域と共に未来につなぐ』です。ロゴの「サッカーゴール」をモチーフとしたマークとキャッチフレーズには、SDGsロゴの17色のテーマカラーを使用しており、「17の目標の達成」というゴールを目指してエスパルスが事業を進めていくことを表現しています。

・ロゴ 横タイプ



・ロゴ 縦タイプ


■清水エスパルス 社会貢献活動URL
URL: https://www.s-pulse.co.jp/csr/

■Jリーグ 社会連携本部 シャレン!URL
URL: https://www.jleague.jp/sharen/

【お問い合わせ】
株式会社エスパルス 管理本部  ysasaki@s-pulse.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エスパルス >
  3. SDGsへの取り組みについて~S-PULSE SDGs ACTION 地域とともに未来につなぐ~