十和田市現代美術館×ArtStickerがコラボレーション開始。『十和田市現代美術館コレクション』『ArtsTowada 十周年記念 インター+プレイ展第1期』作品・展覧会紹介特設ページを公開

株式会社The Chain Museum(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:遠山正道、以下「The Chain Museum」)は、当社の所蔵する作品《RR Haiku 061》(ラファエル・ローゼンダール作)が十和田市現代美術館に紹介されたことを機に、当社が運営するアート・コミュニケーションプラットフォーム「ArtSticker(アートスティッカー)にて同館のコレクション及び展示会情報発信等のコラボレーションを展開していきます。 

 

コラボレーションの第一弾として、草間彌生、奈良美智、ロン・ミュエクなど世界の第一線で活躍するアーティストらによるコミッションワークで構成された『十和田市現代美術館 コレクション』(https://bit.ly/3wGtgje)と、2021年8月29日まで開催中の『Arts Towada 十周年記念 インター + プレイ展 第1期』(https://bit.ly/3oX5zk1)の作品・展覧会紹介特設ページをArtStickerにて公開いたしました。これにより、鑑賞者はArtStickerの地図機能を活用し、十和田市現代美術館内や館外にも点在するコレクション作品の位置情報を辿りながら、より便利に作品を鑑賞することができます。

 

  • 背景:十和田市現代美術館への作品展示

株式会社The Chain Museumは、アーティストと鑑賞者の新しい関係性が生まれる場をつくるアート・コミュニケーションプラットフォーム「ArtSticker(アートスティッカー)」を展開する “Platform事業”と、街にひらかれた、小さくてユニークなミュージアムをつくる“Museum事業”を展開しています。

その“Museum”事業の一環として、当社が所蔵する作品《RR Haiku 061》(ラファエル・ローゼンダール作)を十和田市現代美術館に期間を限定し、展示しています。

ラファエル・ローゼンダール《RR Haiku 061》撮影:小山田 邦哉
 

  • 背景:十和田市現代美術館コレクションのリニューアル
十和田市現代美術館は、2020年に十和田市のアートによるまちづくりプロジェクト「Arts Towada」がグランドオープン10周年を迎えたことを機に、初めて常設作品を入れ替え、展示室を増築。また、寄託作品を展示し、新たな作品を合計3点公開します。そのうちの2点、新たにコレクションとして加わった塩田千春《水の記憶》、寄託作品として展示をしている名和晃平《PixCell-Deer#52》は今年の4月より公開中です。

これらの作品は、当社の所蔵作品である、ラファエル・ローゼンダール《RR Haiku 061》や、草間彌生、奈良美智、ロン・ミュエクなど世界の第一線で活躍するアーティストの作品と共に展示されています。
 
  • 概要:「十和田市現代美術館」×ArtSticker コラボレーション 第一弾

今年4月に新たに作品が追加された『十和田市現代美術館コレクション』と、2021年8月29日まで開催中の『Arts Towada 十周年記念 インター + プレイ展 第1期』の作品・展覧会紹介特設ページをArtStickerにて本日より公開しています。

----------
▼『十和田市現代美術館コレクション』作品紹介特設ページ
https://bit.ly/3wGtgje

​----------


【作品鑑賞にご活用いただけるArtStickerの機能】

■作品紹介
コレクションの作品解説を閲覧でき、より深い鑑賞体験をすることができます。

塩田 千春《水の記憶》 撮影:小山田 邦哉
©2021 JASPAR, Tokyo and SHIOTA Chiharu


■地図機能
十和田市現代美術館内だけでなく、アート広場や官庁街通りなど、館外にも点在するコレクション作品を位置情報を頼りに辿ることもできます。

 



----------
▼『Arts Towada 十周年記念 「インター + プレイ」展 第1期』展覧会紹介特設ページ
https://bit.ly/3oX5zk1
----------

【展示風景のイメージ】

松原 慈《真実/自由》"Arts Towada十周年記念 「インター + プレイ」展" 展示風景(十和田市現代美術館、青森、2020 年)撮影:小山田 邦哉


今回の発表にあたり、十和田市現代美術館 様より、以下のエンドースメントを頂戴しています。
十和田市現代美術館がThe Chain Museumの一角になったことを嬉しく思います。

当館は、美術館の中や建物の外、まちなかに作品が点在し、美術館とまちとの境界線をなくした「開かれた」美術館として存在しています。

The Chain Museumの「ミュージアム」も、オフィスや商業施設の一角など日常の様々な場所にアーティストの作品を展示し、全体で1つの美術館に見立てる分散型のプロジェクトです。美術館の構想とThe Chain Museumの考え方との親和性も高く、WEBを介してさらなる広がりを生み出していけると思います。

《RR Haiku 061》は、2018年の企画展「ラファエル・ローゼンダール: ジェネロシティ 寛容さの美学」にて展示した作品でもありますが、The Chain Museumの「ミュージアム」の作品として企画展終了後も長期にわたり展示されています。

The Chain Museumのコンセプトは、この作品の作者ラファエル・ローゼンダールの考え方——作品がウェブサイトで発表され、誰でもいつでも鑑賞(アクセス)ができるという開かれた作品のあり方にもつながると思っております。さらに、ArtStickerのプラットフォーム上で当館のコレクション作品や企画展に興味を持っていただく機会が増えることを期待しています。

 

  • 十和田市現代美術館について
十和田市現代美術館は「アートを通した新しい体験を提供する開かれた施設」として、Arts Towada計画の中核となる施設。十和田でしかみることができない作品が展示されている常設展は、草間彌生、ロン・ミュエクなど世界で活躍するアーティスト陣によるコミッションワークにより構成されている。また常設展スペースのほか、文化芸術活動の支援や交流を促進する拠点として、企画展スペース、カフェ、市民活動スペースなど、多様な機能を持つ。

▼十和田市現代美術館 公式サイト
https://towadaartcenter.com/
  株式会社The Chain Museumが開発。アートに出会う機会と、対話を楽しむ場所を提供し、アート鑑賞の「一連の体験をつなぐ」プラットフォームです。著名アーティストから注目の若手アーティストの作品まで、幅広く収録。作品のジャンルも、インスタレーション、絵画、パフォーミングアーツなど、多岐にわたっています。
 
  • 「ArtSticker」でできること

 


国内外、様々なジャンルの作品と出会えて、くわしい情報も見られます。キーワードで検索して探すこともできます。

 


金額に応じた色の「スティッカー」を好きな作品に貼ることで、アーティストを直接・気軽に支援できます。

 


気になったイベントや展示会のチケットも、その場でオンライン購入。
アプリをひらいてQRコードを提示するだけで、すぐ入場できます。
 


作品を購入して、アーティストを支援することもできます。お気に入りの作品を、ぜひあなたのお手元に。

 


美術館・博物館・ギャラリーや
芸術祭などで、あなたのスマホから音声ガイドを聴くことができます。



※スティッカーのお金は、アーティストの作品写真をアプリ上で利用する対価、ArtStickerを運営するThe Chain Museumの手数料、作品にかかわるプロジェクト主催者等への寄附の合計額です。
手数料は、ArtStickerの活動費として、様々なアーティストとの共同プロジェクトに役立てられます。また、作品によっては、プロジェクト主催者等への寄附を含まないものもあります。
  ▼「ArtSticker」 iOS版
App Store:
https://apps.apple.com/app/artsticker/id1446438049

▼「ArtSticker」 Android版
Google Play:
https://play.google.com/store/apps/details?id=art.tcm.artsticker
 
  • 株式会社The Chain Museum 概要
​社名   :株式会社 The Chain Museum(読み:ザ・チェーンミュージアム) 
所在地  :東京都目黒区中目黒一丁目10番23号
代表者  :代表取締役社長 遠山 正道
HP           :https://t-c-m.art/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社The Chain Museum >
  3. 十和田市現代美術館×ArtStickerがコラボレーション開始。『十和田市現代美術館コレクション』『ArtsTowada 十周年記念 インター+プレイ展第1期』作品・展覧会紹介特設ページを公開