Linux Foundation と GSMA、NFVI 向け業界共通フレームワークへの取り組みで協力

エコシステムによる共通のNFVIフレームワークへの取り組みを支援するために発足したオープン インダストリ タスクフォース

LF Networking (LFN) と GSMA は 6月27日 (米国時間) 、Network Functions Virtualization Infrastructure (NFVI : NFVインフラストラクチャ) 向けに業界共通のフレームワークを作成するためのパートナーシップを発表しました。
2019年6月27日 サンフランシスコ発 ー LF Networking (LFN https://www.lfnetworking.org/ ) と GSMA は、Network Functions Virtualization Infrastructure (NFVI : NFVインフラストラクチャ) 向けに業界共通のフレームワークを作成するためのパートナーシップを発表しました。GSMA がホストし、Linux Foundationと協力して立ち上げた Common NFVi Telco Taskforce (CNTT) は、共通の NFVI フレームワークの作成と文書化に取り組むオープン コミッティーとして活動します。業界が連携して取り組む NFVI フレームワークは、インフラストラクチャから VNF (Virtual Network Function) まで、テレコミュニケーション スタック全体にわたるデプロイメントの加速を促進します。

GSMA の CTO である Alex Sinclair 氏は、次のように述べています。
「通信事業者は、自社のネットワークを物理的環境から仮想化またはクラウド環境に移行することによる重要なデジタル変革期を迎えています。しかし、複数の異なるベンダーを共通のインフラストラクチャに統合するなど、これは困難で時間のかかるプロセスです。共通のアプローチとフレームワークにより、通信事業者は統合にかかる時間とコストを大幅に削減し、採用とデプロイメントを加速させるでしょう。」

Linux Foundation のネットワーキング、オートメーション、エッジ & IoT 担当ゼネラルマネージャーの Arpit Joshipura は、次のように述べています。
「GSMA と協力し、業界全体で NFVI への取り組みをシンプルにすることを嬉しく思います。CNTT は、NFVI / ONAP / VNF / OPNFV 各イニシアチブがデプロイメントを加速させるために協力する私たちが推進しているOVPプログラムの鍵となる活動です。」

CNTT は、グローバル サービス プロバイダー緊密に連携し、NFVI (グローバル NFVI リファレンス モデル、リファレンス アーキテクチャ、グローバル VNF サーティフィケーション ライフサイクルから構成される) 向けの VNF リファレンス アーキテクチャを定義・作成します。共通の NFVI リファレンス アーキテクチャは、OPNFV 検証プログラム (OVP) を介してテスト・検証のために LFN に提出されます。オープンソース SDN / NFV / VNF とネットワーク オートメーションは、業界が 5G に向けて移行するにつれてデファクトのビルディング ブロックになりました。

CNTT は、7月23日 〜 25日パリで Face-to-Face ミーティングを行い、リファレンス モデル開発を議論し、OPNFVプロジェクト、プロセス、手順との統合要件を分析します。キャリアとベンダーの両方に開かれており、同タスクフォースへに興味がある人は誰でも参加できます。登録情報はこちら https://events.linuxfoundation.org/events/cntt-f2f/ をご覧ください。
CNTT の詳細は、Open Networking Summit North America 2019 の “Creating a Common NFVI https://events.linuxfoundation.org/wp-content/uploads/2018/07/Common-NFVi-ONS-Presentation-20190403v2-1.pdf ” プレゼンテーションを参照してください。

Linux Foundationについて

2000年に設立されたLinux Foundationは、1,000を超えるメンバーによってサポートされており、オープンソース ソフトウェア、オープン スタンダード、オープン データ、およびオープン ハードウェアに関するコラボレーションにおいて世界をリードしています。Linux、Kubernetes、Node.jsをはじめとするLinux Foundationのプロジェクトは、世界のインフラに必要不可欠な存在です。Linux Foundationは、ベスト プラクティスを活用し、貢献者、ユーザー、およびソリューション プロバイダーのニーズに対応することにより、サステナブルなオープン コラボレーション モデルを生み出します。詳細については、linuxfoundation.org をご覧ください。

GSMA について

GSMA は、世界中のモバイル通信事業者の利益を代表し、携帯電話・デバイスメーカー、ソフトウェア会社、機器プロバイダー、インターネット会社のほか、隣接する業界分野の組織など、400カ国近くで750社以上の通信事業者を結びつけています。また GSMA は、毎年バルセロナ、ロサンゼルス、上海で開催する業界最先端のMWCイベントや、地域カンファレンス Mobile 360 シリーズを開催しています。

詳細は、GSMAコーポレートサイト www.gsma.com をご覧ください。Twitter @GSMA をフォローしてください。

###

The Linux Foundation はさまざまな商標を登録および使用しています。The Linux Foundation の商標一覧はこちらのページ ( https://www.linuxfoundation.jp/trademark-usage/ ) でご確認いただけます。
Linux は Linus Torvalds の登録商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. The Linux Foundation Japan >
  3. Linux Foundation と GSMA、NFVI 向け業界共通フレームワークへの取り組みで協力