スウェーデン陶芸家「リサ・ラーソン展覧会」特設サイトオープン!

(株)トンカチは、日本におけるリサ・ラーソンの著作権を管理し、直営店ショップやTONKACHI STORE (https://shop.tonkachi.co.jp/)等にて、リサ・ラーソンの陶器や雑貨を販売しております。

 

2020年2月23日(祝・日)より「リサ・ラーソンの展 創作と出会いをめぐる旅」が
東京 松屋銀座会場を皮切りに全国巡回予定で開催されます。

 

本展ではリサ・ラーソンの幼少時代からヨーテボリでの学生時代、グスタフスベリの工房時代と彼女の創作の旅路をたどりながら約200点の作品を展観します。

彼女が創作において影響を受けた、北欧を代表するデザイナー「 スティグ・リンドベリ」などの作家たちの作品も、それぞれの作家について語るリサ・ラーソンの言葉と合わせて約20点ご紹介。素晴らしい作家との出会いや、旅行・留学先での文化など新しいものとの出会いをたどることで、リサの作品の魅力に迫ります。

 

特設サイトでは、展覧会のみどころや、展覧会の公式グッズ、同展から先行発売となる陶器、初登場となる新作アイテムの情報がもりだくさん。最新の情報を随時更新していきますのでぜひ、ご覧ください!

「リサ・ラーソン展 創作と出会いをめぐる旅」


開催概要
「リサ・ラーソン展 創作と出会いをめぐる旅」
開催期間:2020年2月23日(祝・日)〜3月4日(水)
時間:10:00〜20:00
※入場は閉場の30分前まで。最終日は17:00閉場。
※一部開場時間が変更になる日あり。
会場:松屋銀座8階イベントスクエア
入場料:一般1,000(700)円、高校生700(500)円、中学生500(400)円、小学生300(300)円
※( )内は前売料金。前売券は、ヤフーパスマーケット、ローソンチケット(Lコード:31442)、セブンイレブンにて2020年2月22日(土)まで販売。

<問い合わせ先>
松屋銀座
TE:03-3567-1211(大代表)

<今後の巡回先>
2020年3月 滋賀県立陶芸の森
2020年7月 いわき市立美術館
※約2年間で全国を巡回予定。

リサ・ラーソン / 陶芸家

1931年、スウェーデンのスモーランド地方・ハルルンダ生まれ。Stig Lindberg(スティグ・リンドベリ)
に見出され、スウェーデン最大の陶芸製作会社Gustavsberg(グスタフスベリ)社で活躍。
1979年に独立。以後、現在に至るまで精力的に創作活動を続けている。日本で一番有名な北欧の猫キャラクター「マイキー」の生みの親としても知られる。

日本におけるリサ・ラーソンの著作権は、株式会社トンカチが管理しています。ライセンスに関するお問い合わせはこちらまで。


【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
(株)TONKACHI
TEL:03-5728-5147
contact@tonkachi.co.jp


 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社トンカチ >
  3. スウェーデン陶芸家「リサ・ラーソン展覧会」特設サイトオープン!