キュレーションマガジンAntenna[アンテナ]が、映画配給会社や音楽レーベルと提携して情報配信を開始

—24社の参画が決定、エンタメ・カルチャー分野のコンテンツを大幅拡充—

Antennaでは24社の映画配給会社・音楽レーベルとコンテンツ配信で提携
映画トレーラーやミュージックビデオなどを自動再生動画として配信する
株式会社グライダーアソシエイツ(本社:東京都港区、代表取締役社長:杉本哲哉、以下グライダーアソシエイツ)は、キュレーションマガジン Antenna[アンテナ]において、映画配給会社や音楽レーベルなどとコンテンツ配信で提携し、新作情報などの配信を開始することをお知らせします。すでに24社の参画が決定しており、今後さらに拡充してゆきます。

■背景
スマートフォンの登場により、若年層のメディア接触状況は大きく変化しています。テレビや雑誌、ラジオといったマスメディアへの接触時間が減り、情報収集の経路がスマートフォンへとシフトする傾向にあります(※1)。
一方ここ10年、若年層が興味を持つ分野は大きく変化しておらず、男女ともに映画や演劇、音楽やスポーツといったエンターテインメント・カルチャーの分野には引き続き高い関心を見せています(※2)。
Antennaは、通常の検索では見つからない情報との出会いを提供するキュレーションメディアとして、特にこのエンターテインメント・カルチャー分野の情報を強化。映画配給会社や音楽レーベルと直接コンテンツ配信で提携し、トレーラー(予告編)やミュージックビデオ、お笑いなどの動画コンテンツを自動再生動画として配信し、これら情報との新たなハブ(接点)を創出します。
(※1)(※2)出典:博報堂生活総研「生活定点1992-2014」より

■24社の参画が決定、今後さらに拡充を予定
すでにソニー・ピクチャーズ エンタテインメントやギャガ、松竹、ユニバーサル ミュージック、ワーナーミュージック・ジャパン、エイベックス・ミュージック・クリエイティヴなどすでに24社の参画が決定しており、今後さらに拡充してゆきます。

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント配給『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』より

ユニバーサル ミュージック 椎名林檎『至上の人生』より
 

Antennaは、『メディアofメディア』として、今後テレビやラジオといったマスメディア、さらにチラシやフリーペーパーなどの地域メディアとの連動も積極的に進め、生活者のメディア体験のリデザイン(再設計)を目指します。

【ご参画企業さま】(一部抜粋、50音順、敬称略)
○映画配給会社
・    アスミック・エース
・    アップリンク
・    ギャガ
・    松竹
・    ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
・    ティ・ジョイ
・    ファントム・フィルム
・    ビターズ・エンド

○音楽レーベル
・    エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ
・    キングレコード
・    テイチクエンタテインメント
・    スペースシャワーネットワーク
・    徳間ジャパンコミュニケーションズ
・    日本コロムビア
・    ヤマハミュージックコミュニケーションズ
・    ユニバーサル ミュージック
・    ワーナーミュージック・ジャパン

【PDFファイル】http://prtimes.jp/a/?f=d5122-20150301-4599.pdf
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グライダーアソシエイツ >
  3. キュレーションマガジンAntenna[アンテナ]が、映画配給会社や音楽レーベルと提携して情報配信を開始