デザイン会社グッドパッチが人気漫画「左ききのエレン」に登場。 UI/UXデザインの重要性と企業姿勢を伝えるオリジナルストーリー

左ききのエレン番外編「On Your Marks」Presented by Goodpatch

​株式会社グッドパッチ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:土屋 尚史、以下グッドパッチ)が、人気漫画「左ききのエレン」(原作版 かっぴー作)に登場します。この取り組みはUI/UXデザインのリーディングカンパニーであるグッドパッチが、現在のビジネスシーンにおけるUI/UXデザインの価値を社会に広めること、そしてグッドパッチの企業姿勢を伝えるための取り組みとなります。

 

株式会社グッドパッチ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:土屋 尚史、以下グッドパッチ)が、人気漫画「左ききのエレン」(原作版 かっぴー作)に登場します。この取り組みはUI/UXデザインのリーディングカンパニーであるグッドパッチが、現在のビジネスシーンにおけるUI/UXデザインの価値を社会に広めること、そしてグッドパッチの企業姿勢を伝えるための取り組みとなります。漫画は前編が8月22日(木曜)、後編が8月29日(木曜)にそれぞれ「左ききのエレン」が連載されているコンテンツ配信サイト「cakes」にて掲載されます。

 

左ききのエレン番外編「On Your Marks」Presented by Goodpatch

前編:8.22(木)AM10時 後編:8.29(木)AM10時  cakes上にて公開

URL:https://cakes.mu/posts/26850


■左ききのエレン番外編「On Your Marks」Presented by Goodpatch ストーリー

最強の国際クリエイター集団「アントレース」で若いながらもテクニカルディレクターとして活躍する女性マリーン・ウィンスロップ。彼女がクリエイションを学んだ原点。それは、東京にあるUI/UXデザインに特化したデザイン会社グッドパッチ。創業者である土屋尚史との出会いが、彼女の才能を開花させた。そしてそれは2012年に記録された、アントレースがただ一度だけ競合プレゼンに敗北した事件の始まりでもあった。アントレースvsグッドパッチ。広告クリエイター集団vsUXデザインカンパニー。これはクリエイションに関する思想が対立し、進化する過程の記録であり、一人の少女が走り出すまでの物語。

■株式会社グッドパッチについて
Goodpatchは、UI/UXデザインに特化したデザインカンパニーです。デザインパートナー事業では、新規事業の立ち上げ、既存事業のリニューアル、企業のデザイン戦略立案、デザイン組織構築支援などを行い、大企業からスタートアップまで企業が持つビジネス課題をデザインで解決しています。自社プロダクト事業としてプロトタイピングツール「Prott」、デザイナー特化型キャリア支援サービス「ReDesigner」を提供し、デザインの価値向上を目指しています。

 

<代表取締役社長兼CEO:土屋尚史コメント>

元々SNSポリスの時からかっぴーさんの漫画のファンで、左ききのエレンもずっと読んでました。作品に出てくる個性的なキャラクター達の発する力強いメッセージはいつも僕の心を揺さぶっていました。フィクションとは言え、クリエイティブ業界のリアルを上手く捉えているので、今後のストーリーでグッドパッチのような会社が出てくる事はあり得るだろうなと思ってました。それが今回ご縁があり、実在の会社としてストーリーに登場できる事をとても嬉しく思っています。今回の特別編のストーリーを通じて、デザイナーにとって広告だけではないUI/UXデザイナーの選択肢があるという事を感じてもらえると嬉しいです。

 

■会社概要
会社名: 株式会社グッドパッチ
代表者: 代表取締役社長 土屋 尚史
設立 : 2011年9月1日
資本金: 9億650万円(資本準備金を含む)
所在地:東京都渋谷区鶯谷町3−3 VORT渋谷south 2F
事業 : UI設計・デザイン、Webサービス開発
URL  :http://www.goodpatch.com/jp

 

■漫画「左ききのエレン」について

広告業界を舞台にクリエイターの葛藤を描いた人気漫画。「フェイスブックポリス」で一躍話題になり、「cakes
クリエイターコンテスト」で特賞を受賞した、かっぴー初の長編マンガ。作者:かっぴー 掲載サイト:cakes


かっぴー漫画家 / 株式会社なつやすみ 代表取締役社長
1985年神奈川生まれ。武蔵野美術大学を卒業後、大手広告代理店のアートディレクターとして働くが、自分が天才ではないと気づき挫折。WEB制作会社のプランナーに転職後、趣味で描いた漫画「フェイスブックポリス」をnoteに掲載し大きな話題となる。2016年に漫画家として独立。自身の実体験を生かしてシリアスからギャグまで、様々な語り口で共感を呼ぶ漫画を量産している。

 

<作者:かっぴーコメント>
これまでたくさんPRで漫画を描いてきましたが、今回はこれまでのPR漫画とちょっと違います。元々、現実世界の「クリエイター讃歌」のつもりで本作を描き始めたので、今回のコラボは、グッドパッチという実在するデザインカンパニーに「友情出演」して頂いた気持ちです!ストーリーもすごく気に入っているので、こういう関係者全員が幸せなタイアップ案件が増えると嬉しいと思ってます。
 

■cakes(ケイクス)について

cakesは、株式会社ピースオブケイクが運営する、多数のクリエイターや出版社と提携しているコンテンツ配信サイトです。読者とクリエイターをより身近に結びつけることで、コンテンツとの新しい出会いの場を提供します。cakesには無料で楽しめる記事もたくさんありますが、有料会員(週150円、月額500円)になるとすべての記事を好きなだけお読みいただけます。2012年9月にスタートし、現在の配信コンテンツは2万本以上にのぼります。
https://cakes.mu/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. グッドパッチ >
  3. デザイン会社グッドパッチが人気漫画「左ききのエレン」に登場。 UI/UXデザインの重要性と企業姿勢を伝えるオリジナルストーリー