「UCバークレー」の起業家育成プログラムの学習効果を『デザイン思考テスト』で可視化することに成功ーアメリカ教育機関で初

創造性を定量的に測ることに初めて成功した「デザイン思考テスト」(日米特許取得済)がUCバークレーのサマープログラムに導入され、指導効果・学習効果の証明をしました。

VISITS Technologies株式会社(所在地:東京都千代田区、代表:松本勝 以下、VISITS)の提供する「デザイン思考テスト」が、「UCバークレー・スタージャセンター」の起業家育成プログラム(Sutardja Center for Entrepreneurship and Technology、通称:SCET)に参加する受講生の学習効果測定を目的に導入され、デザイン思考力の伸びが定量的に確認されました。
デザイン思考テストは、激しく移り変わる時代においても新たな価値を創造できる価値創造人材が求められる中、今まで定量的に測ることが難しかった個人の創造力、つまり「本質的な課題発見力」と「解決策を創り出す能力」を客観的にスコアリングすることに初めて成功したツールです。

 


■「UCバークレー・スタージャセンター」起業家育成プログラムとは
UCバークレー・スタージャセンター(Sutardja Center for Entrepreneurship and Technology、通称:SCET)は、米国におけるテクノロジー起業家教育の主要なセンターの1つであり、起業家精神とイノベーションのトピックに関する40以上のコースを展開。加えて、夏季には主にカリフォルニア大学バークレー校の学部生と大学院生を対象とした、2ヶ月の集中的な独自の起業家精神プログラムを後援しています。このプログラムでは、起業家精神とデザイン思考力の開発に特に重点を置き、起業家になるための第一歩を踏み出すために必要なスキルの育成を行っています。

■実施概要
UCバークレー・スタージャセンターの2ヶ月間の起業家育成プログラムに参加する受講生によるデザイン思考力の指導効果及び育成効果を計測するため、プログラム実施前後で「デザイン思考テスト」を実施した結果、受検者32名の前後のスコアに顕著な違いを見ることができました。
受検者全体でデザイン思考スコアが平均7%上昇したほか、上位スコア者の割合がプログラム開始時は25.7%だったのに対し、終了時は40.1%となりました。またアイデア創出数は平均20%増加しました。終了時に上位だった学生の中には、アイデア数が2倍に伸びた場合や、アイデア数はわずかに減ったにもかかわらずアイデアの質が向上したためにスコアが伸びた場合も含まれていました。

 

 


■UCバークレー・スタージャセンターマネージングディレクターのKen Singer氏のコメント
イノベーションとアントレプレナーシップへの入門としてデザイン思考を学ぶ学部生と大学院生の能力を定量的に把握し、ベンチマークを見出すため、カリキュラムの中でデザイン思考テストを導入しました。VISITSのデザイン思考テストはそのデザインがユニークであり、デザイン思考の原則を体得し自分のものにした学生の成長を定量的にフィードバックするために非常に有用なアセスメントであることが分かりました。(Ken Singer, Managing Director and Chief Learning Officer, Sutardja Center for Entrepreneurship and Technology, UC Berkeley.)
詳細資料はこちら:https://design-thinking-test.com/cases/1

■「デザイン思考テスト」とは 
特許アルゴリズムを用い、これまで可視化できなかった「本質的な課題を発見し、解決策を考え出すことができる」人材、すなわち今後のビジネスパーソンに必須のマインドセットとスキルを持った人材を発掘することができます。同テストを繰り返し受検することにより、デザイン思考力を鍛え、伸ばすことが可能です。既に大手総合商社やコンサル、大手電機メーカーなどにおける同技術の使用実績は200社を超えています。
 ウェブサイト:https://design-thinking-test.com/organization

当技術を用いた各種セッションの受検者は13万人を突破しており、各企業での導入をはじめ、大学や高専といった学術機関でのプログラムや授業効果の測定など各領域での活用が広がっています。VISITSはイノベーション・DXの加速を支援すべくプロダクトの開発や拡販に向け尽力していく所存です。

【企業概要】 
ミッション:創造性を科学し、世界中の誰もが社会価値創造に貢献できるエコシステムを構築する
事業内容 :合意形成アルゴリズム「コンセンサスインテリジェンス技術」(日米特許)を活用したプロダクトを企画・開発・運営
所在地:東京都千代田区丸の内2-3-2 郵船ビルディング2F 
代表者:CEO/Founder 松本勝

■関連情報:
デザイン思考テスト 公式サイト:https://design-thinking-test.com/organization

■本件に関するお問い合わせ先■
VISITS Technologies株式会社 広報担当 info@vis-its.com

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. VISITS >
  3. 「UCバークレー」の起業家育成プログラムの学習効果を『デザイン思考テスト』で可視化することに成功ーアメリカ教育機関で初