PayPayにも対応 業界初、電子マネー決済対応の海外旅行保険専用新型自動販売機(専用端末)を導入

AIG損害保険株式会社(以下、「AIG損保」)は、今後ますます加速するキャッシュレス時代を見据え、空港でより手軽に海外旅行保険へ加入手続きいただくことを目的に、PayPayなどのQRコードやICカードを用いた電子マネーによる決済を可能とする完全キャッシュレス対応の自動販売機を業界に先駆けて導入します。2月27日の成田国際空港第二ターミナルへの導入を皮切りに、順次全国に展開予定です。

当端末では、従来のクレジットカードに加え、PayPayによる決済が可能となります。また、ICカードによる決済も春を目途に追加予定です。クレジットカードや電子マネーなど、キャッシュレス決済可能なツールが広く普及したことに伴い、今回、完全キャッシュレス対応の自動販売機導入を決定しました。海外への渡航者が2000万人を超え*1、海外がより身近なものとなりつつある中、空港での海外旅行保険加入は、旅行当日でも申込みできる便利さが好評です。今回の電子マネー決済の導入により、さらに手軽にお申込みいただけるようになります。

【新型自動販売機概要】
・PayPay、クレジットカード、ICカード*2決済による海外旅行保険契約が可能
・成田空港を皮切りに、全国の主要国際空港(羽田、関西、中部、福岡)に順次展開
・クレジットカード番号の手入力不要のカードリーダーを導入し、より 高いセキュリティを確保
・渡航先での急な事故にも対応できるよう、持ち運びに便利な紙による契約書も発行
・スマホ世代にも使いやすいタッチパネル式の申込み画面


AIG損保は、これまでもクレジットカード対応自動販売機のいち早い導入など、海外旅行保険のパイオニアとして、時代に先駆けた様々な取組みを行ってまいりました。これからも、時代に合わせた、お客さまにとってより利便性が高く、価値のあるサービス・商品をお客さまに提供してまいります。

*1 日本政府観光局調べ
*2 2020年春を目途に追加予定

 
<AIGについて>
AIG グループは、世界の保険業界のリーダーであり、80 以上の国や地域でお客さまにサービスを提供しています。創業以来の100年の経験に基づき、現在では、損害保険、生命保険、退職給付およびその他の金融サービスを幅広く提供しています。AIGグループの商品・サービスを通じた多岐にわたるサポートは、法人および個人のお客さまの資産を守り、リスクマネジメントおよび確かなリタイヤメント・セキュリティをお届けします。持株会社 AIG, Inc.はニューヨーク証券取引所に上場しています。
日本では、AIG損害保険株式会社、アメリカンホーム医療・損害保険株式会社、ジェイアイ傷害火災保険株式会社、AIGパートナーズ株式会社、テックマークジャパン株式会社などが事業を展開しています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. AIG損害保険株式会社 >
  3. PayPayにも対応 業界初、電子マネー決済対応の海外旅行保険専用新型自動販売機(専用端末)を導入