食べチョクが「#コロナでお困りの生産者さん」の応援プログラム延長と、出品可能な生産者の拡大を決定

これまで1週間で文旦が1.3トン、1ヶ月で玉ねぎ3トンをはじめとする多くの食材の販路を確保してきました。

こだわり生産者から直接商品を購入できるオンラインマルシェ『食べチョク』を運営する株式会社ビビッドガーデン(本社:東京都港区 代表取締役社長:秋元里奈)は、新型コロナウィルスによる影響を受け、3月2日(月)より実施してきた「#コロナでお困りの生産者さん」の応援プログラムの送料負担の延長と一部変更を決定しました。

さらに5月1日(金)より生産者の掲載基準を変更し、食べチョクに出品可能な生産者の対象を拡大します。

また、実施中の取り組みを全てまとめた特設ページも公開しました。

 
  • 「#コロナでお困りの生産者さんの応援プログラム」送料負担の延長と一部変更について
■概要
飲食店やホテルからの仕入れ減やイベント中止に伴い販路がなくなった生産者と、外出自粛により自炊が増えた消費者のために、3月2日(月)より送料500円を負担する応援プログラムを実施して参りましたが、この度送料負担の延長と一部変更を決定しました。

5月1日(金)12:00以降、送料300円負担に変更となりますが、商品の発送完了メールにて200円分クーポンをお送りしますので、実質500円の送料負担は継続となります。

特設ページ:https://www.tabechoku.com/slp/corona_support05

■実施期間
2020年5月1日(金)12:00〜2020年5月31日(日)
※上記期間中に注文を完了した商品が対象です。
※変更の可能性がございますので、お早めにお申し込みください。

■背景
新型コロナウィルスの影響で販路にお困りの生産者さんは現在も多数いらっしゃいます。
在宅時間の増加や自粛要請に伴い、オンラインでの食材を購入するニーズが高まっているため延長を決定しました。

利用方法
購入画面に進むと自動で300円の送料負担が自動反映されます。商品の発送完了メールに200円分クーポンをお送りします。次回注文時に入力してください。
※購入後のクーポン適応は原則できませんのでご注意ください。
※クーポンは毎注文ごとに1度限りご利用可能です。
 
  • 生産者の掲載基準の変更に伴う、出品可能な生産者の拡大について
■概要
これまで食べチョクに出品できる農作物は「農薬・化学肥料の使用量が、基準の50%を下回る」ことを基準としてまいりましたが、5月1日(金)より掲載基準を変更します。
URL:https://www.tabechoku.com/tabechoku_standard

出品をご希望の生産者はお気軽にお問い合わせください。
https://www.tabechoku.com/lp/farmer/

・食べチョク 3つの約束
1. 生産者へ正当な利益を還元します:一次生産者に正当な利益が還元される状態を担保します。中間業者による不当な搾取、不当な圧力は許容しません。
2. こだわりを持った生産者が評価される場所にします:掲載基準やルールを設けることでこだわりがある商品のみを集め、不当な安売りや値引き合戦が起きない状態を保ちます。
3. 生産者が責任を持って販売をします:生産者自身が販売者としての責任をもち、お客様からの声を真摯に受け止めます。生産者と消費者が信頼関係を築いていける場所にします。

・変更後の農作物の掲載基準
1. 環境を過度に汚染しないように配慮して農業に取り組む生産者のみが登録できます。
2. 農薬・化学肥料を使用している場合は、その使用量・使用回数・種類を事前に提示できる生産者のみが登録できます。

■背景
今の新型コロナウィルスの影響に伴い、第一次産業は現在大きな打撃を受けています。それにより生産者からの食べチョクへの新規問い合わせ数は3月から4月にかけて約4倍となりました。しかし中には非常に品質の高い商品を生産されている一方で基準は満たしていない方もおり、そういった販路を失い困っている生産者に対して、掲載をお断りしなければならないことが増えてきました

食べチョクが目指している「こだわりが正当に評価される世界」を実現するために、このタイミングで出品基準を見直し、より多くの生産者さんをサポートする意思決定をしました。
 
  • これまでの反響や支援実績
■登録生産者数
4月に1050軒を突破。3月1日から4月30日までの2ヶ月間で314軒の生産者が新規で登録しています。

■注文数伸び率
2月1ヶ月間の注文数と4月1ヶ月間の注文数を比較すると33.6倍となっています。
※単品注文に限ります。

■登録ユーザー数伸び率
2月末時点の登録ユーザー数と比較して、4月末の登録ユーザー数は3.9倍となっています。

■これまでの支援実績

・雲丹(岩手県:ひろの屋)
納入先の営業自粛で出荷量が7割ほど落ち込んでいたが、食べチョクに出品して7日間で1,014件の注文が入りました。
https://www.tabechoku.com/producers/20313


・新玉ねぎ(兵庫県:淡路島ほっこりファーム)
卸先のホテルの営業自粛により8割近く売上が落ち込んでいたが、食べチョクで1ヶ月間で3トンの玉ねぎが売れました。
https://www.tabechoku.com/producers/20554


・文旦(愛媛県:吉本農園)
百貨店の休業に伴い売り先がなくなった文旦が1週間で1.3トン売れました。
https://www.tabechoku.com/producers/18

 


・米(石川県:おおた農場)
ホテルや飲食店からの注文が出荷量70%減り2トンの在庫を抱えていたが、1ヶ月半で2トン売り切れました。
https://www.tabechoku.com/producers/20761

 
  • 本プロジェクトをまとめた特設ページを公開
これまでのすべての取り組み・反響・メディアへの掲載実績などの情報をまとめた特設ページを新たに公開しました。

送料の一部を負担するプログラムをはじめ、一流シェフのレシピ付き食材の販売によるシェフへの売上貢献や、複数企業との連携などを実施中です。
本プロジェクトに興味のある生産者・法人・シェフはお気軽にお問い合わせください。

特設ページ:https://www.tabechoku.com/slp/corona_support05

 

  • 食べチョクについて
■『食べチョク』とは
『食べチョク』は、こだわり生産者から直接食材を購入できるオンラインマルシェです。野菜・果物をはじめ、米・肉・魚・飲料といった食材全般を取り扱っており、食材の総合マーケットプレイスとして運営しています。
好みに合う生産者を選んでくれる野菜定期便「食べチョクコンシェルジュ」や旬の果物が届く定期便「食べチョクフルーツセレクト」があり、定期的なお取り寄せも可能です。また、友達と分けあえる「共同購入」の機能や販売前に商品を取り置きできる予約機能などもあり、ライフスタイルに合わせた様々な買い方を提供しています。
2020年4月に登録生産者数1050軒を突破し、個人や飲食店の利用者も右肩上がりで増加しています。
URL:https://www.tabechoku.com/

■食べチョク利用者のこれまでの声
『子どもの好きな野菜を伝えたら、要望を聞いてくれた』
『地方新聞に包まれた野菜を見て、丁寧に人が包んでいることがわかり、暖かさを感じた』
『生産者から「買ってくれてありがとう」という手書きの手紙が入っていて嬉しかった』
『味が濃くて美味しいお野菜や肉厚でジューシーなお肉、新鮮な魚介類など何より美味しいのが魅力です』
『食べたことのない野菜に出会えた。レシピや保存方法も書いてあり有り難かった』
 
  • ビビッドガーデンについて
​​■会社概要
会社名:株式会社ビビッドガーデン
代表者:代表取締役社長 秋元里奈
本社所在:東京都港区白金台2-16-8
設立日:2016年11月29日
事業内容:こだわり食材のマーケットプレイス『食べチョク』、飲食店向け仕入れサービス『食べチョクPro』の開発・運営
会社HP:https://vivid-garden.co.jp/

■本プレスリリースの問い合わせ先
広報担当 下村
Email:pr@vivid-garden.co.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. (株)ビビッドガーデン/食べチョク >
  3. 食べチョクが「#コロナでお困りの生産者さん」の応援プログラム延長と、出品可能な生産者の拡大を決定