国内初!屋根に登らずドローンで点検・調査が実現可能「ルーフインスペクション・サービス」が本日より提供開始

屋根点検・採寸・雹(ひょう)被害調査を実施し、レポートを作成

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(本社:東京都中央区、代表取締役社長:貝應 大介)は、ドローンによる屋根の点検・採寸・雹被害の調査とレポートを作成する、「ルーフインスペクション・サービス」を本日から提供いたします。
屋根を点検するには、屋根に登る必要があります。また、屋根の修理で各部の寸法を測るのは大変な作業です。そのようなシーンにおいて、「ルーフィンスペクション・サービス」では、ドローンで屋根を空撮し、ソフトウェアで2D/3Dオルソモザイク画像を生成、各部の寸法を測り、レポートを作成して納品します。国交省が今年4月に「改正宅地建物取引業法」を施行し、建物の売買の際に、各部のインスペクションを義務付けているため、今後「ルーフインスペクション・サービス」が活躍します。
また、自然災害などによる屋根の被害額算定・保険金支払いにも便利なソリューションです。


当社のルーフインスペクション・サービスは、当社が提携した米国 PrecisionHawk社の PRECISIONMAPPER Proをクラウド処理に採用しています。

■「ルーフインスペクション・サービス」の概要
●ROOF REPORT (屋根点検・採寸レポート)
ROOF REPORT は、ドローンの可視光カメラで屋根を空撮し、画像をクラウドにアップロード、2D/3D オルソ画像を生成して屋根の被害を調べたり、屋根の各部を採寸するサービスです。  主な用途は次の通りです。
・地震・台風・豪雨・竜巻などによる屋根の被害調査と損害保険支払い額算定
・改正宅建取引業法のルーフインスペクションに対応
・屋根修理の際の各部の面積・寸法・勾配を計測

●HAIL DAMAGE REPORT (雹被害レポート)
HAIL DAMAGE REPORT は、ドローンの可視光カメラで屋根を空撮し、画像をクラウドにアップロードし、2D/3Dオルソ画像を生成して雹被害レポートを作成するサービスです。
・雹による屋根の被害調査と損害保険支払い額算定

■ROOF REPORT (屋根点検・採寸レポート)画面

 

 


■HAIL DAMAGE REPORT(雹被害レポート)画面
 

■ルーフインスペクションお問い合わせ・ご注文・ご納品の流れ


■株式会社スカイロボットについて
株式会社スカイロボットは『ロボット・ソリューションによる未来社会への貢献』をミッションとするドローンベンチャー企業です。産業用ドローンのパイオニアとして、豊富な経験と独自のスキルを活かし、人間にとっては過酷な環境で活躍するロボットを提供することで、社会への貢献を目指しています。

近年急速に普及する産業用太陽光発電分野においては、より長期的な視点での設備保全を可能にしたロボット・ソリューションを提供しております。他にも、家屋調査、非破壊検査、探索、人命救助など、当社のドローンはさまざまな分野において活用することができます。
当社はこれからもユニークで世の中に役立つソリューションの提供及び開発を推進していきます。

【会社概要】
社名     株式会社スカイロボット
代表     貝應 大介(かいおう だいすけ)
本社所在地  東京都中央区銀座一丁目13 番 15 号 ダイワロヤル銀座ビル オフィスフロア 2F
ホームページ http://www.skyrobot.co.jp
設立       2014年9月9日
資本金      9,800万円

事業内容 
・ドローン本体、ドローン周辺機器およびドローン専用アプリケーションの開発・販売・レンタル
・ドローンとAI(人工知能)による探索レスキューシステムおよび医療品等の物質運搬システムの開発・販売・レンタル
・ドローンによる構造物の異常検出解析システムの開発・販売・レンタル
・ドローン連動式産業用ロボットの開発・販売・レンタル
・ドローンによる野生動植物、山林および農地等の観察調査システムの開発・販売・レンタル・ドローンスクールジャパンの運営およびドローンレース、ドローンゲーム等各種・イベントの企画・開催
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スカイロボット >
  3. 国内初!屋根に登らずドローンで点検・調査が実現可能「ルーフインスペクション・サービス」が本日より提供開始