キヤノン ITS とWMS「クラウドトーマス」における販売代理店契約を締結

 EC・通販物流支援サービスを中心とした物流サービス事業の株式会社関通(本社:大阪府東大阪市、代表取締役社長 達城 久裕、以下「関通」といいます。)は、このたびキヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金澤 明、以下「キヤノンITS」といいます。)との間で、関通が提供するクラウド型倉庫管理システム「クラウドトーマス」について、キヤノンITSを販売代理店とする契約を締結しました。関通はキヤノンITSをパートナーとして庫内作業の改善に悩まれる企業の課題解決をさらに強化してまいります。
 


近年、Eコマース市場の拡大や消費者の購買スタイルの変化に伴い、小口配送や即日配送など荷主ニーズの高度化・複雑化が進んでいます。同時に、運送業務や倉庫業務における従事者の高齢化も進んでおり、仕事量の増加に対応するためには、人手不足も解消することが急務となっています。
一方、テクノロジーの進化により、物流現場では庫内作業にICTやロボットを活用した省力化・自動化への取り組みが見られるなど、先進的な物流施設への需要が高まっています。

関通は、このたびのキヤノンITSとの販売代理店契約締結により、さらに多くのお客さまの物流改善に携わっていきます。また、「クラウドトーマス」およびお客さまの商品管理・受注管理システム等から出力されたデータを、キヤノンITSの数理技術を活用することにより、顧客の分析や在庫切れによる販売機会損失の削減を可能とするソリューションの導入をトータルで支援していきます。

■「クラウドトーマス」とは
物流センター内に保管されている商品(在庫)の数を正確に把握するとともに、庫内業務の効率化を図るためのソフトウエアで、「クラウドトーマス」として外販しています。また、「クラウドトーマス」は、株式会社関通が、35年の物流サービス事業で培ったノウハウを活かし、自社開発した倉庫管理システムで、システム会社ではなく、物流現場のプロとしてお客様の現場への導入を行っております。リリースから3年余りで、およそ100社以上の企業様に選ばれています。
 

クラウドトーマスHP:https://xn--gckr5a9ce1k1c3h.jp/

■キヤノンITソリューションズ株式会社について
キヤノンマーケティングジャパングループのITソリューション事業における中核企業として、幅広い業種において積み重ねた豊富な導入実績と技術力、長年の研究開発で培った先進の技術を強みに、お客さまの新規ビジネスの創出やビジネス変革の一助となるべくソリューションを提供しています。
(キヤノンITソリューションズホームページ:https://www.canon-its.co.jp/)

■株式会社関通について
株式会社関通(東証マザーズに上場)は、年間約1,100万個の出荷実績と関西・関東に15拠点を持つ物流会社です。
通販・ネットショップの物流倉庫・受注・配送までのアウトソーシングの他にも、物流システムの販売なども行っており、お客様の生産性向上、品質向上、作業効率化を実現いたします。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社関通 >
  3. キヤノン ITS とWMS「クラウドトーマス」における販売代理店契約を締結