世界初!AI観光SNSアプリ「Deaps」スマホに保存された写真から興味関心を分析し、旅行・おでかけ先をおすすめするシステムを開発

Deaps Technologies株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役CEO:宮本章弘)はエッジAI技術を活用し、ユーザーのスマートフォンに保存された写真をデバイス上で分析する世界初[1]のシステム開発に成功し、2018年11月2日(金)より観光SNSアプリ「Deaps(ディープス)」で提供することをお知らせします。
 「Deaps(ディープス)」は、画像や動画を位置情報付きで記録&シェアできる、ユーザー投稿型の観光SNSアプリです。これまで、Deapsはアプリ内のユーザー投稿情報や行動履歴から、興味関心に沿った旅行やおでかけ情報を提案してきました。今回、これに加えてユーザーのスマートフォンに保存された写真の分析をデバイス上で完結させ、おすすめ結果に反映させるシステムの開発に成功しました。


【開発の背景】
 Deaps Technologiesはニーズの多様化・複雑化が進む観光産業において、人と場所を繋ぐAIテクノロジーをコアに、観光産業に新しい価値を実装することをミッションとしています。「Deaps」は持続的な観光産業の推進を目指し、人と場所に新しい繋がり(=発見)を提供するサービスとして開発・提供しています。

 内閣府が発表したSociety 5.0ではフィジカル空間とサイバー空間の高度な融合により、一人一人のニーズに合わせた情報提供が求められています[2] 。従来、個人最適化は、プライバシー情報の提供とトーレドオフの関係にありました。個人情報を預かる企業側の責任は重大でありながらも、個人情報漏洩が度々問題となってきました。

個人最適化とプライバシー保護を両立
 スマホには、観光地や外食などの写真が多く保管されています。この度、Deaps Technologiesは、これらの写真をスマホ内に実装したAIで分析し、所有者の興味関心を数値化する技術開発に成功。写真データを外部サーバーに伝送することなく、「山に頻繁に行く」、「家族で出かけることが多い」、「蕎麦好き」など、個人の興味関心を分析し、その属性に応じてレコメンドを最適化します。この技術により、興味関心の事前入力や、アプリ内での行動履歴を元にした学習が不要となり、アプリ利用開始当初から、高度にパーソナライズされた情報提案を反映できるようになりました。また、アプリ上で個人履歴をトラッキングしないため、ログインが不要となり、ユーザーは個人情報を提供する必要なく、サービスを利用できます。


 
【今後の展開】
 Deapsは今後、観光における個人の興味関心データを活用した地方創生事業を展開致します。また今月導入したスタンプラリー機能・クーポン機能に加え、ARや音声ガイドも順次導入し、観光のデジタルインテグレーションを進めることで、利用者の体験価値を拡大し、人と地域をつなげていきます。

 なお、本件は『日経トレンディ』2018年12月号の、2019ヒット予測30に選ばれ、「AI丸投げツアー」として掲載予定です。

【アプリ概要】

アプリ名:Deaps(ディープス)
販売価格:無料 (対応OS:iOS)
公式Webサイト:https://deaps.com/
対応機種:iPhone6以降(今回発表の興味関心分析システムはiPhone8以降が必要)
動作環境:iOS9以降
提供元:Deaps Technologies株式会社

[1] カメラロール・端末の写真分析から興味関心を決定するアプリに関する当社調べ。
[2] 内閣府科学技術政策http://www8.cao.go.jp/cstp/society5_0/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Deaps Technologies株式会社 >
  3. 世界初!AI観光SNSアプリ「Deaps」スマホに保存された写真から興味関心を分析し、旅行・おでかけ先をおすすめするシステムを開発