ポール・スミスのメンズフラッグシップショップ「ポール・スミス大阪店」が心斎橋にオープン。

ポール・スミスは2019年10月1日(火)、大阪エリア初のメンズフラッグシップショップとなるポール・スミス大阪店を心斎橋にオープンしました。ポール・スミス大阪店では最新のメンズコレクションに加え、日本のポール・スミスショップでは初めての展開となるスーツの「Made to Measure (メイド トゥ メジャー)」を提供します。

大阪随一のショッピングエリアである心斎橋にオープンするこのショップは、世界各地のポール・スミスのフラッグシップショップと同様に、モダンかつコンテンポラリーな雰囲気が漂います。

フロントでゲストを迎える色鮮やかなブルーのファサードは、英国のレンガ造りの建物からインスピレーションを得ています。実際に英国から取り寄せたレンガの質感をアルミニウムで模り、キャストパネルで表現したユニークなマテリアルは、異なるもの同士をミックスし新しいものを作り上げるポール・スミスのデザインフィロソフィーを反映し、伝統的な素材と現代的な技術を融合した特別なファサードに仕上げています。

総面積213平方メートルの店内は、木材を積み重ねたスクリーンにより3つのエリアに分かれています。
入り口正面にはシューズやアクセサリーを含むメンズの最新コレクションが並び、モジュラースペースである中央部分には新作に加え、コラボレーションアイテムの紹介やスペシャルイベントの開催など、様々な内容に伴い変化します。
 


ショップ奥には、テーラリングやフォーマルアクセサリーのためのエリアが広がります。このエリアでは、新作のテーラードコレクションに加え、2019年始めに英国でスタートした「Made to Measure」の専用フィッティング&コンサルテーションスペースが設けられ、日本ではいち早く大阪店限定でお楽しみいただけます。
 


ショップにはいたるところに世界中から集められたユニークな家具が配置されています。
ブルーノ・レイがデザインした60年代のペアスツール、50年代のイタリア製ソファとスリッパーチェアのセット、そして2層チーク材を使用したデンマーク製コーヒーテーブルなどが含まれます。
 

フィッティングルームには、ポール・スミスがデザインしたマハラムのインテリアファブリックで布張りした60年代のドイツ製スリッパーチェアが鎮座するほか、ニナ・コッペルがデザインしたデンマークのテキスタイルメーカー、Kvadrat (クヴァドラ)のブライトブルーのウール生地があしらわれた、ポルトガルの織物工場で使用されていた工業用スチールスツールが置かれています。
 

 

キャッシュデスク背面は、ポール・スミスショップならではのアートウォールが取り囲みます。
大阪店のアートウォールに飾られているアートワークには、英国の抽象画家デリック・ラティマー・セイヤーによるミックスメディア作品に加え、ジョルジュ・ブラック、アンリ・マティス、ホアン・ミロなど、ポール・スミスの愛する画家たちのプリントが含まれています。

また、ポール・スミス大阪店では「Made to Measure」の提供に加え、革小物にイニシャルやモチーフを刻印できるモノグラミングサービス、またエクスクルーシブアイテムを展開します。
 

 


エクスクルーシブアイテムには、ポール・スミス 2019年秋冬コレクションのキープリントの一部として登場するレオパードがライナーにあしらわれた、カシミヤ100%のエレガントなテーラードコート(¥180,000)やジャケット(¥120,000)、ボーラーハット(¥38,000)に加え、レオパードのジャカードが大胆なスウェットシャツ(¥30,000)、また発色の美しいカシミヤ100%のプルオーバーニット(¥50,000)やフーディーニット(¥60,000)といった、ラグジュアリーで上質なアイテムが登場します。 ※全て税抜価格。

ポール・スミス大阪店
住所: 大阪府大阪市中央区南船場3-10-19
電話番号: 06-6241-2330
営業: 11:00 – 20:00 水曜不定休
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ポール・スミス リミテッド >
  3. ポール・スミスのメンズフラッグシップショップ「ポール・スミス大阪店」が心斎橋にオープン。