プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

栄光堂ホールディングス株式会社
会社概要

地域活性化と大垣菓子文化の継承を目指し2024年春商業施設「船町ベース」をオープン

栄光堂ホールディングス株式会社

栄光堂ホールディングス株式会社(本社:岐阜県大垣市、代表取締役CEO:鈴木伝)は、大垣市の観光の拠点、地域活性の楔として、銘菓や地元の素材でできた食事を楽しみながら、心と身体を癒す基地を提供したいとの思いから、2024年春、桜の名所でもある大垣市船町に、商業施設「船町ベース」をオープンいたします。

施設内には多目的スペースを設け、カフェテリア、又、お菓子作り体験やお土産販売などを行うスペースとしての活用を予定しています。

そしてコンセプトの象徴に、約五年前に廃業した地元老舗和菓子店の「金蝶堂総本店」を復活させます。


  • 地域と共に

舟と住吉灯台をモチーフに「船」の 文字を図案化したロゴマーク舟と住吉灯台をモチーフに「船」の 文字を図案化したロゴマーク

「船町ベース」がオープンする地は、かつて「船町湊」と呼ばれ、河川を使った人・物資・文化が行き交う中心の地でした。かつての船町湊がそうだったように、沢山の人と物で賑わう場所を、お菓子を通して提供したいという意を込めて、この「船町ベース」という施設名がきまりました。地域の方々に愛される、公園の中にある木々に囲まれた「茶屋」のような佇まいを計画しています。地域銘菓を楽しんで頂く癒しのカフェテリアや心憩う休憩スペースなど、自由に過ごせる空間をご提供いたします。


  • 金蝶堂総本店の復活

金蝶饅頭イメージ金蝶饅頭イメージ

金蝶堂総本店は江戸末期、彦根に奉公していた「吉田すゑ」が大垣に戻り、和菓子づくりをはじめた事が起源。その本家は残念ながら2019年に倒産しましたが、地域のご縁とお菓子文化の火を絶やしたくないという栄光堂グループが大切にしている考えを共にし、船町ベース内に新たに復活オープンいたします。皆様への感謝とご恩を忘れずに、大垣銘菓「金蝶饅頭」「水まんじゅう」などのお菓子を提供してまいります。


  • 大垣の菓子文化の継承と地産地消

大垣市は自噴水から湧き出る水が豊富で綺麗であること、大垣藩が茶道を推奨したことで、古くから菓子処として有名です。地域銘菓の販売の他、カフェテリアでは、隠れた地域のソウルスイーツ「オダマキ」の提供も予定しております。提供するメニューはできる限り地産地消、船町湊にまつわる素材にこだわります。地域連携を深め、多目的スペースではお菓子作り体験教室など、お子様から観光でお越しの市外のお客様まで、大垣の良いところを知っていただく機会を設け、伝統の継承に努めてまいります。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
ビジネスカテゴリ
食品・お菓子
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

栄光堂ホールディングス株式会社

2フォロワー

RSS
URL
https://eikodo-hd.jp/
業種
製造業
本社所在地
岐阜県大垣市浅草4-62 本社建物
電話番号
0584-87-3501
代表者名
鈴木伝
上場
未上場
資本金
9800万円
設立
-
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード