「スーツに見える作業着」から“各分野の凄い人を研究する”新感覚コンテンツ 凄い人研究所「SUGOLABO」 11月20日(水)から配信開始!

世界初・スーツに見える作業着「ワークウェアスーツ」(以下、WWS)を企画販売する株式会社オアシススタイルウェア(所在地:東京都港区、代表取締役:中村有沙 以下、オアシススタイルウェア )は、各分野の凄い人を研究する新感覚コンテンツ、凄い人研究所「SUGOLABO」の配信を2019年11月20日(水)から開始いたします。
(凄い人研究所「SUOLABO」:https://www.workwearsuit.com/shop/contents/sugolabo_vol1
 



― 凄い人研究所「SUGOLABO」とは
 凄い人研究所「SUGOLABO」は、各分野で輝きを放つ達人(通称:凄い人)に、人生を振り返りながらその凄さを研究する新コンテンツです。弊社は、「世界中の働く人を快適に、笑顔に。そして、カッコよく」をテーマに事業展開を行っており、WWSを通して“働く”ことの楽しさを伝えたいと考えることから「SUGOLABO」を配信することに決定いたしました。本コンテンツでは、仕事に打ち込んでいる人の「人生」にフォーカスし、歩んできた軌跡をインタビューを通して浮き彫りにしていくことで、 “働く”ことに対してのあらゆる価値観を紹介していきます。
 今後もオアシススタイルウェアは、“働く”をキーワードに商品・情報を発信することで、あらゆる業界で働く人々の働きやすさとスタイリッシュさを追求してまいります。


― 第1回 異色の経歴を持つ写真家 吉田亮人
 1980年、宮崎県生まれ。滋賀大学教育学部を卒業後、タイの大学で日本語教師として1年間勤務。30歳になるタイミングで、6年続けていた教員を辞め写真家に転身。写真の専門学校で学んだ経験は無く、カメラの技術も全て独学だが、ストーリー性溢れる作品は「KYOTOGRAPHIE」等のプログラムで多数の賞を受賞。現在は、パリで展示会を開くなど、国内外問わず活動の幅を広げている。
(公式WEBサイト:http://www.akihito-yoshida.com/
 

 

 


― WORK WEAR SUIT/ワークウェアスーツとは
 ワークウェアスーツは、「スーツに見える作業着」をコンセプトとし、水道工事業を行うグループ会社にて、長年培ってきた施工現場でのノウハウを活かし、現場作業しやすい高機能(ストレッチ性、防水・速乾・撥水、多収納、水洗い可、形状記憶)と、フォーマル要素を兼ね備えた次世代のスーツ型作業着です。2018年3月末に発売開始後、単月売上げ目標の5倍を達成、法人の導入企業は300件を超えるなど、話題沸騰中の商品です。
 


ー 会社概要
会社名 株式会社オアシススタイルウェア
代表者 中村 有沙
所在地 〒107-0061東京都港区北青山1-2-3青山ビル2階
WWSオンラインサイト:https://www.workwearsuit.com/
凄い人研究所「SUGOLABO」:https://www.workwearsuit.com/shop/contents/sugolabo_vol1
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社オアシススタイルウェア >
  3. 「スーツに見える作業着」から“各分野の凄い人を研究する”新感覚コンテンツ 凄い人研究所「SUGOLABO」 11月20日(水)から配信開始!