イエローコーナー、ポピンズとのコラボレーションを発表

~「毎日のお子様たちの生活にも気軽にアートを取り入れて欲しい」と願って~

さまざまなビジュアルコミュニケーション事業を展開するアマナグループの一つ、株式会社イエローコーナージャパン(本社:東京都品川区、代表取締役社長 進藤博信、以下「イエローコーナー」)は、この度、全国306か所で保育・教育施設を運営する株式会社ポピンズ(代表取締役社長 轟 麻衣子氏、以下「ポピンズ」)とコラボレーションし、小学生を対象にした英語の学童として開校するポピンズアクティブラーニングインターナショナルANNEX(以下、PALIS ANNEX)にて、子どもたちがアートに触れる機会を提供します。
 


イエローコーナー(YellowKorner)ではこれまでにも、「子どもたちにアートのある空間で過ごして欲しい」との願いと共に、キッズ向けのライフスタイルを提案しているメディア『MilK』(アマナ運営)にて連載を組むなど、子どもたちがアートフォトに触れることの意義を提唱してきました。この度のポピンズとのコラボレーションでは、幼少期から本物のアートに触れ、楽しむ機会を増やすことを目的としています。どういったアートフォトが教育関連施設に適しているのか ――― 未来を担う子供たちにとって、アートフォトの色や作風、被写体、そして展示方法が、どう効果的に作用するのか。こういった視点からアンケートを行ない、エビデンスを取ることで、将来、全国の教育施設に対してより効果的な提案ができると考えています。尚、アンケート結果は、いずれポピンズと本プロジェクトで家具を担当したカリモク家具株式会社(https://www.karimoku.co.jp/corporateinfo.html)の3社で共同発表する予定です。

 “戦後最大規模”と言われる2020年度からの教育改革が注目を集める中、子どもたちの主体的な学び(Active Learning)を支援する最先端の教育現場が、イエローコーナーが提供するアート的価値に何を期待するのか?詳しくは、下記説明会に足をお運びください。
 
  • PALIS ANNEX開校に関するメディア向け説明会
日 時    :  2019年8月29日(木)11:30~12:15 (受付開始:11:15~)
会 場    :  恵比寿三越2階 PALIS ANNEX(住所:渋谷区恵比寿4-20-7 恵比寿ガーデンプレイス内)
主 催    : (株)ポピンズ(https://www.poppins.co.jp/
協 力 : (株)イエローコーナージャパン(http://www.yellowkorner.jp/
問合せ    :  TEL/ 03-5572-7144、E-Mail/ yellowkorner@amana.jp
 

▼イエローコーナー(YellowKorner)とは

まるで「本や雑貨を購入するように、毎日の生活にもっと気軽にアートフォトを取り入れて欲しい」――― そんな願いから2006年にパリで誕生したイエローコーナー(YellowKorner)。ヨーロッパを中心に急成長し、現在では世界約90か所でショップを展開しています。日本には2015年に上陸。若手から著名作家まで200名以上のアーティストの、幅広いラインアップのアート写真を手頃な価格で販売する事で、アート写真と社会をつなぐ架け橋となっています。


 

~「ビジュアルコミュニケーションで世界を豊かにする。」アマナは今年、40周年を迎えました~
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アマナ >
  3. イエローコーナー、ポピンズとのコラボレーションを発表