20年間の漢詩の履歴をまとめた髙山一雄氏の著書『漢詩選集 南山好日 わが詩の履歴』が発売になりました。

パレードブックスは、2020年5月9日(土)に『漢詩選集 南山好日 わが詩の履歴』(著者:髙山一雄)をアマゾン限定で発売いたします。

  • パレードブックス新刊
『漢詩選集 南山好日 わが詩の履歴』(著・髙山一雄)
奈良・平安の昔から明治の末頃まで日本人が当たり前のこととして作ってきた漢詩。全日本漢詩連盟などを通して受け継がれていた。20年間の漢詩の履歴を一冊の本に。

 

 

著者撮影の富士山写真を日本画のように仕上げた表紙。著者撮影の富士山写真を日本画のように仕上げた表紙。

 
  • 本について

本書は詩111首(七言絶句98首、五言律詩11首、七言律詩1首、五言絶句1首)と随筆からなる、髙山氏の自選漢詩集である。詩は、『斯文』(公益財団法人斯文会)、『二松詩文』(二松學舍大学二松詩文会)、『扶桑風韻』(全日本漢詩連盟)、日本の漢詩大会等で発表したものが中心。随筆は、全日本漢詩連盟会報などに掲載されたものが主である。登頂した「山」を作詩の題材にしたのが本書の特色のひとつで、登山が趣味の人にも楽しめる一冊となっている。南山は、終南山であり、廬山であり、自宅から南に見える富士山でもある。
 
  • 著者プロフィール
髙山一雄(たかやま・かずお)
昭和31年生 山梨県都留市在住
全日本漢詩連盟代議員 聖社詩会会員 桜林詩会会員 二松詩文会会員
主な作詩の受賞歴として「第4回全国ふるさと漢詩コンテスト」(平成13年)最優秀賞、「第3回漱石記念漢詩大会」(平成30年)最優秀賞、「令和元年度全日本漢詩連盟『扶桑風韻』漢詩大会」(令和2年)最優秀賞。

著者コメント
俳句や短歌、現代詩の本などは多く出版されていますが、漢詩の本となると少ないようです。しかし、漢詩は決して絶滅危惧種ではありません。作詩は決して難しいものではありません。湯島聖堂などで漢詩創作の講座も開催されていますし、二松詩文会もありますし、全日本漢詩連盟も設立されています。蕪詩ばかりではありますが、あえて外に発信することも大切であると考え上梓いたしました。老若男女問わず漢字文化に興味がある人、興味がない人でも写真などを多く取り入れ読みやすくしていますので、ぜひ手に取っていただきたいです。
 
  • 書籍情報
書籍:漢詩選集 南山好日 わが詩の履歴
著者:髙山一雄
出版社:パレード
発売日:2020年5月9日
ISBN:978-4-86522-229-6
仕様:四六判/上製/200ページ
Parade Books:https://bit.ly/2VtbobS
Amazon:https://amzn.to/2Vm6dsZ
 
  • 出版社情報

母体である株式会社パレードはデザイン制作会社。プロの技術と知識により、優れたデザインと高い品質であなたの本づくり&出版をトータルサポートします。

パレードブックスの自費出版
URL:https://www.p-press.jp
TEL:0120-123455
Mail:paradebooks@parade.co.jp

パレードブックスの書籍紹介
URL:https://books.parade.co.jp

【会社概要】
商号:株式会社パレード
大阪本社:大阪府大阪市北区天満2-7-12
東京支社:東京都渋谷区千駄ヶ谷2-10-7
代表取締役:原田直紀
設立:1987年10月20日
資本金:4000万円
事業内容:広告企画・アートディレクション、グラフィックデザイン全般、Webサイト企画・制作、出版事業『パレードブックス』
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社パレード >
  3. 20年間の漢詩の履歴をまとめた髙山一雄氏の著書『漢詩選集 南山好日 わが詩の履歴』が発売になりました。