第一回ステキブンゲイ大賞、BL作品から選ばれる「フューチャーコミックス賞」を2021年3月31日にYouTubeチャンネルで発表!

ステキコンテンツ合同会社(代表:中村航、本社:東京都中央区)は、小説投稿サイト「ステキブンゲイ」の公式YouTubeチャンネルにて、フューチャーコミックス賞の受賞作の発表をいたします。

フューチャーコミックス賞は、ステキブンゲイ大賞への応募作品の中から、BL(ボーイズラブ)を扱った作品を対象とし、最終審査を経て受賞作を決定するものです。最終審査は、コミックを中心に配信する電子出版社の株式会社フューチャーコミックス(本社:東京都港区)の、代表取締役 石黒健太氏と、メディアミックス事業部長 相良洋一氏が行いました。

配信では、小説家の中村航と、株式会社フューチャーコミックスの代表 石黒健太氏が、作品についての感想を話し、フューチャーコミックス賞の受賞作の発表をします。ぜひご覧ください。


配信日時: 2021年3月31日(水) 20時〜
配信URL: https://youtu.be/rR8PA6nlpcE


■ 株式会社フューチャーコミックス 概要

コミックを中心に配信する電子出版社(本社:東京都港区、代表取締役:石黒健太)

・WEBサイト

https://boysfan.jp/

・お問い合わせ
フューチャーコミックス 広報
メール:boysfan.sns@futurecomics.com

■ 出演者プロフィール

中村航(ナカムラコウ)
小説家。2002年『リレキショ』にて第39回文藝賞を受賞しデビュー。続く『夏休み』、『ぐるぐるまわるすべり台』は芥川賞候補となる。ベストセラーとなった『100回泣くこと』ほか、『デビクロくんの恋と魔法』、『トリガール!』等、映像化作品多数。アプリゲームがユーザー数全世界2000万人を突破したメディアミックスプロジェクト『BanG Dream!』のストーリー原案・作詞等幅広く手掛けており、若者への影響力も大きい。

石黒健太(イシグロケンタ)
株式会社フューチャーコミックス 代表取締役。同社は実写映画『性の劇薬』の原作コミックを配信し、同映画の製作もつとめる。『性の劇薬』は内容の過激さから業界で話題となるだけでなく、大手配信プラットフォームNetflixでも映画部門1位を獲得するなど広く知られる作品となった。”性”によって”生”の意味を見つける再生の物語として、高い評価を得ている。

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ステキコンテンツ合同会社 >
  3. 第一回ステキブンゲイ大賞、BL作品から選ばれる「フューチャーコミックス賞」を2021年3月31日にYouTubeチャンネルで発表!