プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社ドワンゴ
会社概要

ニコニコ生放送にて、にじさんじ所属バーチャルライバー黛灰と『ヒトラー ~最期の12日間~』の同時視聴が決定!

株式会社ドワンゴ ニコニコ事業本部

ニコニコ生放送にて8月1日(土)21時より「にじさんじ黛灰と『ヒトラー ~最期の12日間~』同時視聴」をお送り致します。
本国ドイツでは映画公開自体が一つの事件として大きな社会現象を巻き起こしただけでなく、
インターネット、SNS界隈においても今もなお人気の『ヒトラー ~最期の12日間~』を放送致します。
にじさんじ所属のバーチャルライバー黛灰(まゆずみかい)と一緒にお楽しみください。

※映画本編の視聴は無料でご視聴いただけます。
映画本編終了後は一部プレミアム会員限定コーナーを実施致します。

●番組情報
▼黛灰との同時視聴番組はこちら

番組名:にじさんじ黛灰と『ヒトラー ~最期の12日間~』同時視聴
放送日時:8月1日(土) 21時開始
URL:https://live2.nicovideo.jp/watch/lv326926345

▼映画本編のみの視聴はこちら
番組名:『ヒトラー ~最期の12日間~』上映会
放送日時:8月1日(土) 21時15分開始
URL:https://live2.nicovideo.jp/watch/lv326921541

●出演者
黛灰

 

©I/N

●イントロダクション
史上最も有名な独裁者アドルフ・ヒトラー。
過去、チャップリンの『独裁者』や先鋭的な野心作が、この希代の悪漢をパロディや政治的考察の下に描いてきたが、その人間性を正面から描くことは絶対のタブーだった。
そのタブーを当事国のドイツが自ら破ったのが今作。
内容は、歴史家ヨアヒム・フェストの「ダウンフォール」と、ヒトラーの秘書トラウドゥル・ユンゲの回想録「最期の時間まで」に基づいているが、ヒトラーを人間として描くというだけで拒否反応を示す人々がいるのも当然だろう。

 

©2004 Constantin Film Produktion GMBH


●この記事関連するクレジット・権利者表記
黛灰 ©I/N
『ヒトラー ~最期の12日間~』 ©2004 Constantin Film Produktion GMBH

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社ドワンゴ

36フォロワー

RSS
URL
https://dwango.co.jp
業種
情報通信
本社所在地
東京都中央区銀座4-12-15 歌舞伎座タワー
電話番号
-
代表者名
夏野 剛
上場
-
資本金
1億円
設立
1997年08月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード