ファーウェイが新機軸 スマートホームソリューションを新たに展開業界に革命を起こすファーウェイのスマートホームのシステムグレード製品

「常に新しいものが使える」喜びと驚きをもたらし、課題を解決する「1つのホストと2つのネットワーク」ファーウェイ・スマートホーム 不動産業界を活性化し、「住むほど価値が増す」ファーウェイのスマートホーム

2021年4月8日、ファーウェイ(中国語表記:華為、英語表記:HUAWEI)はスマートホームソリューションとスマートスクリーンの新製品発表会を開催しました。業界の発展とユーザー体験に影響を与える3つの課題「家全体の相互接続」「家全体のAI化」「エコシステム統合」に対し、ファーウェイは「隅から隅までスマートホーム」の概念を革新的に提案し、システムグレードの製品を発売しました。「クラウド・パイプ・デバイス・エッジ・チップ」技術の統合に基づき、ファーウェイのスマートホームは、「ホストとなる1つのデバイス、2つのネットワーク」で上述の3つの課題を克服し、安定し効率的で豊かなユーザー体験を実現しました。IoT住宅業界、不動産業界を活性化させ、新たなアップグレードと革新を後押します。
 


1台のスマートホストがアクティブ・インテリジェンスを高度に統合

ファーウェイのスマートホームは体系的なソリューションで、その中核のひとつとなるのが、インテリジェントな中央制御モジュール、すなわちスマートホームのホストです。このホストは初めてモジュラー設計されたスマートホームのホストであり、学習、コンピューティング、意思決定を統合した「スマート・ブレイン」です。

スマートホームのホストは「Harmony」OSが搭載され、高効率で大規模なコンピューティングパワーとマルチスレッド機能を持つ強力な「Harmony」 AIエンジンを有します。ファーウェイの1+8+Nのデバイスデータ、センサーデータ、インターネットデータをリアルタイムに収集・計算し、2つのネットワークを介して「Harmony」AIエンジンに伝送します。「Harmony」AIエンジンはシナリオモデルを使って、ローカルでリアルタイムに分析・計算を行い、最も合理的な判断を下してデバイスを制御し、様々なシナリオを実行することでマルチコンディションの動的予測とアクティブインテリジェンスを実現します。ファーウェイ・スマートホームソリューションは、ホストをベースに、多次元情報の取得、制御コマンドの実行、スケーラブルなシナリオモデル、効率的なコンピューティング・決定エンジンなどにおいて、画期的な成果を上げています。

具体的なアプリケーションにおいて、ファーウェイ・スマートホームのAI体験の優位性は明らかです。例えば、朝のウェイクアップシナリオでは、従来のIFTTTでは単一条件、パッシブトリガー、線形リンケージ、強制ウェイクアップを採用していましたが、ファーウェイ・スマートホームでは複数条件予測を使用して、温度、湿度、酸素含有量、光などを能動的かつダイナミックに感知します。ウォッチから伝送される睡眠習慣のデータに、時間や地域、気候などの最大10種類のデータを加えて、AIエンジンで計算して、複数条件下で予測し、関連デバイスとシステムをトリガーします。ユーザーがさわやかな目覚めを迎えられるように、気温、湿度、光、音楽、水温など最も快適な状態に調整します。


ファーウェイ・スマートホームのホストは内部構造として、中央制御システム、家全体のPLC制御バス、Wi-Fi6+、インテリジェント温度制御ファン、ONU(光回線終端装置)、「オールストレージ」と「オールミュージック」の2つの拡張モジュールが含まれています。高度なモジュラー設計により、高い統合性、オンデマンドの拡張性、メンテナンスのやりやすさなどの優位性を実現しています。高い内部統合に加え、ホストは弱電盤の場所を利用するため、専用スペースが不要です。従来の住宅用機器室と比較して、よりシンプルでパワフルです。アルミ合金のプレス成形加工でシームレスなデザインとなっており、シンプル且つ高級感があります。
 


2つのネットワークが安定した高速接続を実現

ファーウェイ・スマートホームの1つ目のネットワークは家全体のPLC (PowerLine Communication)で、制御信号やデータを電力線に載せて伝送するため、電気があれば安定した信頼性の高い接続が可能となります。KNXやZigBeeなどの接続技術は、導入が難しく、コストがかかり、安定性が劣りますが、PLCは場所を取らず、電気工事士がネットワークを完成させることができ、配線コストが38%削減できるため、今後の家庭用IoT接続技術として注目されています。(ファーウェイ実験室のデータ)

干渉と減衰の2つの課題があるため、PLCは家庭用ネットワークとしてはまだあまり使用されていませんが、ファーウェイは独自に研究し、産業グレードのPLCチップを初めて家庭用として活用し、業界を悩ませてきた電波干渉や減衰などの問題を解決しました。住宅向けPLC技術は、成熟度、安定性、接続性、信頼性が高く、導入が容易といったメリットがあります。現在すでに2000mの伝送距離に対応し、500平方メートルの大規模家屋を楽々カバーすることができます。ファーウェイ実験室のテストでは、累計100万時間以上回線が切断することはなく、通信成功率は99.99%に達しました。極端な条件でも通信は維持されます。拡張性においては、384台ものデバイスを接続することができ、多数の家庭用機器の拡張ニーズに対応します。(ファーウェイ実験室のデータ)

ファーウェイ・スマートホームのもう1つのネットワークは、Wi-Fi 6+で、これも家庭用ブロードバンドの優れたソリューションです。Wi-Fi 6+のアクティブルーターモジュールには、IPTVが1つ、ONUへのアップリンクが1つ、PLC接続が1つ、複数の部屋のためのAPが5つ、合計8つのネットワークインターフェースが搭載されており、家全体のWi-Fiカバレッジを実現します。一方、革新的なインテリジェントポジショニングアンテナ技術は、マイクロ秒のレベルで最適なアンテナの組み合わせを選択し、リアルタイムで最高のパフォーマンスを実現します。3000Mbpsのデュアルバンド同時接続で、ユーザーに高速インターネットアクセスを提供します。シームレスな接続を実現するために、家全体のWi-Fi 6+はファーウェイ「Harmony」Mesh+をサポートしています。ファーウェイ実験室のデータによると、一部のファーウェイのスマートフォンは、シームレスローミングにより20msでのホットスポット切り替えが可能で、切り替え速度において明らかに優れています。また、住宅向けWi-Fi 6+はLANケーブルで電源をとるため、追加の電源を必要とせず、工具を使わずに簡単に設置できるため、現代の住宅のレイアウトやスタイルにマッチするシンプルな作りとなっています。


幾つものシステム あらゆる暮らしのシーンをカバーします

消費者の多様なニーズを満たすために、ファーウェイのスマートホームソリューションは、充実したスケーラブルな「Harmony」エコシステムを提供します。現在、照明システム、浄水システム、環境システムなど多数のシステムに対応していますが、「Harmony」OSを使ったデバイスや家電は引き続き拡充し、将来その数はますます増える予定です。また、ファーウェイは積極的にパートナーとの協力も拡大しており、現在すでに浄水システムのAOスミス、照明システムの西頓、キッチンシステムの博西、環境システムのダイキン、モルガンのセンサー全シリーズ、メディアグループ(美的集団)の全カテゴリなど大手ブランドが1000以上あります。好みやニーズに応じ、これからも拡充と整備を続けていきます。現在の実例では、ファーウェイ・スマートホームはすでに一定の温度、湿度、清潔さ、酸素量を実現しており、リズムサポート照明など、インテリジェントな快適さを体感できます。例えばバレンタインデーや結婚記念日に音と光の連動でロマンチックな雰囲気を演出するなど、まるでスマートフォンのテーマを変えるように、特別なニーズにあわせて家のインテリジェントなシナリオを簡単に実現できます。継続的なアップグレードやアップデートにより、ユーザーに「常に新しいものが使える」体験を提供します。

「モニタリング、ネットワーク、ストレージ、ソフトウェア」をワンストップで提供

量産可能な体系的かつ実用的なソリューションとして、ファーウェイ・スマートホームソリューションは、「モニタリング、ネットワーク、ストレージ、ソフトウェア」をワンストップで提供します。工事は効率的で透明性が高く、アプリで簡単に確認できます。NFCをタッチして家の引き渡しが完了すると、家全体の設定がすぐにスマートフォンに同期され、便利なうえちょっとした特別感が味わえます。同時に、アフターサービスや定期的なメンテナンスにも対応しており、例えば電化製品が動作しなくなった場合、システムはソケット、配線、スイッチなど多方面から分析し、素早く障害を見つけ出します。お客様からの問い合わせに対しては、24時間365日ホットラインスを提供し、問題が発生した場合にはエンジニアが3時間以内に訪問して解決します。ワンストップサービスによって安心を届けます。

住めば住むほど体感的な付加価値が増えていく「成長する家」

普通の住宅は、一般に改築後5~10年後に陳腐化しますが、ファーウェイ・スマートホームのホストの強力なAI機能により、ソフトウェアのアップグレードを介して新機能が常に追加されていきます。モジュール拡張を通じて、「オールミュージック」「オールストレージ」などの機能も利用可能です。また、ファーウェイは協力パートナーとともにプレミアなシナリオを増やしていきます。開発愛好家やユーザーのDIYでもシナリオは充実していきます。Win-Winの協力関係の精神に基づき、ファーウェイは協力パートナーにオープンプラットフォームや便利な開発ツール、エンドツーエンドの技術指導を提供しており、「Harmony」エコシステムの急速な成長とともに、消費者により多くの選択肢と可能性を提供していきます。

現在、「Harmony」エコシステムも徐々に成長しています。HUAWEI HiLinkはファーウェイの「Harmony」スマートリンクへと全面的にアップグレードされており、多くの家電ブランドだけでなく、チャイナリソーシズランド(華潤置地)、中海地産、イージーホーム(居然之家)などのデベロッパーと提携関係を構築しています。将来のファーウェイ・スマートホームの体験シナリオとサービスはより充実し、家が「家を成長させることができる」ようになります。住めば住むほど家の付加価値が増していきます。ファーウェイ・スマートホームの価格は99,999元から、6月から8月に順次発売となります。オンラインでは、ファーウェイストアと各大手オンラインモールで、オフラインでは中国50都市50か所のスマートホーム体験店で体験、購入できます(店舗は順次オープンしますが、詳細につきましては公式ホームページをご参照ください)。

ファーウェイ・スマートホームの発売は、企業と消費者両方に新たな可能性をもたらすでしょう。「1台のホストと2つのネットワーク」というコア・アーキテクチャは、スマートホーム業界のアップグレードと革新を後押しし、拡張可能な「Harmony」エコシステムを豊かにすることで、家庭向け事業での成長性を実現し、ユーザーは家の将来を想像し、暮らしの隅々まで浸透するインテリジェントな生活に夢が広がります。ファーウェイのスマートホームは、インテリジェント化が進むなか、アップグレード、トランスフォーメーション、イノベーションを迫られている不動産業界に対しては、体系的なスマートホーム・アーキテクチャで業界を活性化し、協業する大手不動産業とともに業界の第2の成長曲線を見出す一方で、ユーザーに対しては、より便利で快適かつスタイリッシュなクオリティ・オブ・ライフ体験を提供し、インテリジェントな未来の住まいを再定義します。
  1. プレスリリース >
  2. ファーウェイ・ジャパン >
  3. ファーウェイが新機軸 スマートホームソリューションを新たに展開業界に革命を起こすファーウェイのスマートホームのシステムグレード製品