Fintechを活用した経営支援ツール「経理のミカタ」を提供するCloud Paymentが“一般社団法人FinTech協会”に加盟

~支援者とプロバイダー双方の立場からFintech業界発展に貢献~

継続請求管理クラウド「経理のミカタ」を運営する株式会社Cloud Payment(本社:東京都渋谷区、代表取締役:清久 健也、以下Cloud Payment)は、Fintech業界をリードするベンチャー企業を中心に2015年10月1日に発足した“一般社団法人FinTech協会”に加盟致しました。 
 


<Cloud PaymentがFinTech協会に加盟する意義>

Cloud Paymentは決済代行サービスの経験を活かした、Fintech企業と伴にオープンイノベーションの促進する支援者的としての立場と、自社で展開するFintech系経営支援ツールである「経理のミカタ」の提供を通じ、中小・中堅企業の "課金・集金業務プロセス(※1)" にイノベーションを起こすFintechサービスプロバイダーの双方向から同協会の目的達成に貢献して参りたいと考えております。

<※1. 請求・集金業務プロセスについて>
Fintechを活用した業務イノベーションは、財務会計の領域で先行していますが、"請求・集金業務プロセス”においては、多くの業務工程が属人化した手作業で行われているため、生産性が低くミスが発生しやすい状況になっていることが多く、Fintechの活用が進んでいる会計業務に続いて、今後イノベーションが起こると考えられております。

 1.請求書の作成⇒営業の受注状況などを参考に、請求書を作成します。
 2. 請求書の印刷⇒作成した請求書を印刷します。
 3. 請求書の捺印⇒印刷した請求書にミスが無いか確認し、捺印を行います。
 4.請求書の封入と宛名の記入⇒請求書を封筒詰めし、宛名を記入します。
 5. 請求書の発送⇒切手を購入して貼り、ポストや郵便局へ持ち込みます。
 6. 入金確認⇒通帳や、ネットバンキング等を参照し、入金額を確認する業務です。
 7. 再請求⇒入金額に過不足があれば請求先に確認し、再度請求書の作成から業務を行います。


<Cloud Paymentについて>
Cloud Paymentは、創業以来15年間蓄積したインターネット決済代行事業のノウハウを活かした、請求クラウド「経理のミカタ」を販売しております。企業の業務の中でエクセルなどを活用することにより属人化しているとされている、請求・集金業務プロセスを効率化することが出来るクラウドサービスを提供しています。
また、業務の効率化だけではなく、収益(売上)の向上やキャッシュフローを改善する機能やサービスを併せて提供することで、お客様を必ず成功へと導きます。

 ■株式会社Cloud Payment
代表     :代表取締役 清久 健也
所在地   :東京都渋谷区神宮前6-19-20 第15荒井ビル4F
設立     :2000年10月
資本金   :121,000,000円
URL     :https://www.cloudpayment.co.jp/company/

<FinTech協会ついて>
国内外の関連諸団体、関係省庁等との情報交換や連携・協力のための活動を通じて、オープンイノベーションを促進させ、Fintech市場の活性化および世界の金融業界における日本のプレゼンス向上に貢献することを目的に発足した協会となります。

 (加盟企業一覧)

 

 

 

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ROBOT PAYMENT >
  3. Fintechを活用した経営支援ツール「経理のミカタ」を提供するCloud Paymentが“一般社団法人FinTech協会”に加盟