聖マリアンナ医科大学発ベンチャー 株式会社ナノエッグの「豊麗」が「第1回神奈川なでしこブランドに認定決定

聖マリアンナ医科大学発のベンチャー企業、株式会社ナノエッグ(本社:川崎市、代表取締役社長:山口葉子、以下ナノエッグ社、http://www.nanoegg.co.jp/)の口もと年齢美容液「マリアンナプラス 豊麗」が、このたび「第1回神奈川なでしこブランド」に認定されました。2月6日(木)認定式が開催され、黒岩祐治県知事から認定証が授与される予定です。

「神奈川なでしこブランド」は、神奈川県が女性の潜在力を多くの企業に理解してもらい女性の活躍を促進するための認定事業で、総合プロデューサーに残間里江子さんを迎え、今年度より実施。神奈川県下の企業、団体から、女性が開発に貢献した商品を募集し、女性の貢献度が高く、良い商品を「神奈川なでしこブランド」として認定。認定商品を県が広くPRすることで、女性の力をわかりやすく示し、社会の機運を盛り上げ、女性の活躍を促進していきます。第1回目となる今回は、認定件数44件(モノ37件、サービス7件)で、「マリアンナプラス 豊麗」は、このうち「生活・文化用品」部門の16件の中に選ばれました。認定された商品やアイデアは、全て開発(考案)段階で女性が大きく貢献した商品であり、女性が活躍することの効果の一端を現しています。
※「神奈川なでしこブランド」http://www.pref.kanagawa.jp/prs/p750915.html

認定された「マリアンナプラス 豊麗」は、聖マリアンナ医科大学の皮膚科学研究チームが、年齢を重ねた口もとについて独自の視点で追求し、誕生した口もと年齢美容液で、2010年12月の発売以来、販売数は36万本※を突破しています。
※2010年12月~2014年1月の販売実績

今回の認定について、ナノエッグ社 代表取締役社長 山口葉子は次のように語っています。「当社の製品が、第1回神奈川なでしこブランドに認定されたことをたいへん光栄に思います。これからも、真の健康と美しさを目指し、スキンケアサイエンスに基づいた研究開発に注力します。」

「第1回神奈川なでしこブランド」に認定された「マリアンナプラス 豊麗」「第1回神奈川なでしこブランド」に認定された「マリアンナプラス 豊麗」

【株式会社ナノエッグとは】
http://www.nanoegg.co.jp/ 代表取締役社長 山口葉子
聖マリアンナ医科大学難病治療研究センター発のベンチャー。医薬品、医薬部外品、化粧品、基剤等の開発、製造、販売を行う。

本件に関する報道関係者お問い合わせ先
ナノエッグ広報代理エンカツ社
担当:宇於崎(うおざき)または田中
Tel:03-6417-1887 FAX:03-3772-3711 e-mail: press@enkatsu.jp
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ナノエッグ >
  3. 聖マリアンナ医科大学発ベンチャー 株式会社ナノエッグの「豊麗」が「第1回神奈川なでしこブランドに認定決定