クラフトビール好きのためのウイスキー日本限定版『ジェムソン カスクメイツ − 東京エディション』が6月4日(月)から数量限定発売!

アイリッシュウイスキー「ジェムソン」と東京の人気ブルワリー「DevilCraft」がコラボレートし、2種類のビール熟成樽で寝かせた、日本だけの特別な「ジェムソン」

ペルノ・リカール・ジャパン株式会社(本社:東京都文京区 代表取締役社長:ティム・ペック)が展開するアイリッシュウイスキー「ジェムソン」では、東京の人気ブルワリー「DevilCraft(デビルクラフト)」とコラボレートした日本限定品『ジェムソン カスクメイツ − 東京エディション』を2018年6月4日(月)から数量限定で発売します。本品は、バーなど業務市場限定での展開です。

1780年に創業し、No.1アイリッシュウイスキーとして世界中で愛飲されている「ジェムソン」は、いつの時代も新しいアイデアに前向きです。伝統を守りつつ、革新的なウイスキー造りに取り組んでいます。その新しい試みの一つは、クラフトビールを熟成した樽をウイスキーのフィニッシュに使用し、複雑でリッチな味わいを生み出した「ジェムソン カスクメイツ」です。本品は昨年から日本でも展開がスタートし大変ご好評をいただいています。

このたび新登場する『ジェムソン カスクメイツ − 東京エディション』は、日本限定版の「ジェムソン カスクメイツ」です。世界的にも高く評価されている東京のクラフトビール ブルワリー「DevilCraft」とのコラボレーションによって誕生しました。「ジェムソン」ウイスキーの熟成に使用した樽を東京へ送り、「DevilCraft」の2種類のクラフトビール、インペリアル・スタウトとインペリアル・ライ・ブラウン・エールを別々の樽で熟成し、数量限定のバレルエイジドビールを製造。その後、空になったビール熟成樽を再びアイルランドの蒸留所へ 送り戻し、「ジェムソン」ウイスキーのフィニッシュ(後熟)に使用してブレンドしました。アイルランドと日本を股に掛けて造られた大変ユニークなウイスキーです。

『ジェムソン カスクメイツ − 東京エディション』は、「ジェムソン」特有の3回蒸留によるスムースな口あたりはそのままに、「DevilCraft」のクラフトビール2種類を熟成した樽でフィニッシュすることで、マイルドなホップ、ローストコーヒー、そしてクローブのスパイシーさが加わった特別な味わいです。ウイスキーとクラフトビールの熟成樽(カスク)のコラボレーション(メイツ – 仲間)から誕生した、“日本だけ” の味わいをぜひお楽しみください。

 

ジェムソン カスクメイツ – 東京エディション
発売日:2018年6月4日(月)
希望小売価格:6,200円(税別)
容量:700ml 
アルコール度数:40度
展開:バーをはじめとする業務市場限定展開。※数量限定販売。商品がなくなり次第、販売終了。
展開店舗情報は、下記ブランドサイトをご参照ください。
https://www.jamesonwhiskey.com/jp/ourwhiskeys/jameson-caskmates-tokyo-edition


<「ジェムソン」と「DevilCraft」のコラボレーション>
「ジェムソン」とアイルランドのマイクロブルワリー「フランシスカン・ウェル」とのコラボレーションで誕生した「ジェムソン カスクメイツ」の世界的な成功にインスパイアされ、日本限定版「ジェムソン カスクメイツ」の製造がスタートしました。
日本のコラボレートパートナーになったのは、「ワールドビアカップ2016」で金賞受賞のトップクオリティーを持つ東京の人気ブルワリー「DevilCraft」です。

DevilCraft(デビルクラフト)について
アメリカでホームブルワーとして自家醸造を楽しんでいたジョン、マイク、ジェイソンのビール好き3人が日本で出会い、2011年にクラフトビールとシカゴスタイルピザが楽しめる専門店をオープン。現在は、神田、浜松町、五反田の3店舗を展開し人気店となっています。自分たちのビールを日本で作り多くの人に飲んでもらおうと、2015年に自社ブルワリーをオープン。正式に醸造をスタートしてからわずか1年後、ビールのオリンピックとも呼ばれる世界的なコンペティション「ワールドビアカップ2016」にて、「DevilCraft」のアーチ デビル インペリアル スタウトがブリティッシュインペリアルスタウト部門で金賞を獲得し、クオリティーの高さが評価されました。
http://www.devilcraft.jp/

Step 1 アイルランドからウイスキー熟成樽を東京に送る。
アイルランドのミドルトン蒸留所から「ジェムソン」の熟成に使用した4樽を東京に送りました。
Step 2 ウイスキー樽で2種類のクラフトビールを熟成。その後、アイルランドへ送り戻す。
ウイスキー熟成樽で、「DevilCraft」のクラフトビール2種類、インペリアル・スタウトとインペリアル・ライ・ブラウン・エールを2樽ずつ短期間熟成し、限定のバレルエイジドビールが完成。限定ビールは、「ジェムソン」の特徴である複雑で深みのあるバニラとスパイシーなクローブのフレーバーを持ったものでした。ビール熟成後、空になった樽はアイルランドの蒸留所へ送り戻されました。
Step 3 空になったビール熟成樽でウイスキーを後熟。
ビール熟成樽をウイスキーのフィニッシュ(後熟)で使用。インペリアル・スタウト樽で熟成させたウイスキーは、挽きたてのコーヒー豆やチョコレートのほのかな香りに、ハーブのフレーバーが加わっていました。一方、インペリアル・ライ・ブラウン・エール樽で熟成させたウイスキーには、際立った柑橘、ハーブ、花のフレーバーがありました。約10ヶ月間の後熟をした後、2種類のウイスキーはブレンドされ、両方の樽の特徴を併せ持つ『ジェムソン カスクメイツ − 東京エディション』が誕生しました。
Step 4 アイルランドの味わいを東京で乾杯!
2018年6月4日(月)から、『ジェムソン カスクメイツ − 東京エディション』が数量限定で日本に登場します。


<『ジェムソン カスクメイツ – 東京エディション』商品特長>

■ 日本の人気ブルワリー「DevilCraft」とのコラボレーションによって誕生
世界的に高く評価されている日本のブルワリー「DevilCraft」とのコラボレーションによって、日本限定版の「ジェムソン カスクメイツ」が誕生しました。

■ 2種類のビール熟成樽でフィニッシュ
「ジェムソン」ウイスキーを熟成した樽で、「DevilCraft」のクラフトビール2種類、インペリアル・スタウトとインペリアル・ライ・ブラウン・エールを別々の樽で熟成。そのビール熟成後の樽で再び「ジェムソン」ウイスキーを約10ヶ月間寝かせ、最後にブレンド。2種類のビール熟成樽両方の特徴を併せ持ったウイスキーが完成しました。

■ ビール樽由来の新しい味わい
「ジェムソン」特有の3回蒸留によるスムースな口あたりはそのままに、「DevilCraft」のクラフトビール2種類を熟成した樽でフィニッシュすることで、マイルドなホップ、ローストコーヒー、そしてクローブのスパイシーさが加わった特別な味わいです。

【テイスティングノート】
香り:ホップ、浅煎りのコーヒー豆、軽く焦がした樽材、バタースコッチ、果実の香りが漂います。
味わい:なめらかな中に、微かなコーヒー、ほのかでスパイシーなクローブ、甘いりんごのフレーバーが楽しめます。
フィニッシュ:焦がした樽材のほのかで円熟した味わいに続き、口当たりの良いスパイシーさが残ります。


<「ジェムソン」について >
18世紀のアイルランドはウイスキー発祥の地として知られ、ダブリンのウイスキーは世界最高と見なされていました。スコットランド人のジョン・ジェムソンがアイルランドへ渡り、偉大なアイルランドの伝統を受け継いで、「ジェムソン」を完成させました。ピートを使わず、大麦、モルト、グレーンの3つを原料とし、3回蒸留によって造られる「ジェムソン」の豊かな香味とスムースな味わいは、No.1アイリッシュウイスキーとして世界中で愛されています。
日本では、フラッグシップの「ジェムソン スタンダード」、「ジェムソン ブラック・バレル」、「ジェムソン カスクメイツ」を展開しています。
[WEB] http://www.jamesonwhiskey.com/jp  
[facebook] http://www.facebook.com/Jameson.Japan
[Twitter] http://twitter.com/JamesonJapan 
[Instagram] @jameson.japan 
[Hashtag] #ジェムソン


<お客様からの商品にお問い合わせ先>
ジェムソン / ペルノ・リカール・ジャパン株式会社
[TEL]  03-5802-2671
[WEB] https://www.jamesonwhiskey.com/jp/ourwhiskeys/jameson-caskmates-tokyo-edition
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ペルノ・リカール・ジャパン株式会社 >
  3. クラフトビール好きのためのウイスキー日本限定版『ジェムソン カスクメイツ − 東京エディション』が6月4日(月)から数量限定発売!