今年の花火はどこから見る?場所取り、食料持参はもう古い!?今ドキ花火は手ぶらでクルーズ船から豪華に優雅に鑑賞!

 厳選した旅・食・遊情報を提供するオンラインメディア「トラベルズー」(URL:www.travelzoo.co.jp )を運営するトラベルズー・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:大江晃一郎、以下 トラベルズー・ジャパン)は、梅雨明けを目前に、夏の風物詩ともいえる花火を豪華かつ優雅に鑑賞することができる、関東近郊で開催される花火大会の鑑賞プランをトラベルズー会員向けに厳選し、販売元と交渉をし特別プランとして販売致します。その厳選されたプラン3つをご紹介させて頂きます。

■プラン1
  • ¥29,800 -- 独占5千円引 約1万発「隅田川花火大会」鑑賞クルーズ5時間フリードリンク&夕食弁当付
【詳細情報URL】 http://bit.ly/TokyoFWPR
 

 

<Dealのポイント>
陸の喧騒から離れ豪華かつ優雅に東京で一番人気の花火大会の迫力を間近で満喫できるプラン。食べ物や飲み物の手配も無用です。約5時間のフリードリンクと特製重箱弁当の夕食を堪能しながら花火鑑賞できます。


<花火大会のポイント>
日本最古の花火大会と言われ、毎年約100万人が訪れる東京の夏の風物詩『隅田川花火大会』。知らない人はいない、東京の花火といえば名前が挙がる混雑必至の超人気花火大会です。約20,000発の花火が打ち上げられ、その迫力を体感したいと混雑の中、訪れる人は毎年100万人以上といわれます。

■プラン2
  • ¥14,800 -- 大迫力の約1.5万発 「神奈川新聞花火大会」鑑賞クルーズフリードリンク&夕食弁当付 特別割引
【詳細情報URL】 http://bit.ly/KanagawaFWPR
 


<Dealのポイント>

約15,000発花火が彩る「神奈川新聞花火大会」。首都圏最大級の花火大会を、船上から特製重箱弁当の夕食とフリードリンク付きで贅沢に鑑賞。この花火大会のクルーズ鑑賞プランは2~3万円が相場ですが、トラベルズー限定のこのプランを利用すると最大17%OFFとなります。

<花火大会のポイント>
「神奈川新聞花火大会」は、約15,000発の打ち上げ数、約20万人の来場者数を誇る首都圏屈指の人気花火大会。夜景の美しい「みなとみらい地区」を背景に、大迫力の2尺玉やスターマインが音楽に合わせて打ち上げられる様子は圧巻です。


■プラン3
  • ¥8,700 -- 独占 房総3千発花火鑑賞&生ビール含む飲み放題付大型フェリー贅沢3時間クルーズ サンセット鑑賞も
【詳細情報URL】 http://bit.ly/ChibaFWPR
 


<Dealのポイント>

花火鑑賞に加え、充実の飲み放題ほか、絶景のサンセット鑑賞と3拍子揃った贅沢な3時間の船旅が9,000円以下という見所満載のプランです。地上で席をとる手間や道路の渋滞も無く、混雑知らずで花火最前線の洋上から優雅に鑑賞できる贅沢プラン。2週間限定のタイムセールです。

<花火大会のポイント>
例年17,000人が来場する南房総屈指の花火『岩井海岸花火大会』。約3,000発が打ち上げられる、知る人ぞ知る南房総の名花火大会です。




<トラベルズーについて>
トラベルズーは、価値の高い旅行情報の配信と非日常体験を販売するオンライングローバルメディアです。アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど世界に25拠点を持ち、世界2,800万人、日本100万人を超える会員が登録しています。

※旅のエキスパートとは
旅のエキスパートとは、旅、スパ、レストランなどの情報に精通したトラベルズーが誇る旅のエキスパートのことです。世界に250名以上在籍し、毎週2,000社を超える旅行、レストラン、エンターテイメントやスパなどの企業の情報をリサーチし、これらのリサーチで発掘した情報の残存数や販売状況などの詳細を販売元に直接問い合わせ、消費者の目線で確認します。さらに条件を満たした情報を編集会議にかけて、様々な角度から評価し、厳選します。このプロセスを経て厳選された、最も価値の高い「旅・食・遊」情報を、毎週水曜日のメールマガジン「Top 20行」や、最旬の号外情報「Newsflash報」として会員へ配信しています。また、非日常体験ができるラグジュアリーレストランやエンタメ情報「Local Deals」、非日常体験ができる海外・日本のホテルの宿泊プランを「Getaways」として掲載し、配信・販売しています。

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. トラベルズー・ジャパン株式会社 >
  3. 今年の花火はどこから見る?場所取り、食料持参はもう古い!?今ドキ花火は手ぶらでクルーズ船から豪華に優雅に鑑賞!